台湾で開催された「PyCon APAC 2014」参加レポート

#2 PyCon APAC2日目の模様,運営者へのインタビュー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

台湾で開催された PyCon APAC 2014の参加レポート第2弾。今回はイベント2日目の様子をお届けします。

2日目

Keynote speech: Jessica McKellar

宵です。Jessica McKellar氏はPython Software Foundation(PSF)のディレクターを務め,またボストンのPythonユーザグループを運営しています。さらにソフトウェアエンジニア,起業家としても活躍しています。

この基調講演では,様々な場所で使われているPythonについて紹介しました。低いところでは海底,高いところでは宇宙ステーションでの利用例を取りあげていました。また,様々なプラットフォーム(Linux,Windows,モバイル)や科学技術の分野での利用例についても紹介していました。

Jessica McKellar氏の基調講演

画像

画像 画像

Keynote speech: Andreas Klockner

関根です。次の基調講演はAndreas Klockner氏が登壇しました。ハードウェアを利用したPythonによる並列コンピューティングに関する内容でした。まずは並列コンピューティングに関するプログラミングモデルの概要を説明し,OpenCLなどの並列コンピューティングのフレームワークを紹介しました。その後でPythonから利用できるPyOpenCLPyCUDAの説明を行い,実際のデモに移りました。デモでは実際に画面上からPythonコードを入力し,結果を表示していました。インタラクティブなセッションだったのでとてもイメージが掴みやすかったです。

Andreas Klockner氏の基調講演

画像

Keynote speech: Rapid Web Development with Mezzanine

最後の基調講演はStephen McDonald氏が登壇しました。Djangoの上に構築されたMezzanineというCMSの紹介でした。なぜ他のCMSではなくMezzanineが良いのか,またDjango上に構築されている利点などについて説明がありました。Batteries Includedというキーワードの通り,あらかじめ必要な機能は一通りそろっている印象でした。管理画面なども洗練されていて使いやすようなUIでした。なによりDjangoアプリケーションなので開発者としては一度触ってみたくなるプロダクトでした。

Stephen McDonald氏の基調講演

画像 画像

APAC community panel

寺田です。2日目の午前中に,APAC community panelと題しアジア各国のPyCon代表者が集まって議論を行いました。このパネルディスカッションは,昨年日本で行われたPyCon APAC 2013 in Japanにおいて,シンガポールと台湾から座長経験者が参加していたことから急遽行ったものを,今回のPyCon APAC 2014 in Taipeiではきちんと準備をして催されることになったという経緯があります。

パネリストはは次の通りです。

司会
  • Iqbal Abdullah(日本&マレーシア)
パネリスト
  • Liew Beng Keat(シンガポール)
  • Yung-Yu Chen(台湾)
  • 寺田 学(日本)
  • Mark Steve Samson(フィリピン)
  • Kwon-Han Bae(韓国)
  • Zaki Akhmad(インドネシア)
  • Jessica McKellar(PSFメンバー・アメリカ)

APAC community panelのパネリスト(左から国記号で,US/TW/KR/PH/MY/SG/ID/JP)

画像

今回は,多くの国・地域のPyConを中心的に支えているメンバーが集まり,各PyConの状況や困っていることを持ち寄り,今後のAPAC地域(アジア太平洋地域)で開催されるPyConやPyCon APACの将来について話し合いが行われました。当初は1時間枠でパネルディスカッションを行う予定でしたが,30分以上延長し,さらにランチを食べながら議論を継続していました。

パネルディスカッションの最初は,パネリストが順番に自己紹介と各国の開催状況を説明しました。2010年から開催しているシンガポールや2012年から開催の台湾,そして2011年から開催している日本が,今までのAPACコミュニティの中心でした。既に2回開催しているフィリピンや今年春にmini PyConを開催したマレーシア,これから国内で開催を予定している韓国やインドネシアといった各国で置かれている状況の違いや運営スタイルの違いなどがわかってきました。

その後,来年のPyCon APACの開催地について,今回と同じく台北で行うか,またはフィリピン・マニラで行う方向で調整を進めることになりました。議論の中では,シンガポールや東京といった滞在コストの高い場所ばかりでやるより,多少でもコストが抑えられることは,地域全体のPythonユーザに取って有益なことだということになりました。私自身さほど感じていなかった視点でしたが,言われてみると,台湾でのPyCon APACにはアジア各国からの参加者が多く感じました。反対に,日本でのPyCon APACには北米やヨーロッパからの来場者が多いと改めて感じました。

各国のPyConが抱えている問題についても議論しました。一つにはスポンサーの獲得について,地域の企業だけでなくグローバル企業をスポンサーとして獲得したいということもあり,PSF(Python Software Foundation)からの支援や紹介をしてもらえないかという話が出ていました。

さらに,APAC共通の資金を持ってはどうかといった視点や,教育関係・学生への支援,アジアからPSFのボードに誰もいないことについても議論がありました。今回のAPACパネルディスカッションは,確実に参加国を増やすことができましたが,まだオーストラリアやタイ,インドなどの国を取り込めていないことが課題として残っていると感じています。

私自身,英語でのパネルディスカッションということで非常に緊張しましたし,うまく伝えきれないところがありましたが,日本で一緒にPyConスタッフをしている司会のIqbal氏に助けられ,なんとかなったかと思います。今後のためにも英語の勉強をしていかなければと思い知らされる半日でした。

著者プロフィール

宵勇樹(よいゆうき)

PyCon JP 2012お手伝い。PyCon TW 2013でもレポート執筆。

業務は大規模データ処理環境の構築運用や見える化ツールの運用など。Pythonは主にTwitter Botを作るのに使用。機械学習にも興味があり,PRML勉強会,R,Web Mining系の勉強会を主催,参加。

Twitter:@showyou


関根裕紀(せきねひろのり)

複数のスタートアップにて,さまざまなWebアプリケーション開発に携わったあと,アライドアーキテクツ(株)に入社。業務では主にWebサービスの開発全般を担当している。5,6年ほど前にPythonを使用して以来,Pythonが好き。PyCon JP 2015 副座長(プログラム),また月に一度の勉強会である「Pythonもくもく会」を主催している。

Twitter:@checkpoint


寺田学(てらだまなぶ)

一般社団法人PyCon JP代表理事

昨年(2013年)日本で開催されたPyCon APACの座長。他には(株)CMSコミュニケーションズ代表,Zope/Ploneの専門家として,大学系・公共系などのCMSコンサルティングや構築を手がけている。Ploneコアコミッターとして,Plone4の日本語検索部分を担当した。その他にもオープンソース各種プロダクトを公開している。また、国内ではPlone Users Group Japanにて中心的に活動を行っている。共著書に、『Plone 4 Book』(Talpa-Tech Inc.),『10日でおぼえる Python 入門教室』(翔泳社),『FFmpegで作る動画共有サイト』(毎日コミュニケーションズ)他がある。

Twitter:@terapyon

コメント

コメントの記入