「PyCon Taiwan 2012」参加レポート

PyCon Taiwan 2012, Day 2

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

PyCon Taiwan 2012のレポートは今回が最終回です。2日目(最終日)のこの日は,前日に宿泊したCenter of Academic Activities(中央研究院學術活動中心)から一日がはじまりました。

朝食は宿泊施設に併設しているCafe Sinicaで食べました。緑に囲まれた素敵なカフェで,普通にホテルの朝食という感じでした。

Cafe Sinica外観

Cafe Sinica外観

ホテルっぽい朝食

ホテルっぽい朝食

PayCon Taiwanの運営者へのインタビュー

鈴木たかのりです。朝食後にCafeの外でPyCon Taiwanのchairperson(座長)であるYung-Yu Chen@yungyuc氏に時間をとってもらい,私ともりもとさんでインタビューを行いました。インタビューにはPyCon TaiwanスタッフのTimtan氏にも同席していただきました。

インタビューに答える Yung-Yu Chen氏(奥)と Timtan氏(右)

インタビューに答える Yung-Yu Chen氏(奥)と Timtan氏(右)

今回,初めてのPyCon Taiwanを開催しようと思った理由を教えてください。

大きく2つの理由があります。

1つ目は台湾でPythonコミュニティを広く認知してもらいたいと思っているからです。台湾では多くの人がOSSコミュニティに関わっていますが,そのうち1/10くらいの人がPythonを使っていると思います。Javaに比べると少ないのが現状です。

2つ目の理由はThinker※1が2011に開催したアンカンファレンス※2です。アンカンファレンスでPythonについてのセッションを開催したところ100人程度が参加してくれました。2008年にもPythonについて呼びかけましたが,そのときは50人強が集まったと記憶しています。

Pythonについて話したい開発者がいると感じたため,数人でミーティングを行いPyCon Taiwanの開催を決意しました。USで行われているPyConのようにPythonに関わるいろいろな人達の出会いの場となることを期待しています。

PyCon Taiwanの今後の目標を教えてください。

まずは継続すること,そしてより大きくなっていくことです。また,会を継続するためには主催者が燃え尽きないことが大事であると考えています。主催者は頑張り過ぎない必要があると思います。メンバーがお互い協力しあって会を運営する必要があると考えています。

Pythonには“There’s Only One Way To Do It.”※3というスローガンがありますが,これはプログラミングだけではなくPyConイベントの進め方についても共通していると思います。⁠確かに,PyCon JPスタッフも同様のことを考えていると思いました)⁠

今後,PyCon TaiwanがPythonic way※4となることを期待してます。

参加者とその内訳はどのようになっていますか。

全体で260名程度が参加登録してくれました。チケットの制限は250の予定でしたが最終的にこのようになりました。海外からの参加者は(日本も含めて)10~15人程度だと思われます。また台湾在住のオーストラリア,アメリカの方も参加してくれているようです。2つのスポンサーが今回つきましたが,各スポンサーの社長も台湾人ではありません。

スタッフは当日スタッフも含めて30名程度です。メインスタッフは5~10人くらいのチームリーダーがいました。チームリーダーではなくても活発に活動してくれているスタッフもいます。スポンサー企業の社長でもあるPeterはスタッフも努めてくれています。彼は,もともと予定していたKeynoteスピーカーが2週間前に病気にかかり急遽参加できなくなったときに,代役を探してくれました。

台湾のPythonコミュニティについて教えてください。

台湾はPythonを使用しているユーザは多いのですが,コミュニティはありません。Pythonを使って仕事はしているが,メインの仕事はOSSやコンピュータサイエンスであるという人が多いようです。今回のPyCon TaiwanをきっかけにPythonユーザの横のつながりができ,台湾のPython事情が変わることを期待しています。

最後の日本のPythonistaにメッセージをお願いします。

“We love YOU and Python.”

どうもありがとうございました。

インタビューを終えた後も日本と台湾のPyCon事情などについて歓談などをし,楽しい時間を過ごしました。早起きしてインタビューをした甲斐がありました。

台湾と日本のPyCon座長の握手

台湾と日本のPyCon座長の握手

※1 Thinker
PyCon JPで日本にも来日して発表を行なった台湾のPython開発者。このレポートのDay 0でMozilla Taiwanで再会しました。
※2 アンカンファレンス
あらかじめ発表内容が決まっている通常のセッションとは異なり,参加者自身がテーマを出してセッションを作り上げていくものです。似たような形式にオープンスペースというものがあります。
※3 TOOWTDI
日本語に訳すと「やり方は一つしかない」といった意味になります。There’s More Than One Way To Do It.というPerlのスローガンに対するジョークの応答して作られたそうですが,Pythonの性格を端的に表しています。
※4 Pythonic way
The Zen of Pythonに代表されるpython的な考え方のことです。

著者プロフィール

鈴木たかのり(すずきたかのり)

部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い,その後必要にかられてPythonを使い始める。

現在の主な活動はPyCon JP 2015座長,一般社団法人PyCon JP理事,Python ボルダリング部(#kabepy)部長,Python mini Hack-a-thon(#pyhack)主催,Plone User's Group Japanなど。

共著書に『Plone完全活用ガイド(2008 技術評論社刊)』『Plone 4 Book(2011 Talpa-Tech刊)』『Pythonプロフェッショナルプログラミング 第2版(2015 秀和システム刊)』『Pythonエンジニア養成読本(2015 技術評論社刊)』がある。

趣味は吹奏楽とレゴとペンシルパズル。

Twitter:@takanory

Facebook:鈴木 たかのり

サイト:takanory.net


西本卓也(にしもとたくや)

NVDA日本語チーム 代表。

大学教員を経て個人事業者として独立。音声合成や音声認識,視覚や聴覚に障害がある人を支援する情報技術に興味を持つ。世界で注目されているオープンソースのスクリーンリーダー(画面読み上げソフト)NVDA日本語版の開発メンバー。共著書に『バージョン管理システム(CVS)の導入と活用』(ソフトバンク)がある。

Twitter: @24motz
ブログ: http://d.nishimotz.com/


森本哲也(もりもとてつや)

一介のプログラマ。

自分で設計して,自分で開発して,自分で直せるような独立したプログラマを目指している。OSSコミュニティのゆるい人のつながりが性にあっていてPythonプログラミングが好き。共訳書に『エキスパート Pythonプログラミング』(アスキーメディアワークス)がある。

Twitter:@t2y

ブログ:http://d.hatena.ne.jp/t2y-1979/

コメント

コメントの記入