PyCon JP 2018カンファレンスレポート

[1日目]キーノートは南米からのスピーカー,AI人材の育て方,注目セッション~LTまで

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

PyCon JPとは

PyCon JPは,Pythonユーザが集まり,PythonやPythonを使ったソフトウェアについての情報を交換し,Pythonユーザが交流をするためのカンファレンスです。

PyCon JP 2018は2018年9月15日に株式会社HDEで行われたスプリントを皮切りに,9月16日のチュートリアルと9月17日~18日のカンファレンスを大田区産業プラザPiOで行いました。来場者は4日間で約1156人と大盛況でした。ご参加いただいた皆様,本当にありがとうございました。

ここでは17〜18日に行われたカンファレンスのなかから,選りすぐりの注目セッションやイベントをレポートしていきます。

1日目基調講演「Argentina in Python: community, dreams, travels and learning」 ― Manuel Kaufmann

(陶山嶺)

1日目の基調講演は,アルゼンチンから来日されたManuel Kaufmann氏による講演でした。

Kaufmann氏は,Python Argentinaという「車で南米を旅行しPythonを広げる」活動を行っており,2016年2月にPSF Python Ambassadorとして表彰されています。これらの活動からPyCon JP 2018のテーマ「ひろがるPython」にぴったりだということで,今回白羽の矢がたちました。

Kaufmann氏は現在,Read the Docsでソフトウェアエンジニアとして働いています。

今回の講演は,Kaufmann氏がどのようにして自分の夢を実現させてきたかというものでした。在籍していた大学でのPython ArgentinaのイベントでPythonを知り,その文法を好きになったKaufmann氏はprint "Hello world!"から始めて,メーリングリストで質問をし,素晴らしい回答を得ながらPythonを学んでいきました。

そしてコミュニティから恩恵を受ける中で,恩返しをしたいという気持ちが芽生えはじめ,PyConでトークを行ったり,Djangoに関する書籍の翻訳やアルゼンチン内のさまざまなコミュニティに参加するようになります。

Kaufmann氏はHow To Ask Questions The Smart Way(日本語訳はこちらで学んだ⁠いい質問の仕方⁠が自分を成長させてくれたと実感したようです。本記事を読んでいるみなさんも,ぜひリンク先を読んでみてください。

ここからPython Argentinaでの活動の話となっていきます。

Kaufmann氏のいた町は小さな町で,技術系イベントがほとんどありません。技術系のイベントは大きなところでしか開催されていないからです。そこで「話を聞きたくても来てもらうことはできないが,自分が行くことならできる」ということに気づきます。ここから自分の車を使って各地へ赴き,旅行先でPythonのイベントを主催する活動を始めます。

没頭しすぎて彼女に振られる,動物と衝突事故を起こす,食中毒などショックな出来事やアクシデントもたくさんあったようです。しかし,PSFやコミュニティのメンバー,現地のホスト,一緒に活動をしてくれる人たちからさまざまな支援を受け熱心に活動を続けています。Kaufmann氏にとってはprint "Hello world!"が現実のものとなったようです。

発表の中ではさまざまな場所やイベントで撮ったたくさんの写真を見せてくれています。セッション動画もぜひご覧ください。

基調講演を行うManuel Kaufmann氏

基調講演を行うManuel Kaufmann氏

招待講演「東大松尾研流 実践的AI人材育成法」 ― 中山 浩太郎

(陶山嶺)

今年の招待講演は,AIの人材育成をテーマに東京大学松尾研究室リサーチディレクターの中山 浩太郎氏にお話していただきました。

中山氏の所属する東京大学工学系研究科 技術経営戦略学専攻 松尾研究室は,5年間で1900人以上の受講者にディープラーニングやデータサイエンスを教えてきたそうです。その中で,実際にAI人材の育成に携わってきた経験や大事にしていることを,丁寧に伝えていただいたので紹介します。

松尾研究室では,⁠世の中にいい技術を出していくためには優秀な人材が必要」ということで,基礎研究・社会実装のほかに人材育成にも積極的に取り組んでいるそうです。松尾研究室流のAI人材育成はWeb工学,データ分析,ディープラーニングの3つを柱とした講座から成り,講座の中心はプログラミングとなっています。これは「コンピュータサイエンス/ディープラーニングは手を動かさないと習得できない」ことに起因しています。

ここからAI人材に関する講演ということで,ディープラーニングの話へと変わります。

現在のAIブームは実は3回目のブームであり,2006年にHinton氏らが「深い層を持つニューラルネットを実現」したことから始まりました。そのため,今回のAIブームではディープラーニングが一番重要な要素になっているとのことです。ディープラーニングの技術は非常に柔軟性,汎用性があるそうで,発表の中では例として翻訳や映像のリアルタイム解析,画像からテキストの生成,テキストから画像の生成などさまざまな用途が紹介されていました。

また,ディープラーニングの世界ではPythonで実装されることが非常に多いのですが,それはNumpyのエコシステムの影響が大きかったからとのことです。

これらのことから,松尾研究室では"Numpy Test System"と呼ばれる自作のシステムで受講生のレベルを合わせ,プログラミング中心,コンペティション,コミュニティを創るの3つの要素を柱としてAI人材を育成しているとのことでした。

招待講演の中山先生

招待講演の中山先生

著者プロフィール

陶山嶺(すやまれい)

事務局チームで主にメディアスポンサーを担当。PyCon JPにはPyCon JP 2015で初めて一般参加。Python自体に貢献しようとPyCon JP 2016からはスタッフとして参加している。

渋谷のSENSY株式会社に勤務し,広島の尾道でリモートワークを実践中。前職ではiOS/Androidアプリ開発,現職ではPythonとGCPでのサーバーサイド開発をメインとしている。

学生時代から一番好きな言語はずっとPythonで,GCPUG岡山の運営にも携わっている。

『WEB+DB PRESS Vol.104』で特集「イマドキPython入門」を執筆(共著)。

Twitter: @rhoboro


大堀優(おおほりゆう)

事務局チームでメディアスポンサーを担当。

現在は,新日鉄住金ソリューションズ株式会社で異常検知をはじめとした機械学習及びデータマイニングの研究開発に従事している。

Twitter: @Y_oHr_N


二宮健(にのみやたけし)

PyCon JP 2018で,メディアスポンサーやジョブフェアを担当。

株式会社LIFULLのAI・データ分析チームで,PythonやRubyを使って開発しているソフトウェアエンジニア。最近読んで面白かった本は『エンジニアの知的生産術 ──効率的に学び,整理し,アウトプットする』


花井宏行(はないひろゆき)

事務局チームで主にメディアスポンサーを担当。スタディプラス株式会社所属。PyCon JPにはPython未経験のままスタッフに参加。スタッフ参加がきっかけでPythonに興味を持ち,日々勉強中。

現職ではRuby on Railsでサーバーサイド開発をメインとしている。学生時代の縁で舞台監督や舞台運営のスタッフとしても活動している。

Twitter: @hanahiro_aze

バックナンバー

PyCon JP 2018カンファレンスレポート

コメント

コメントの記入