『Pythonエンジニア養成読本』読書会便り ~基礎やTipsから質疑応答の内容まで~

第4回 入門Webアプリケーション開発

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

はじめに

鈴木たかのりです。

前回に引き続きPythonエンジニア養成読本という書籍の読書会イベントについてレポートします。

第4回の読書会は8月27日(木)アライドアーキテクツ株式会社の会議室で開催されました。

当日はだいたい以下のタイムテーブルで進めました。

  • 19:00-19:15 参加者の自己紹介
  • 19:15-21:00 ⁠第5章 入門Webアプリケーション開発」
  • 21:00-22:00 ビアバッシュ(ビールとピザでの参加者懇親会)

今回も過去3回と同様に書籍の読みあわせはせず,ページ数の関係で削ったところや,出版後の追加情報を中心に解説を行いました。

写真1 Pythonエンジニア養成読本読書会04

写真1 Pythonエンジニア養成読本読書会04

自己紹介

いつものように最初に参加者全員で自己紹介を行いました。今回は17名の方が参加しました。

自己紹介の中では「4回参加」⁠3回参加」など結構いつもみる顔の方ができたのがいいですね。逆に初参加の方も2名いて,そのうち1名は一週間前に筆者が発表したPython入門を聞いて,その直後に読書会に参加してくれたそうです。ありがたいです。

また,今回は「第5章 入門Webアプリケーション開発」が題材ですが,普段Web開発を行っていない方がほとんどで,Web開発を行っている方はPHPやJavaなどを使っているとのことでした。

第5章 入門Webアプリケーション開発

自己紹介の後に第5章の著者の関根裕紀@checkpointから自己紹介がありました。

写真2 関根裕紀(@checkpoint)さん

写真2 関根裕紀(@checkpoint)さん

業務ではPythonはメインではあまり使っておらず,趣味や業務の一部で使用しているとのこと。また,最近は新卒メンバー,若手メンバーの教育支援も行っているそうです。

Pythonとの関わりはPyCon JPのスタッフ,Pythonエンジニア養成読本の執筆の他に,スピーカーとしてPyCon JPなどのイベントでPython関連の発表を行っているとのこと。

また,Pythonもくもく会というハッカソンイベントを毎月開催しているそうです。

5-1 Webアプリケーションフレームワーク入門

この節ではPythonのWebフレームワークについて解説しています。

Webアプリケーションを作成する場合は通常は自分で一から作成はせずに,Webフレームワークというものを使って作成します。フレームワークとは枠組みのことで,Webフレームワークを使うことによって,その枠組に沿ってWebアプリケーションを作ることができます。

この節では代表的なPythonのWebフレームワークについて紹介しています。

Django

Djangoは全部入りのフレームワークです。10年位の開発の歴史があり,現在も活発です。保守的で後方互換性を重要視しています。また,大規模な事例が多いとのことです。Ruby on Railsと全部入りという意味では近いかも知れないですが,設計思想は違うそうです。

Pyramid

Pyramidはマイクロフレームワークで好みのサードパーティー製のモジュールを組み合わせて使用します。

Tornado

TornadoはFacebookが開発しているフレームワークで開発が活発です。非同期で大量のデータをさばくときによく使われています。

Flask

Flaskはこの書籍で紹介しているBottleと似ていて,軽量で簡単に使用できるフレームワークです。Djangoなどは設定ファイルなど使いはじめるために覚えることが膨大ですが,FlaskやBottleは数行書くだけでとりあえず動作させることができます。

ここで参加者に対して「PythonのどんなWebフレームワークを使っているか」という質問がありました。回答としてはFlaskを使っている人やDjango,Pyramid,Tornadoを用途によって使い分けているという人がいました。DjangoにはDjango Adminというデータを管理するための画面が自動生成できる機能があります。この機能を使いたいためにDjangoを選択することもあるそうです。

スピーカーがWebアプリケーションを構築する際におすすめするのはDjangoとのことです。理由としてはドキュメントがちゃんとしていることと,検索すると色々と情報がひっかかるからとのことです。Webアプリケーションのプロトタイプを作成する場合はBottleがおすすめだそうです。

著者プロフィール

鈴木たかのり(すずきたかのり)

部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い,その後必要にかられてPythonを使い始める。

現在の主な活動はPyCon JP 2015座長,一般社団法人PyCon JP理事,Python ボルダリング部(#kabepy)部長,Python mini Hack-a-thon(#pyhack)主催,Plone User's Group Japanなど。

共著書に『Plone完全活用ガイド(2008 技術評論社刊)』『Plone 4 Book(2011 Talpa-Tech刊)』『Pythonプロフェッショナルプログラミング 第2版(2015 秀和システム刊)』『Pythonエンジニア養成読本(2015 技術評論社刊)』がある。

趣味は吹奏楽とレゴとペンシルパズル。

Twitter:@takanory

Facebook:鈴木 たかのり

サイト:takanory.net

コメント

コメントの記入