RubyKaigi2010スペシャルレポート

Ruby会議2010 2日目レポート[更新終了]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 11.5 分

茨城県つくば市のつくば国際会議場にて日本Ruby会議2010が開催されています。本日は2日目です。本稿では,2日目の模様を随時レポートしていきます。

スタッフは朝8時半に集合して,朝会が行われました。運営上の確認点や注意点に関する情報をスタッフ全員で共有していました。

画像

本日から,ジュンク堂書店RubyKaigi店では,Rubyに関係ある書籍のサイン会が行われます。こちらも要チェックです!

画像

なお,会場ネットワーク状況に関して,RubyKaigi日記にてRubyKaigi2010会場のネットワークについてが案内されています。現地で参加する方は確認しておきましょう。

Yuguiさん,Shugo Maedaさん「Ruby 1.9.2 is released! / Rubyコミッタ Q & A」

Yuguiさんによる1.9.2のお話

最初はYuguiさんによるRuby 1.9.2の話からスタートしました。1.9.2のリリースは8月21日にruby-talk:367983にて告知されました。Ruby1.9.2の特徴として以下のようなものがあります。

  • IPv6を透過的に扱えるSocket
  • 2038年問題に対応したTime
  • Ramdom
  • 日本の携帯絵文字に対応した encodings
  • より便利になったArray/Enumerable enhancements
  • 新しいライブラリであるFiddle,Psychの追加

次に今回の1.9.2のリリースまでをふりかえりました。RubyKaigi2009で「2009年のクリスマスリリース」と宣言したが,ここまで遅れた理由として「RubySpec対応」をあげました。RubySpecとは,増えだしたRubyの実装に対し,Rubyとしてどう振る舞うのが正しいかを定めるテスト(仕様)のことです。これに対応することで,Ruby1.9がどのよう振る舞うかを定めたかったと話します。RubySpecへの対応について,コミッターの一人である,えんどうさんが壇上にあがりました。また,FFIとfiddleの開発をしたtenderloveさんも活躍をたたえられ,壇上にあがりました。

いろんな改善のされたRuby1.9.2ですが,以下のような問題があると述べられました。

  • dl2 の導入により移植性が下った
  • Syckの開発者がいなくなってしまった
  • Rubyの標準添付になったRubyGemsが1.8の頃と挙動が違う
  • 数学関連ライブラリの仕様が安定していない

今後のRuby1.9としては,RubySpecによって他のRuby実装との共通性の基盤ができたため,Ruby1.9としての独自の機能拡張性を模索していきたいと述べられました。独自の機能拡張の候補として「profiler」⁠tracer」⁠debugger」⁠MVM」をあげ,個人的には,dtraceの導入の検討を話されました。

まとめとして,Ruby1.9は仕様をよりかためていくということと,実験的な方法を模索していくことが言及されました。仕様の確定により現在の振る舞いが変わり従来のプログラムが動かなくなる可能性や,実験的な機能の場合は無くなるかもしれないので注意を払う必要があるようです。

公演中,⁠Ruby1.9.2はbetter 1.9.1」とYuguiさんは,話されていました。そんな1.9.2をわたしたちも早く使っていきたいですね。

画像

画像

コミッターQ&A

後半は,壇上に総勢26人のRubyコミッターが集合して,会場からの質問に答えるという豪華なものになりました。

「1.8と互換性のない1.9のルールで書かれたスクリプトを1.8で実行するときに,動かなくていいのでパースは成功させてほしいのですが可能ですか?」「MVM(Multi VM)はいつごろ導入されますか?」という質問から「エディターは何をつかってますか?」という質問まで,様々な質問が飛びかいました。また,コミッターのえんどうさんより会場に対し「Rubyの古いバージョンに対して,新しいバージョンの新機能をどんどんいれてほしいか,安定化をめざしてほしいか?」と逆に質問が投げられたりもしました。

このセッションの最後にでた質問で,コミッターのnari3さんより「コミッターとして大事なものは?」という質問に対し,えんどうさんが「継続力」と答えられていたのが大変印象に残りました。

画像

画像

画像

著者プロフィール

KaigiFreaks レポート班

KaigiFreaksとは,会場に来れなかった人にも,雰囲気や内容を楽しんでもらえるように動画収録や配信を行うことをミッションに,RubyKaigi2008で結成された特別編成チーム。

RubyKaigi2009からはgihyo.jpを中心にテキストと写真で現場の様子を伝えるレポート班が加わり,現在のKaigiFreaksは配信班とレポート班の2班編成。


赤松祐希(あかまつゆうき)

2010年よりフリーランスとして活動するプログラマ。Ruby(on Rails)によるアプリケーション,システムの開発を得意とする。好きな言語ももちろんRuby。コードの質について考える日々。

blog:http://ukstudio.jp/
twitter:http://twitter.com/ukstudio


大和田純(おおわだじゅん)

源氏名はjune29。RubyKaigi2010実行委員,KaigiFreaksレポート班。

ディスカバリーエンジン「デクワス」を開発・運用中のサイジニア株式会社勤務のWebクリエイタ。北海道出身。技術が人々の生活をどのように豊かにしていくかを考えるのが楽しくて,新しいものはどんどん日常に取り入れてみる。好きな言語はRuby。尊敬する漫画家は荒木飛呂彦先生,好きな素数は29。

URLhttp://june29.jp/


すがわらまさのり

ハンドルネームはsugamasao。

若手IT勉強会によく出没する。仕事では Flex での Flash 開発を中心に,自社サービスの iPhone アプリ開発や Ruby での Web アプリケーションの開発を行う。普段はどーすればラクして良い仕事ができるかを考えている。Rubyとアルコールが好きです。伊坂幸太郎さんはもっと好きです。

blog:http://d.hatena.ne.jp/seiunsky/
twitter:https://twitter.com/sugamasao


白土慧(しらつちけい)

ハンドルネームはkei-s。RubyKaigi2010実行委員,KaigiFreaksレポート班。

ディスカバリーエンジン「デクワス」を開発・運用中のサイジニア株式会社勤務のWebエンジニア。札幌市出身。大学時代にWebと複雑ネットワークの楽しさを知る。人と情報のつながりを考えるのが好き。好きな言語はJavaScriptとRuby。好きな小説家は舞城王太郎。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/kei-shttp://friendfeed.com/keis


三村益隆(みむらみつたか)

(株)永和システムマネジメントサービスプロバイディング事業部所属。Asakusa.rb。お仕事では,Linuxのカーネル開発やC++での開発等Ruby以外の仕事が多いが,Ruby好き。

blog:http://d.hatena.ne.jp/takkan_m
twitter:http://twitter.com/takkanm

コメント

コメントの記入