パソナテック第1回シリコンバレーツアーPhotoレポート

第2回 シリコンバレー探訪その1―VMware

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

現地時間7月3日,ツアー一行はサンノゼ,シリコンバレーまで足を運び,現地企業の視察を行いました。

仮想化技術のトッププレーヤ―VMware

最初に訪問したのは,VMware, Inc.です。同社は,Hypervisorを利用した仮想化製品の開発・販売を行うなど,仮想化技術に関して世界トップクラスのIT企業です。2007年8月のIPO後,勢いはさらに増し,成長し続けています。

写真1:VMeware, Inc.

写真1:VMeware, Inc.

エコロジーを意識したオフィス

VMwareの本社は,San Joseの北西,Palo Altoにあります。現在のオフィスは,1年前に世界的に有名な建築家William McDonough氏によって設計・建築されました。環境に優しいことを意識しており,水を再利用したり,オフィ内の家具はリサイクル資材のものが使われています。また,森の中の会社というコンセプトのとおり,キャンパス※内にはたくさんの緑が目に入ります。

このPalo Altoオフィスは,世界40ヵ所以上あるオフィスのヘッドクオーター,つまり,中心となる場所です。

※:シリコンバレーの企業では,オフィスの広い敷地を,学校になぞらえてキャンパスと表現します。

写真2:VMwareキャンパス風景

写真2:VMwareキャンパス風景

FORTUNE 100の企業すべてがクライアントとなり,今もなお成長を続ける

今回の企業訪問では,まず,同社Product Management&MarketingのWarren Wu氏による企業紹介が行われました。

写真3:VMware, Inc. Product Management&MarketingのWarren Wu氏

写真3:VMware, Inc. Product Management&MarketingのWarren Wu氏

まずはじめに企業概要が行われ,10万以上の顧客企業がいること,そしてアメリカ国内におけるFORTUNE 100(『FORTUNE』誌が行った最も優秀な人々を惹き付ける企業トップ100社)の企業すべてがクライアントであることを紹介しました。

また,Pacific Crest Securitiesの調査によれば,この3年間で10番目に大きくなったエンタープライズソフトウェア企業で,2005年から2007年の3年間,3億8,700万ドル,7億400万ドル,13億2,600万ドルと毎年50%以上の成長を遂げています。

仮想化を通じてコンピューティングを変える

さらに,同社のビジョンとして「仮想化を通じてコンピューティングを変える」ことが掲げられ,単なる仮想化技術製品のベンダではないことが強調されました。

現在,全世界で約6,000名の社員がおり,大学100校と提携しながら,今後の技術開発を担うトップタレントを採用し続けているそうです。

VMwareが目指すゴール―クラウドコンピューティングへの技術貢献

VMwareが考える仮想化IT環境の進化

続いて,VMwareの技術およびVMwareが考える仮想化IT環境の進化について解説されました。

VMwareでは,仮想化技術の進化について以下の5つのフェーズに分けて考えています。

  • Separate:テストと開発環境として
  • Consolidate:サーバ強化
  • Aggregate:オンデマンド能力
  • Automate:自己管理データセンター
  • Liberate:ON/OFF環境でのクラウドコンピューティング

写真4:仮想化IT環境の進化

写真4:仮想化IT環境の進化

そして,現在はAggregateとAutomateのフェーズにいること,それを実現する技術として,VMotionについて解説されました。これは,ダウンタイムなしで仮想マシンを移行するための技術で,サーバのメンテナンスや突発的な障害時に有効なものです。

その他,サーバのプロセッサやメモリ,ストレージ,そしてネットワークリソースを複数の仮想マシンに割り当ててデータ基盤を形成するためのVMware ESXと,同様の機能をディスク占有量32Mバイトに落とし込んだVMware ESXiについて紹介されました。

Wu氏は,これらの解説をしながら,VMwareの技術により,資産投資および運用投資の額を下げながら,同等の投資額以上の成果をもたらすことが可能と述べました。また「VMwareを利用したサーバ環境構築・管理を実現することで,サーバ管理者1人あたりで管理できる物理的サーバ台数が30台から600台まで増やすことも可能です」と,VMware導入・利用のメリットについて紹介しました。

コメント

コメントの記入