パソナテック第1回シリコンバレーツアーPhotoレポート

第3回 シリコンバレー探訪その2―Hewlett-Packard

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

VMwareに引き続き,今年で設立70年を迎えたHewlett-Packard本社およびHP Labsへ訪問しました。

シリコンバレーのきっかけを作った企業―Hewlett-Packard

ガレージから生まれた1つの製品

まずはじめに,HPの創業者であるBill HewlettとDave Packardが,最初に会社として立ち上げたガレージと,その住居に足を運びました。

ここは,元々Dave Packard夫妻が住んでいた場所で,Bill Hewlett氏は後ろの物置小屋に寝泊まりしていました。そして,ガレージがHewlettとPackard両氏の作業場となっていました。

この作業場において2人はアイデアを出し合いながら最初の製品となった音振機(Audio Oscillator)「HP Model 200A」を作り,HPが誕生しました。設立当時の資金は500ドルほどだったそうです。

写真1:最初の製品「HP Model 200A」が生まれたガレージ

写真1:最初の製品「HP Model 200A」が生まれたガレージ

写真2:Packard夫妻の住居

写真2:Packard夫妻の住居

シリコンバレー発祥の地―“BIRTHPLACE OF SILLICON VALLEY”

現在は,カリフォルニア州から「シリコンバレー発祥の地(BIRTHPLACE OF "SILLICON VALLEY")」として認定されており,シリコンバレー史跡の1つとして,たくさんの観光客が足を運んでします。

写真3:BIRTHPLACE OF "SILLICON VALLEY"が刻まれた記念碑

写真3:BIRTHPLACE O

写真4:現在はシリコンバレーの観光名所の1つとして,たくさんの観光客が訪れています

写真4:現在はシリコンバレーの観光名所の1つとして,たくさんの観光客が訪れています

写真5:HPが生まれた場所でポーズを取る,パソナテック代表取締役社長 森本宏一氏

写真5:HPが生まれた場所でポーズを取る,パソナテック代表取締役社長 森本宏一氏

コメント

コメントの記入