パソナテック第1回シリコンバレーツアーPhotoレポート

第5回 シリコンバレーで働く人たち―Google,Adobe,フリーランス(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

イベント最終日,現地時間の7月4日は,一行が滞在したPark55 Hotelにて,Blueshift Global Partners社長 渡辺千賀氏をモデレータに,シリコンバレーで働くエンジニア3名によるパネルディスカッションが行われました。

前編では,お三方のシリコンバレーでの働き方,アメリカのエンジニアに関する討論についてお届けしました。この後,聴講者からの質問を交えてディスカッションが進んだのでその模様についてお届けします。

写真4:イベント会場となったPark55 Hotel,Sienna IIルーム

写真4:イベント会場となったPark55 Hotel,Sienna IIルーム

アメリカにおけるQA/テストエンジニアの待遇は?

最初に「テストエンジニアの位置付け」について,日本ではそれほど高くされていませんが,アメリカではどうでしょうか?という質問が上がりました。

佐藤氏:

まず,最近は,テストエンジニアといっても,パッケージソフトウェアとオンラインアプリケーションとで異なったりもします。パッケージソフトウェアの場合,一度リリースすると修正しづらいですが,オンラインの場合,修正しながらアップデートしていきますね。

どちらにしても,一般的にテストマネジメントは正社員,オペレータはコントラクターという分け方ができます。

廣島氏:

その中でも,テストエンジニアやQA(Quality Assurance)で一番大事なのは,テストコードが書けること。これに尽きます。

渡辺氏:

総論として,テストエンジニアに限らず,シリコンバレーではニーズに合わないとはじかれますよね。それが,他の場所や地域と比べても激しいと思います。IT業界として見た場合とても強いのですが,その中は競争が激しく,急流です。だからこそ,同じ場所にいつづけるには走り続けなければいけないですね。

廣島氏:

今のテストの話にしても,自動化できることは自動化してしまったほうが良いわけです。大事なのは,自動化することを考え出し,そのプログラムを書くことです。つまり,テストをするときに,(テストのための)ボタンを押すことを考えるのではなくて,どうやったらそのボタンを押すことを自動化できるか,それを考えたほうが凄いわけです。

それがQA,テストエンジニアの仕事になります。そうでなければここでは生き残れないですね。

佐藤氏:

たしかに,ここまでCPUの価格が下がってきていますし,コンピュータで済ませられるものは済ませるべきです。そういう流れにも付いていかなければいけないですね。

松原氏:

業界自体がつねに変動しているので,その変動に付いていけない人はシリコンバレーにいることは難しいと思います。

佐藤氏:

そして,その変動を楽しまなければいけませんね。楽しみながらアイデアを作れるかどうか,これが大事です。

松原氏:

結局,今の例に限らず,言われたことをただやるだけではダメで,自分で考えて最善の答えを出すことが重要ですね。

コメント

コメントの記入