世界最大のPythonカンファレンス「US PyCon 2019」レポート

第3回 3日目朝のLT紹介,キーノートはPython仕様策定のキーパーソンによるパネル

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

レポートの第3回は,カンファレンス3日目前半の様子をお伝えします。朝のライトニングトーク,Python Steering Councilによるkeynoteです。Councilは今後のPython言語仕様を策定する委員会です。コラムではランニングイベントのFun Runと就職イベントのJob Fairについてレポートします。

ライトニングトーク

3日目は朝8:40からライトニングトークです。早いですね…。いくつかの発表をピックアップして紹介します。

Code Our Dreams

高校生にもコンピューターサイエンスやプログラミング的な知識はこれから重要になるが,先生がいなかったり,学校が貧乏なためにPCの数が足りなかったりとかで,そういうことを学ぶ機会に恵まれない学生がたくさんいるそうです。そこで発表者はCode Our Dreams(今はCode Your Dreamsと名前が変わったようです)という非営利の団体を立ち上げ,シカゴの学生にプログラミングを教える活動をしているそうです。

この活動に共感する企業に,スポンサーをしてほしいという要望を伝えていました。スピーカーは大学生ですが,地域の課題を解決するために団体を立ち上げて活動しPyConで発表するという,すごい人がいるもんだなーと感じました。

Code Our Dreamsについての発表

Code Our Dreamsについての発表

learn to program with minecraft

PythonからMinecraftにつなげられるシステムはありますが,現状は片方向(Python → Minecraft)しかやりとりができません。それをWebSocketを使用して双方向でやりとりできる仕組みを開発中とのことです。現在はコンセプト段階とのことです。

PySlackers

Pythonユーザーが集まっているSlack上のオープンコミュニティの紹介です。https://pyslackers.com/ から参加できます。

現在21,352人のメンバーがおり,79のチャンネルがあるそうです。無料版のSlackは参照できるメッセージ数に上限があり,現在は1週間くらいで過去のメッセージが見れなくなるそうです。

conda-press

Anacoda用のパッケージをwheel(Python標準のパッケージ配布形式)に変換するライブラリの紹介です。conda-pressを使うと変換できるそうです。

Regional Python Conferences!

各地域,各国のPython関連のカンファレンス,イベントを紹介するLTです。1イベント30秒くらいでテンポ良くつないでいきます。PyCon Africa(今年初めて開催されるアフリカ全域のPyCon)や,PyCon JPの紹介もありました。

スライドはあっても発表する人がいないときに,その前のイベントについて話した人が「このイベントのことはよく知らないけどー」とか言いながら,適当に説明するのが個人的には面白かったです。

PyCon Africaはガーナで8月に開催

PyCon Africaはガーナで8月に開催

寺田さん@terapyonによるPyCon JPの紹介

寺田さん(@terapyon)によるPyCon JPの紹介

5k Fun Run/Walk

Lina Katayose@selina787b

カンファンレンス3日目の朝にはFun Runというイベントがありました。

5k Fun Run/Walkはタイトルの通り,5kmを楽しく走るイベントです。いつかやってみたいと思っており,今年初めて参加できました。

参加者は朝6時にカンファレンス会場近くの集合場所に集まり,スクールバスでEdgewater Parkに移動し,この公園内でレースをします。Fun Run開始時はとても寒く,気温は11℃くらいでした。朝早く起きて「寒い中,どうしてこんなチャレンジをしているのか」と自問自答しながらも,レース会場に向かっていました。十分な防寒対策などはなく,私はレギンスとPyLadies Tシャツのみ。レース開始までガクガク震えながら待っていました。

レース参加者は事前に受付で参加チケットを渡して,レースTシャツとゼッケンを渡されているようでした。しかし,私の英語理解不足で,Tシャツとゼッケンを交換できておらず,当日スクールバスの中で交換をしました。スクールバスはアメリカ映画で見た黄色いもので,初めて乗りました。

黄色スクールバス

黄色スクールバス

バスの中では,隣に座った方とお話しました。いろいろ話しているうちにレース会場に到着し,簡単な準備運動をしてレースの開始を待ちます。レース会場は簡易的なものかと思いきや,設備もしっかりとしていて驚きました。

PyLadies Tシャツ

PyLadies Tシャツ

そして,レースが始まりました。はじめのうちは先頭集団に何とかついていきましたが,途中から急激なペースダウン。筋トレはしていたものの走る練習をしていなかったため,全くダメでした。それでも「せっかく来たのだから走り切ろう」という気持ちが働き,走り切りました。それにしても疲れた!けど,走り切った!

結果,私の記録は34分34秒。女性の部で5位(9人中⁠⁠,全体では48位(62人中)でした。5kmレース自体も初めてだったので,自分なりには良いかなと思っています。次回は23分を目指したいです!

レースの結果は以下のページから参照できます。

著者プロフィール

鈴木たかのり(すずきたかのり)

一般社団法人PyCon JP,副代表理事,株式会社ビープラウド所属。

部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い,その後必要にかられてPythonを使い始める。PyCon JPでは2011年1月のPyCon mini JPからスタッフとして活動し,2014年-2016年のPyCon JP座長。他の主な活動は,Pythonボルダリング部(#kabepy)部長,Python mini Hack-a-thon(#pyhack)主催など。

共著書に『Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書(2018 翔泳社刊)』『Pythonプロフェッショナルプログラミング 第3版(2018 秀和システム刊)』『Pythonエンジニア ファーストブック(2017 技術評論社刊)』『いちばんやさしいPythonの教本(2017 インプレス刊)』などがある。

最近の楽しみはPython Boot Campの講師で訪れた土地で,現地のクラフトビールを飲むこと。2019年は世界各国のPyConでの発表に挑戦している。趣味は吹奏楽とボルダリングとレゴとペンシルパズル。

Facebook:takanory.net

Twitter:@takanory

Github:takanory