第3回 戦略的Webマーケティングセミナー開催

Web視点からのコーポレートマーケティング
―第3回戦略的Webマーケティングセミナーレポート(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

2010年3月2日,株式会社技術評論社主催「第3回戦略的Webマーケティングセミナー」が開催されました。今回は「Web視点からのコーポレートマーケティング」にフォーカスし,コーポレートサイトの運用に関するセッションが行われました。ここでは,その模様についてお届けします。

●基調講演

Amazon Data Services Japan株式会社

URLhttp://aws.amazon.com/
株式会社ビジネス・アーキテクツ
URLhttp://www.b-architects.com/
●オートノミーセッション
URLhttp://www.interwoven.co.jp/
●日本IBMセッション
URLhttp://www-06.ibm.com/software/jp/rational/products/test/policytester/index.html
●ディバータセッション
URLhttp://www.homepagine.com/

基調講演
コストだけでないAmazon Web Servicesのメリット~Panasonic ecoideasnetに見るクラウド最新活用ノウハウ

AWSを選択することによる変化

Amazon Data Services Japan株式会社
マーケティングマネージャー小島英揮氏

Amazon Data Services Japan株式会社マーケティングマネージャー小島英揮氏

「第3回戦略的Webマーケティングセミナー」のトップは,Amazon Data Services Japan株式会社マーケティングマネージャーの小島英揮氏,株式会社ビジネス・アーキテクツ取締役,シニア・アートディレクターの青木誠氏,テクニカルディレクターの後藤和貴氏による基調講演「コストだけでないAmazon Web Servicesのメリット~Panasonic ecoideasnetに見るクラウド最新活用ノウハウ~」です。自社でインフラを持たないクラウドコンピューティングが注目を集めている中,Amazonが提供するクラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)⁠の概要と,AWSを導入したPanasonic ecoideasnetの事例を元に活用ノウハウが紹介されました。

小島氏は,AWSはアマゾンの高度なEコマ―スサイトの運用ノウハウとテクノロジーを,オンデマンドで使えるようにしたサービスであると説明します。完全従量制で低コストに運用ができる点が大きな特徴で,初期投資が必要なく,トラフィックに連動して使用するサーバ容量で課金されるので,キャッシュフロー経営に効果が大きいとのことです。

システムが仮想化環境で提供されるので,従来の開発環境がそのまま生かせ,ハード障害が発生してもコンテンツに与える影響がほとんどないのも特徴のひとつです。AWSはインフラ部分に気をとられることなく,本来注力するべき部分に時間を配分できるサービスであることを強調しました。

株式会社ビジネス・アーキテクツ取締役
シニア・アートディレクター青木誠氏

株式会社ビジネス・アーキテクツ取締役,シニア・アートディレクター青木誠氏

続いて青木氏より,Panasonic ecoideasnetのサイトコンセプトの解説があり,スモールスタート,初期投資を抑えて無駄のない拡張を行うなどのプロジェクト要件が説明されました。例としてFacebook,Twitter,Googleのアカウント連携し,利用者の個人情報を保持せずに,利用者ごとに実績などの情報を記録するなどの施策が紹介されました。

「Webサービスと連携を行うためのシステム構築は,企業の自社ネットワークへ接続するリスクを回避する必要があり,外部サイトでの構築が必須だった」と青木氏は説明します。AWSを選択した結果,インフラへの投資とシステム開発の効率化され,インフラ構築に必要な時間とコストを抑えることができたそうです。

テクニカルディレクタの後藤和貴氏

テクニカルディレクタの後藤和貴氏

後藤氏はAWSを導入して変わった点として,サーバの管理が容易であることを挙げました。今まではアクセス数に応じた対応ができないことがあったが,クラウドは要求されるアクセス数に応じた対応ができ,サーバを管理するまでのAPIが公開されているので,AWSで提供されていないサービスでも独自に組み込むことができることが大きなポイントであると述べました。

AWSを導入するリスクについて,関係者の理解を得るには,事例が少ないため説得が難しい側面もあることを指摘しました。また,基本従量課金で費用が完全に確定するのが月末のため,予算計画の見通しが難しい点があること。決済方法がクレジットカードのみなど,決済に関する承認が難しい可能性があることも指摘しました。

最後に青木氏が,⁠AWSの選択は物理的な制約に対するリスクを軽減でき,インフラが資産ではなく従量型サービスになる。スモールスタートして,そのときの条件に合わせて大きく成長させていくというプロジェクト要件に合致していたと考えている」と語り,基調講演を締めくくりました。

当日のプレゼン資料はこちらからダウンロードできます。
基調講演の資料ダウンロード

著者プロフィール

岩渕茂(いわぶちしげる)

e-writing.jp所属テクニカルライター。家電製品のオンラインヘルプや各種マニュアルの執筆から,書籍,IT系情報サイトの執筆など幅広く活動する。映画制作者としての一面を持ち,主に脚本と監督を担当するなど多方面でも精力的に活動中。

バックナンバー

第3回 戦略的Webマーケティングセミナー開催

コメント

コメントの記入