WordCamp Yokohama 2010開催!

第1回 最新3.0動向,ソーシャル観点から見たWordPress

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ソーシャルメディアのネットワーク
上野直樹氏(東京都市大学環境情報学部)

続いて,今回共催の形で協力した東京都市大学から,環境情報学部の教授としてソーシャルネットワークの研究に取り組む上野直樹氏から「ソーシャルメディアのネットワーク」と題した講演が行われました。

WordCampと共催で行われた東京都市大学ソーシャルメディアプロジェクト(旧現代GP)にも取り組んでいる上野教授。

WordCampと共催で行われた東京都市大学ソーシャルメディアプロジェクト(旧現代GP)にも取り組んでいる上野教授。

上野教授は現在,東京都市大学ソーシャルメディアプロジェクト(旧現代GP)に取り組んでいます。これは,地域におけるさまざまなコミュニティ,活動の相互アクセスを容易にするための社会的アーキテクチャとしてのWeb 2.0システムの開発・構築を行うものです。

現在取り組んでいるプロジェクトの1つ,⁠iPhoneのためのtwitterと地図システムの連携システムの開発」⁠

現在取り組んでいるプロジェクトの1つ,「iPhoneのためのtwitterと地図システムの連携システムの開発」。

この取り組みの観点から,⁠Webの生態系」という概念について説明を行いました。これは,最近のWebの在り方について「技術の進歩により,さまざまなサイトで同時発信することが普通になり,また,複数のサイトが多様な形で相互に関連しています。さらに,それらが可視的になってきているのが,現在のWebの特徴です。これはいわば⁠Webは生態系をなしている⁠と言えるでしょう」という自身の考え方を表したものになります。さらに,Twitterが登場したことにより「何らかのコンテンツ情報や個人情報,イベント状のへのアクセスの端緒が,今,Twitterがメインになりつつあります。しかし,Twitter単体では成立しないと言う見方もできます」と述べた上で,先ほどのWebの生態系が再編されている状況を説明しました。

また,ソーシャルメディアから見たWordPressに関する言及も行い,⁠WordPressはさまざまなサイトを結びつけるアーキテクチャを持っているのが特徴であり,また,同時にWordPressで表現されている記事自体が社会的オブジェクト(人々をつなぐための媒体)になります。こうしてみると,WordPressを学習すること,WordPressを用いることは,他のソーシャルメディアを学習し,用いることにも繋がるのです。今回のWordCampではソーシャルメディアとしてのWordPressの意味を再確認したいです」と述べ,講演を締めました。

スマートフォンからのWordPress活用生活
tunakko氏(女性スマートフォンユーザーの会「Women's Smartphone Network」代表兼 Android 女子部部員)

続いては,上野教授からの講演からがらっと雰囲気が変わり,tunakko氏による「スマートフォンからのWordPress活用生活」と題したプレゼンテーションが行われました。

この講演では,とくにAndroid端末(Xperia)からのWordPressの活用について紹介されました。具体的なアプリケーションとして,WPTouchとWordPress for Androidが紹介され,コメントや投稿,ページアクションに関しての使い方,また,その使い勝手について自身の体験をもとに紹介されました。

WordPress for Android。⁠バージョンが上がるたびに機能が増えるのが嬉しいところです」とコメント。なお,今回のプレゼンテーションは,発表前日に発売されたばかりのiPadを利用しており,会場からどよめきが上がっていた。

WordPress for Android。「バージョンが上がるたびに機能が増えるのが嬉しいところです」とコメント。なお,今回のプレゼンテーションは,発表前日に発売されたばかりのiPadを利用しており,会場からどよめきが上がっていた。

現時点の感想としては,良いところは

  • こまめなバージョンアップ
  • (PC版と比べて)だいたいのことができる
  • 操作が手軽でわかりやすい

とし,いまいちなところとして,

  • タグが手打ち

という点を挙げていました。

また,自身がはてなからWordPressへ移行した理由として,⁠好き勝手にいじりたかった」⁠身近に詳しい人カイ士伝氏がいた」といった理由を述べました。

最後に「楽しい」という,WordPressが持つ魅力を,自身の感じ方をうまく表現する言葉でとりまとめました。

WordCampの内容は,Ustream.tvでの中継も行われていました。写真はメインホールの中継を担当したソラノートのそらの氏。

WordCampの内容は,Ustream.tvでの中継も行われていました。写真はメインホールの中継を担当したソラノートのそらの氏。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

WordCamp Yokohama 2010開催!