テーマは「文化祭」!WordCamp Tokyo 2012開催

速報!WordCamp Tokyo 2012

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2012年9月15日,大田区産業プラザPio(東京・蒲田)にてWordCamp Tokyo 2012が開催されました。ここでは,その模様をお届けします。

受付。PHP Conference 2012との共催ということで開始前から長い列ができていた

受付。PHP Conference 2012との共催ということで開始前から長い列ができていた

WordPressの今

オープニングセッションを務めたのは,米AutomatticでHappiness Engineerとして活躍するマクラケン直子氏。「WordPressの今」と題したセッションを行いました。

マクラケン直子氏

マクラケン直子氏

全世界のトップ100万サイトのうち,54.4%がWordPress

まず,現時点でのWordPressのシェアについて紹介されました。おもなCMSツールの中で,WordPressは54%のシェアを獲得しているとのこと(他,Joomla:9%,Drupal7%,vBulletin:4%,Blogger.com:3%,その他)。 さらに,サイト規模トップ100万サイトのうち54.4%,トップ1,000サイトのうち33.9%のシェアを獲得しており,エンタープライズ用途からコンシューマ向けまで幅広く利用されていることが紹介されました。

WordPressのエコシステム

ここ日本の状況に関しては,2011年から2012年で15.5→16.8%とシェアが増加した他,各種ホスティングサービスに加えて,Windows Azure,Amazon Web Services,ニフティクラウドサービス C4SAといったクラウドホスティングとの連携,10月発売の「ホームページビルダー17」での完全対応,各種書籍の刊行など,多くのユーザに浸透していることがアピールされました。 マクラケン直子氏は「今後は,開発者や企業ユースなどを含めて,WordPressを中心としたエコシステムの構築が重要になっていくと思います」と,単なるブログツール・CMSツールとしてのWordPressから,さらに一歩進んだプラットフォームとしてのWordPress,エコシステムとしてのWordPressに向かっていることがうかがえました。

3.5のリリースは2012年12月5日予定

この他,WordPressの未来というテーマにて,スマートフォンやスマートタブレットなどのモバイル対応強化,新テーマの開発などについても触れ,次バージョン3.5のリリースが2012年12月5日に予定されていることを発表し,セッションを締めくくりました。

WordPressの状況について,世界・日本それぞれの観点から説明された

WordPressの状況について,世界・日本それぞれの観点から説明された

マルチデバイス時代の WordPress 表示最適化

続いて,プライム・ストラテジー株式会社 大曲仁氏による「マルチデバイス時代の WordPress 表示最適化」と題したセッションが行われました。

「WordPressが、大好きです。」と書かれたTシャツを着て,WordPress愛に溢れる,わかりやすいプレゼンテーションを行った大曲氏

「WordPressが、大好きです。」と書かれたTシャツを着て,WordPress愛に溢れる,わかりやすいプレゼンテーションを行った大曲氏

さまざまな手法がある

大曲氏は,最近のデバイスの多様化に向けて作り手がどうすべきか?という課題に対し,いくつかの解決方法を提示しました。

  • レスポンシブ・ウェブ・デザイン
  • UA判別による表示切替
  • デバイス専用サイト

最近注目を集めるレスポンシブ・ウェブ・デザインについては「制約は多いものの,CSSフレームワークなどを用いることで,比較的少ない予算で導入できる点」をメリットとし,WordPressでの導入方法について

  • レスポンシブ対応テーマの利用(Twenty Eleven,Twenty Twelveなど)
  • レスポンシブ対応CSSフレームワークの利用(Twitter Bootstrap,ingridなど)

といった方法を挙げ,テーマの場合は子テーマとして利用することで独自性が挙げられるといったTipsを紹介しました。 これら3つについては,デバイス専用サイトを作ることが最適化度が高い反面,コストがかさむ,レスポンシブ・ウェブ・デザインを心がけることでコストを抑え,ある程度の最適化が行える点などの比較をし,状況にあった方法を選ぶことが大切なことを伝えました。そして,WordPressという観点で観た場合は,前述のように,レスポンシブ対応テーマを使ったり,モバイル対応プラグインを使うことで導入コストを下げることができ,とくに有効とまとめました。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業部電子出版推進室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。現在,電子書籍を考える出版社の会の事務局長やWebSig 24/7のモデレーターを務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

テーマは「文化祭」!WordCamp Tokyo 2012開催

  • 速報!WordCamp Tokyo 2012

コメント

コメントの記入