YAPC::Asia Tokyo 2009 スペシャルレポート

前夜祭レポート[随時更新]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

nekokakさん「SmokerっていうぷらっがぶるWAFをつくってみたよ!」

SmokerはHTTP::Engineベースで、WAFだけでなくCLIで使うことも想定したフレームワークです。特徴としては、いろいろなComponentを作って、それを組み合わせてContextを作ります。Smokerはgithubで公開中です。

画像

画像

junichiro x btoさん「PHP的な何か(仮)」

普段はPHPを使っているというお二人のセッションで、Perlの未来について考えるといったものでした。junichiroさんは昨年のYAPC::Asiaのセッション「Perl Is unDead」を聞いて感銘を受けたそうです。一方でbtoさんはPerlを使ったことがないそうで、では、なぜbtoさんはPerlを使ったことがないのだろうかという辺りから掘り下げていきました。

まず一番初めに取り上げられたのは、PHPにはユーザが非常に多いということ。しかし、これには、PHPには初心者層が多く、Perlには楽しんでいるプログラマが多いので、質が違うのだという意見が。その上で、PerlではJPAが法人活動も行っており、今後一般企業にPerlが採用されることも増えてくるのではないかとJPAの取り組みを歓迎していました。

その一方で、やはりPHPのユーザが非常に多いというのは利点であるということで、Perlを使う人数を増やすのにはどうすればいいのかという話に。PHPの利点として、デザイナでも使える便利さが大きいので、この点を真似してはどうか、という提案がなされました。その中で、やはりPHPでは$_GETや$_POSTが使えたり、HTTPヘッダが自動で出力されるのは、初心者には魅力的だろうという話が出ました。

また、参考としてWordPressの徹底した初心者向けのポリシーを紹介。その中にはクラスを使ってはいけないなど、プログラマーにはありがたくないものが多く入っていますが、実際の普及にはこのようなことも考えなければならないのではないかと、問題提起をしていました。

最後には、PHPの$_GETや$_POSTなどの機能を初心者が迷わず使えるように、キラーフレームワークとなるようなフレームワークの登場が、Perlの普及につながるのではないかとまとめていました。そのフレームワークとして、NanoaやArkなどが挙げられており、今後もこれらのフレームワークの動向からは目が離せないと感じました。

画像

画像

yusukebeさん「エロサイト管理者の憂鬱2」

ErogeekことyusukebeさんよりWebサイトの構築・運用ノウハウについての発表がありました。

現在yusukebeさんは、普通のサイトを10サイト、そしていわゆるエロサイトを10サイト運営していて、一日のページビューは併せて60万になるそうです。

自分でサイトを運営することのメリット

  • 楽しい
  • セルフブランディング
  • 勉強
  • お金
  • 企画、開発、運用、マーケティング、プロモーションの全てを一人でできる

バックエンドについて

  • Catalyst
  • Mouse(Mooseではない)
  • DBIx::Class
  • TT

yusukebeさんによれば「沢山作って自分のスタイルを確立することにより、素早い開発が可能になります」とのことでした。

フロントエンドについて

  • jQuery、jQuery UI、Shadowbox
  • remedie のプラグインを見て、参考にしています。
  • CSSは、jQuery UIやYUIのライブラリを使用しています。

またHTMLデザインについては、WooThemesからテーマを購入したり、Open Source Web Designからダウンロードしたものを使っています。自分にできないことは、なるべく他人の力に任せるようにしています。

運用環境について

  • ec2インスタンスが5個(6コア)
  • フロント1、ファイル1、DBが1、Appが2
  • Apache2.2, mod_perl2, MySQL5, gearman, Q4Mなど
  • サーバーは自宅の納戸に置いています。

収入について

アフィリエイト収入で、メリットとしては

  • 気楽でいい
  • 成果報酬
  • 継続報酬(会員が継続すると報酬が入る仕組み)

最後にyusukebeさんは「アプリケーションの最適化は非常に奥が深い。けれども個人で様々な工夫ができるので楽しい」とのことでした。

画像

画像

懇親会

前夜祭の後半から,懇親会も開かれました。yokohama.pm主催ということで,シューマイが振舞われていました。

画像

前夜祭の模様は以上になります。明日・明後日の本編でのレポートもお楽しみに!

※ブラッシュアップする前にあったメモ書きは、a geek born in Tomakomaiへ移しました。

著者プロフィール

杉山誠(すぎやままこと)

企業やプロジェクト間を渡り歩いて仕事をしているフリーランス・プログラマー。昨年福岡へ移住したのをきっかけにFukuoka Perl Mongersを立ち上げる。デジタルハリウッド福岡校講師。山口県山口市出身。

blog:http://sugmak.com/
twitter:sugmak


本間雅洋(ほんままさひろ)

北海道苫小牧市出身のプログラマー。好きな言語はPerlやPython,Java,Objective-C,Haskellなど。在学中には数学を専攻しており,今も数学好き。現在はオンライン不動産株式会社にて自社サイトの開発に従事している。

共著書に「FFmpegで作る動画共有サイト」(毎日コミュニケーションズ)がある。

blog:http://d.hatena.ne.jp/hiratara/