YAPC::Asia Tokyo 2011 スペシャルレポート

YAPC::Asia Tokyo 2011 前夜祭レポート[随時更新]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

明日,明後日(10月14日,15日)に,YAPC::Asia Tokyo 2011が開催されます。それに先立ち,本日「YAPC::Asia 2011 前夜祭」が開かれます。本稿では,このYAPC::Asia Tokyo 2011 前夜祭を随時レポートしていきます!

なお,JPA会長の牧さんから,⁠ホールにおいてあるビールはご自由にお飲みください」とアナウンスがありました(会場内では飲食NG,ホールでの飲食は可)⁠

17時30分頃の会場ホールの模様です。左奥が受付ブース,会場になります。

画像

YAPC::Asia 事務局長 櫛井さん(右)と前夜祭進行役の鳥居さん(左)の事前チェックの様子です。もうすぐ始まります!

画像

オープニング

鳥居さんより,前夜祭開催の挨拶が行われました。本日のセッションの紹介や注意事項を説明しました。

画像

Akihiro Nakaoさん「超個人情報のためのマルチクラウドを用いた分散セキュアストレージ」⁠

最初の発表は,医師でもある中尾彰宏さん(@piarrakun)による分散ストレージに関する発表です。

「自分のパスワードを他人のストレージに保存できますか?」という呼びかけで始まり,evernoteのXSS脆弱性に関するmalaさんのつぶやきや,Dropboxのデータ暗号化が嘘だったこと等を挙げ,クラウドストレージの安全性への疑問を提起しました。 その対策として,クライアントサイドのデータ暗号化として,暗号化支援ブックマークレット「encipher.it」等を紹介。 Perlでの暗号化については,メジャーなCrypt::CBCを例に挙げ,メジャーなモジュールの安全性についての疑問を投げかけました。

そのほか,ブロック暗号の話や暗号利用モード,暗号化アルゴリズムなどについて説明し,MySQLでも可能な暗号化手法としてAESを紹介。 しかし,バイナリログに平分で情報が流れるなどの危険性も併せて指摘していました。

後半は分散してデータを保存する方法を,デモを交えて説明しました。 3つのクラウドにそれぞれ異なるデータを保存し,各クラウドからWebサーバが情報を取ってきて復元する,冗長性が確保されていることも実証しました。

普段何気なく活用しているクラウドストレージについて,その安全性を見直す機会を与えてくれる発表でした。

画像

画像

kamipoさん「本当は難しいフレンド・タイムライン処理」

フレンドタイムライン処理を実現する上での悩ましい問題と,それに対する対策について,kamipoさんが発表しました。

処理の例としてTwitterやFacebookのニュースフィードを挙げ説明しました。フレンドタイムライン特有の要求に,最新の投稿をすばやく表示することがあり,一人ひとり内容が大きく異なるため,効率の良いキャッシュが困難であることを,擬似コードなどを用いて解説しました。

また,データを絞り込んで処理時間を減らす方法を例に,レコード数が多い機能における実装の困難さを説明しました。

最後はUDFを活用したフレンドタイムライン処理を紹介し,発表は終了しました。途中でkamipoコールが起きるなど,非常に和気あいあいとした雰囲気のトークでした。

画像

画像

著者プロフィール

本間雅洋(ほんままさひろ)

北海道苫小牧市出身のプログラマー。好きな言語はPerlやPython,Haskell,Objective-C,Java,Coqなど。在学中には数学を専攻しており,余暇の楽しみは圏論や型理論を学ぶこと。現在は不動産会社に在籍し,自社システムの開発に従事している。

共訳書に「実用Git」(オライリー・ジャパン)、共著書に「FFmpegで作る動画共有サイト」(毎日コミュニケーションズ)がある。

twitter:hiratara
blog:http://d.hatena.ne.jp/hiratara/


東聡志(あずまさとし)

北海道函館市出身。今年の夏から、都内の大手IT企業に勤務。好きな言語はPerl。ScalaやFORTHにも興味がある。趣味はロシア語の学習だが,あまり板についていない。Hachioji.pmによく出没。

twitter:ytnobody
blog:http://yellowstore.blogspot.com/

コメント

コメントの記入