YAPC::Asia 2014 スペシャルレポート

YAPC:: Asia 2014 2日目レポート[更新終了]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 11 分

Daisuke Muraseさん「エンジニアとして生きる」

キーノートです。昨年独立した村瀬大輔さん(@typester)は,エンジニアとしての自分の生き方が「特殊なのでそのまま参考にするのは難しい」としつつも,キャリアのあり方について話しました。

最初に,就職してからの経歴について紹介しました。新卒で入社した会社では主に受託開発の仕事と自社サービスの開発の両方に携わっていました。また,新規事業開発チームに所属された際には,速いサイクルで様々なWebサービス,スマートフォンアプリを開発していました。受託開発の経験やWebサービスを量産していた経験が,独立した現在の仕事につながっているとのことです。

仕事とは別に,就職して2年目に参加したShibuya.pm Tech Talkでは,内容もさることながらスピーカーたちが楽しそうにしている様子に感銘を受けたと言います。自身のことをシャイだという村瀬さんはスピーカーたちの輪に入っていけず,⁠次はスピーカーとして参加する」と決意したとのこと。そして翌年にはYAPC::AsiaやShibuya.pm Teck Talkでスピーカーとして発表しました。

仕事やコミュニティでの活動を経て,自分がやりたいことを考えたという村瀬さんは,⁠人生を賭けないこと」よりも「人生を賭けること」に人生の多くを使っていきたいと結論づけたそうです。そのために,自分が得するアプリやサービスを作っていきたいとのこと。エンジニアは自分が得するものを作っていくことで社会貢献ができるため,同じように考えるエンジニアを増やしていけば,世界がもっとよくなると述べていました。

村瀬さんは,好きなことだけをやって生きていくために,自社開発のみでなく受託開発も継続しているそうです。受託開発をやめない理由として,新しい技術に出会えること,新しい人脈ができることなどを挙げていました。ただし,受託開発を楽しく進めていくためにはスキルが必要とのこと。突出したスキルを活かした自分にしかできない仕事という強みがあれば,受託開発も楽しくできると指摘しました。

最後に,20代の方々に「20代でしたことがその後のベースになる」とアドバイスし,エンジニアとしてのロールモデルを見つけて,様々なことを吸収していくことが大事だと強調しました。⁠一度の人生楽しまなきゃ損!」だから好きなことを仕事にする。エンジニアにはそれができるのだ,と力強く締めくりました。

画像

画像

画像

クロージング

和田裕介さんによるクロージングです。毎年YAPCが終わるまで夏が終わらないイメージだと「The summer is over」という言葉から始まりました。

画像

今年の来場者は1,361人(昨年は1,131人)だったと発表し,世界で一番大きなYPACであることを強調しました。

続いて,ベストトーク賞を発表しました。1位にはYAPC::NAまたはYAPC::Europeへの派遣が副賞として与えられます。次の上位3人を順次発表し,壇上に上がってもらい目録を渡しました。

  • 1位:うずらさん「半端なPHPDisでPHPerに陰で笑われないためのPerl Monger向け最新PHP事情(5.6対応)⁠
  • 2位:tagomorisさん「そんなにビッグでもないデータ処理手法の話」
  • 3位:tcnksmさん「コマンドラインツールについて語るときに僕の語ること」

受賞した発表者の皆さんは,自分に投票してくれた方々に謝辞を述べていました。1位のうずらさんの謝辞の後には拍手とともに「PHP! PHP! PHP! 」という,かけ声が沸き起こっていました(次の写真はうずらさんの謝辞の場面です)⁠

画像

最後に和田さんは,スポンサーを読み上げ感謝を伝えました。また,会場ネットワーク回線を担当したCONBU,当日スタッフ等を壇上に呼び,イベントを裏で支えてくれたことに感謝しました。参加者の皆さんはそれを拍手で称えました。

そして来年のYPACについて,たぶん開催されることを告知しました。運営の協力者も募集しているそうです。

画像

2日目のレポートは以上になります。

最後までお読みいただきまして,ありがとうございました。

著者プロフィール

臼井洋文(うすいひろふみ)

京都府京都市出身のプログラマ。仕事ではPerlでサーバサイドを書きつつ,Objective-CでiOSアプリの開発をしている。週末はボルダリングに勤しむ日々。

Twitter:@usuihiro
Web:http://d.hatena.ne.jp/usuihiro1978/


日下部雄也(くさかべゆうや)

仕事はニフティクラウドのネットワーク関連の機能の企画・開発・運用で,運用自動化のためのプログラムを書いていることが多い。言語は,Perl,Python,Ruby,C,Goなど。最近,Vyatta CoreからフォークされたVyOSという仮想ルーターのユーザー会を設立し,第1回目のミーティングを主催した。

Twitter:@higebu
Web:http://www.higebu.com


滝沢玲美(たきざわれみ)

千葉県在住。仕事はITとは全く無縁な事務職だが,プログラミングに以前から興味があり。今回,Perl入学式にてプログラミングを初めて学ぶ。

藤沢理聡(ふじさわまさあき)

神奈川県在住。仕事でソフトウェア開発をしつつ,余暇にも友人たちとソフトウェア開発をする日々。長くPerlを愛用している他,ここ数年はPerl 6にも挑戦している。

Twitter:@risou
Web:http://www.risouf.net/


本間雅洋(ほんままさひろ)

北海道苫小牧市出身のプログラマー。好みの言語はPerlやPython, Haskell, Scala, OCamlなど。在学中は数学を専攻しており,今でも余暇を利用して数学を嗜む。現在はFreakOutに在籍し,自社システムの開発に力を入れている。 共訳書に「実用Git」(オライリー・ジャパン),共著書に「FFmpegで作る動画共有サイト」(毎日コミュニケーションズ)がある。

Twitter:@hiratara
Web:http://hiratara.github.io/


森藤大地(もりふじだいち)

ISP勤務。卒研でPerlのプログラムを組んで以来, Perlを利用している。 CROSSというエンジニアイベントを主催していたりする。 d3の翻訳やひとりアドカレなど,解析・可視化業務を行っている。

Twitter:@muddydixon
Web:http://muddydixon.hatenablog.com


山中裕之(やまなかひろゆき)

ドラゴンズファン。某会社のプログラマとして活動中。好きな言語はPerl, Ruby, C, C++, Haskelなど。武術が好きで休日はいそしんでいる。

Twitter:@hiroyukim
Web: http://hiroyukim.hatenablog.com