NEWS & REPORT

「ユーザエクスペリエンス」最前線 アドビシステムズ社主催の開発者向け一大イベント「Adobe MAX 2007」開催[前編]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

アドビシステムズ社主催の開発者向けカンファレンス「Adobe MAX 2007」(旧Macromedia MAX)が,米国シカゴにあるMcCormick Place Westにて開催された。開催期間はプレイベントを含め9月30日~10月3日(現地時間,以降も同様)にわたり,事前登録者は3500人を超えチケットは完売とのこと。

今回のレポートは,会期中2日間にわたって行われたAdobe Max 2007の基調講演前半の模様をお届けする。

10月1日朝,基調講演はアドビシステムズ社のチーフソフトウェアアーキテクトのKevin Lynch氏によるオープニングトークで幕を開けた。Webアプリケーションとデスクトップアプリケーションの枠を越えた,来る時代のテクノロジ群のデモンストレーションが次々と披露され,同社のMacromedia社との合併後の方向性がアプリケーションという具体的な姿で世界に向けてより鮮明に発信された。

基調講演,第一弾の幕開け

基調講演,第一弾は先進的なリッチコンテンツが台頭している,

  • ビデオ
  • Webサイト
  • RIA(Rich Internet Applications)
  • クロスメディアパブリッシング

という4つの「アプリケーション分野」を中心に,それを実現する既存のクライアント/サーバ・サービス環境/開発ツールの製品の新情報を交えたデモンストレーションが展開された。

Kevin Lynch氏と,今回取り上げられるカテゴリ/レイヤ

Kevin Lynch氏と,今回取り上げられるカテゴリ/レイヤ

注目のFlash Playerの発表は二本立て

Flash Playerに関しては,マイナーバージョンアップとして「Moviestar」(コードネーム,Flash Player 9.1相当)と,メジャーバージョンアップ「Astro」(コードネーム)が発表された。

Moviestarは,H.264の動画コーデックと最高1080pのHD動画に対応する動画再生機能を強化したバージョン。講演冒頭のビデオカテゴリの紹介で登場し,現在のWebにおいては70%がFlash Videoであるとの説明と合わせて紹介された。

Astro は基調講演1日目のトリを飾った。以前から関心の高い話題として挙げられてきた3D効果が実装され,オブジェクト描画のシンプルなAPI,相互運用性,ハイパフォーマンスを実現しているという。また,テキストレイアウト処理に関しても新たにPlayerレベルで吸収して機能向上する。デモンストレーション各国語のハイフンネーションや日本語の禁則処理が披露された。

「Moviestar」のポイント

「Moviestar」のポイント

「Moviestar」はH.264対応

「Moviestar」はH.264対応

「ユーザエクスペリエンス」の探求

続いて「ユーザエクスペリエンス」の重要性が大きなメッセージの一つとして力強く語られた。ユーザエクスペリエンスとはUIに留まらず,システム全体で実現する業務や体験というレベルでユーザの視点・立場に立って開発する概念。Shantanu Narayen氏による講演では「Creating Experiences Not UI」「Simplify User Experiences」などのフレーズを織り交ぜ,ユーザが直観的にアクセスし横断的にアプリケーションを手繰っていける,そんな感覚のアプリケーションが次々と紹介された。発表はおもにコンシューマ分野に対するアプローチといった印象だが,同社のエンタープライズ分野で培われた基盤技術・製品群がその根底にある点がうかがえる内容で,合わせて同社のデザイン系ツール群への支持の高さを考えると,これまで一般的に「リッチ」キーワードで語られたものとは明らかに一線を画するようだ。

アドビシステムズ社の製品群

アドビシステムズ社の製品群

コメント

コメントの記入