NEWS & REPORT

ついに「AIR」の舞台が見えてくるか アドビシステムズ社主催の開発者向け一大イベント「Adobe MAX 2007」開催[後編]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回に引き続き,今回はアドビシステムズ社の開発者向けカンファレンス「Adobe Max 2007」の基調講演後半をお届けする。

基調講演,第二弾

基調講演,第二弾は,エンタープライズ寄りのアプローチで初登場となる製品・サービス,サーバサイドソリューションを中心に発表が行われた。前日の「アプリケーション分野」に関するデモンストレーションに続き,下位レイヤの「サーバ分野」「サービス分野」「開発ツール分野」にスポットが当てられた。

前日に続きKevin Lynch氏の登場

前日に続きKevin Lynch氏の登場

基調講演第2弾でフォーカスされたカテゴリとレイヤ

基調講演第2弾でフォーカスされたカテゴリとレイヤ

サービス分野の進む道

まずは,以下の4つのサービス・製品が登場した「サービス分野」に注目したい。

「Scene7」
オンデマンドのメディア生成ASPサービス。シンプルなURLでのページアクセスが可能
「SHARE」
コンテンツ共有サービス。アップロード&ダウンロード/共有/ドキュメントパーミッションなどにはREST(Representational State Transfer)APIが提供される
「Pacifica」(コードネーム)
SIP(Session Initiation Protocol)をサポートした高品質なボイスサービス技術。VoIP,メッセージング,プレゼンスの部分をカバーする基盤技術になる予定
「CoCoMo」(コードネーム)
リアルタイムの,メッセージングやストリーミングを行うサービス。パッケージで提供されていたWeb会議などのリアルタイムコミュニケーション製品Adobe Connect Professional(旧Macromedia Breeze)の新設計版で,クライアント,サーバとも刷新されコンポーネント化された。サービスアクセスのAPIを提供

Scene7とSHAREはベータ版の提供が開始されていて,PacificaとCoCoMoは開発の真っ直中とのこと。

CoCoMo

CoCoMo

RIAとWeb標準の出会い,そしてAIR

さて,これらの複数のサービスをAdobe Maxという場で一度に披露されたのには,単なる新サービスの紹介の先を臨む理由があるそうだ。いま,これらを率先して開発・提供するのに意図とはなんだろうか。

これらのサービスは一部でLightweight Serviceという表現も用いられているそうで,そこに見られるアプローチにはさまざまな特徴がある。

  • Web標準を重視・採用している
  • Webの従来の非同期処理から同期するコミュニケーションを呈示している
  • 閉じたパッケージではなくWeb APIやコンポーネントという形でマッシュアップ可能なパーツとして提供される
  • アドビシステムズ社が(パッケージでなく)サービスをサーバサイドでホストする

という点に着目したい。ここで,とくに全体として「Web標準」「Webサービス」を指向しているという点が重要だ。これはWeb技術をそのまま活用し,さらにブラウザを超えAIRと結び付くことで,Web標準さらには広くWebサービスと,AIRが融合して生み出される先進的なAIRアプリケーション開発の道を切り開く可能性を期待した試みのようだ。サービス分野,AIRに関しては広告やSaaS(Software as a Service),サブスクリプションベースを絡めたビジネスモデルについても基調講演外でも見解が示されていたが,まずはAIRの普及自体が随所で鍵をにぎっている点は周知のとおりで,開発者の方々には技術的な観点からもぜひ注視していただきたいところ。現在ベータ版のAIRだが,正式リリースは2008年前半を予定しているとのこと。業界的にも長期的に大きな意味を持つ可能性のあるこれらの試みが,実際にWebアプリケーションおよびAIRアプリケーションにいかなる変化をもたらすか,動向は要注目だろう。

コメント

コメントの記入