NEWS & REPORT

「慶應義塾大学SFC Open Research Forum 2007」toward eXtremes―未来創造塾の挑戦―Photoレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

11月22~23日,六本木アカデミーヒルズ40にて,慶應義塾大学SFC Open Research Forum 2007が開催されている。今年のテーマは「toward eXtremes―未来創造塾の挑戦―」。不確実で不安定なextreme(極みの世界)にあえて踏み込み,解明し,新しい突破口を見出すことをメインテーマとして掲げている。

以下,22日のイベントの様子をレポートする。

メインセッション

22日は,「FTA・EPAで磨く日本の国際競争力―東アジア経済共同体構築に向けて」,「地球の科学技術を考える」の2つのメインセッションが開催された。このうち,「地球の科学技術を考える」には,日本科学未来館 館長の毛利衛氏,慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所 所長の竹中平蔵氏,慶應義塾 常任理事の村井純氏が登壇者として参加。地球環境問題対策として,科学技術を社会化させるための方法について議論が交わされた。

セッションは,時おり村井氏のジョークを交えながら,なごやかな雰囲気で進んだ

セッションは,時おり村井氏のジョークを交えながら,なごやかな雰囲気で進んだ

毛利衛氏。「科学技術とビジネス+政治が一緒になったうえで,さらに世界が1つにならないと,環境問題の将来的な解決は難しい」

毛利衛氏

竹中平蔵氏。「経済・政治分野の人間と,科学技術の人間とでは,なかなかつながりを作りにくい。しかし,村井氏はIT分野において,ここをつなげることができた。今後はもっとこのようなコミュニケーターが,科学技術の分野においても必要」

竹中平蔵氏

村井純氏。「本当に未来を作っていくには,科学と技術だけではなく,他に力を合わせないと駄目。技術の社会化のプロセスはすごく難しい。トータルで物事を考えられる人材が必要」

村井純氏

セッションの様子は,未来科学館に生中継で放送された。質疑応答も,アカデミーヒルズからだけではなく,未来科学館からも

セッションの様子は,未来科学館に生中継で放送された

コメント

コメントの記入