ET2007(組込み総合技術展)Photoレポート

ET2007(組込み総合技術展)Photoレポート(2日目)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

組込みイベントの達人

――少しのことにも先達はあらまほしき事なり。

案内人・根木勝彦氏

案内人・根木勝彦氏

年々規模が大きくなるET(組込み総合技術展)は,今年の出展社数が445にもなっており,自分の思いどおりに情報収集できる方はそう多くはないのではないだろうか。そこで2日目は,NECエレクトロニクスの根木勝彦さん(自称:組込み中年オヤジ)に水先案内人となってもらい,最新の組込みシステムをウォッチし,おもしろい商材を探すツアーを企画した。今回はその様子をダイジェストで紹介する。

編集部(2名)以外にも企画に興味をもっていただいた読者(3名)も参加して,総勢6名のツアーが始まった。

ツアー参加者(左から案内人,上辻さん,天野さん,久保田さん)

ツアー参加者(左から案内人,上辻さん,天野さん,久保田さん)

ET2007ツアー

(株)タンバック,メディアラボ(株)

最初は,各種CPUによるボードコンピュータを設計・開発するタンバックメディアラボ」。展示されていた顔認識システムはLinuxが搭載されており,あくまでもデモ用だ。具体的に商談になるのは,展示しているボードをそのままほしいというよりも,それらと組み合わせて新たな機能ができないかというところから話が膨らむそうだ。

タンバック,メディアラボのブース

タンバック,メディアラボのブース

案内人自らJTAGの口を指差しながら「あとで,もっと進んだソリューションもあるので憶えておいてね」と,ツアーの順序まで気を配っていただいた。

案内人自らが解説(1)

案内人自らが解説(1)

案内人自らが解説(2)

案内人自らが解説(2)

(株)日新システムズ

次は,10月に6年ぶりにWind River社と提携した日新システムズ」。組込み開発のプロフェッショナルサービスとして,カスタムハードウェアへのOS移植からアプリケーション開発までのトータルなサービスとVxWorksエミュレータなどの開発支援ツール以外に,リモートKVMなどのネットワークでつないだ遠隔開発支援ツールが展示されていた。開発現場を自在につなぐ遠隔開発支援は今後の効率的な開発の一形態となるそうだ。

日新システムズのブース

日新システムズのブース

(株)アドバンスド・データ・コントロールズ

Green Hills Software社製品を中心とした組込み開発ソリューションを提供するアドバンスド・データ・コントロールズでは,ブース内のTTTech Automotiveで話を聞いた。同社は組込み開発でも自動車や航空機など高い信頼性が求められる分野に特化している。FlexRayコンソーシアムやAUTOSARなどに参画し,標準化などにもかかわっている。今後,日本のメーカーにももっと利用してもらいたいと意気込む。エンジニアリングから製品,方法論を提供する。

ADoCブース内のTTech

ADoCブース内のTTech

コメント

コメントの記入