レポート

無料学習コミュニケーションサービス「iKnow!」制作秘話と開発現場のすべて

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

学習ツールとSNSを組み合わせたサービスとして,リリース直後から注目を集めている「iKnow! 」。

今回,このサービスがどのようにして生まれたのか,そして今後どのような展開を目指しているのか,セレゴ・ジャパン エリック ヤング氏,アンドリュー スミス ルイス氏,マイケル 長谷川氏の3名にお話を伺いました。

エリック ヤング氏

米国Cerego社CEO。Ceregoの共同創業者。事業戦略の立案と財務を担当。

<経歴>
イェール大学を卒業。バンカーズトラストのデリバティブトレーダーを経て,西ドイツ証券のアジア地域会社のCEOを3年務める。豊富な金融経験を活かした財務戦略の立案を得意としている。

アンドリュー スミス ルイス氏

セレゴ・ジャパン(株) 代表取締役社長。Ceregoの共同創業者。事業開発と新製品開発担当。

<経歴>
バージニア大学を卒業。21歳のとき,MBA/大学院留学指導の予備校「アゴス・ジャパン(旧ザ・プリンストン・レビュー・ジャパン)」を立ち上げる。2002年に日経BP社から発売された著書『最強の記憶術』はベストセラーに。

マイケル 長谷川氏

セレゴ・ジャパン(株) シニア・バイス・プレジデント。事業開発本部長。

<経歴>
米国シリコンバレーで20年間ハイテクノロジービジネスに関わり,4年前に帰国。デル・ジャパンにて営業本部長を務めセレゴに入社。

学習エンジンの開発からスタート

大学研究期間とともに

iKnow! (アイノウ)を提供するセレゴ・ジャパンは,もともと学習エンジンの開発を行っていました。そのときのミッションが「人が学習するメカニズムを脳科学・認知心理学の見地から解明し,学習効率を飛躍的に高める」こと。

「私たちは7年前から研究に基づき,記憶学習のシステムを開発していました。当時から,ハーバード大学などの教授を含めた専門家たちと一緒に研究やテストを行い,記憶学習方法論を確立することに成功しました」。同社代表取締役社長のアンドリュー スミス ルイス氏はこう語ります。そして,この研究開発結果をベースに,教材としての展開を目指しました。

いつでもどこでも学習してもらうために

実際にサービスとして提供するにあたってのコンセプトは「いつでもどこでも学習してもらえること」(米セレゴ社CEOエリック ヤング氏)。そのため,ユーザデバイスとして,当初はPDA(SHARP ZaurusやWindows CE)をターゲットにしていました。しかし,その後PDA自体のシェアが減り,結果としてWebを対象としたサービスへと方向転換をしました。

BtoBからオープンスタンダードへ

当初,サービスの展開方法は企業を対象としたもの,つまりBtoBのモデルを採用していました。具体的には,セレゴ・ジャパンがある企業に向けて学習システムをASPモデルで提供し,それを受けた企業が,社員向けなどの学習教材として利用するものです。これについて,セレゴ・ジャパン シニア・バイス・プレジデント長谷川氏は「学習教材として展開するうえで,どのように生徒(学ぶ人)を集めるかが最初の課題でした。そこでまずシステム的にはASPモデルにし,特定企業内でのトップダウンによる提供を目指したのです」と述べています。こうして徐々に採用企業および利用者が増えていきましたが,ある段階でその伸び方が鈍くなります。

「BtoBのモデルの場合,1つの採用によりまとまった数のユーザが獲得できます。しかし,ある程度の規模になってくると広げ方が難しいです。とくにGate Keeper(企業の窓口となる担当者)との折衝が最大の課題となり,場合によってはそこが障壁となって採用までに時間がかかります」(ヤング氏)。

こうした状況に加えて,もう1つセレゴ・ジャパンとして気付いた点がありました。それは,実際のユーザからの快い反応です。

「一度使ってくれた生徒の皆さん(ユーザ)が,こぞって良い反応を示してくれたのです。皆,喜んで積極的に使ってくれました。この反応を見て,BtoB以外の展開の可能性もあるのではないか,と考えたのです」(ヤング氏)。

コメント

コメントの記入