レポート

ネットで試せる驚異の3Dヒゲシミュレーションサイト ヒゲチェンが生まれるまで

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

「ちょっとヒゲを生やしてみようかな?」――見た人をその気にさせるサイト,それがヒゲチェンです。同サイトは,シック・ジャパン株式会社が運営するユーザ参加型のWebサイトです。単なるプロモーションサイトではなく,明確なコンセプトを軸に,はっきりとした戦略および最新の技術が盛り込まれているのが特徴です。本記事では,サイトの本質,サイトの魅力について取り上げます。

ヒゲチェン―単なる商品紹介ではないプロモーションサイト

ヒゲをプロモートする

ヒゲチェンにアクセスしてみると,イントロのシーンとともにインパクトのある「ヒゲチェン」のロゴが登場した後,モデル写真にさまざまなヒゲが付き,3Dでリアルに動きます。初めて見る方は,不思議でもあり,おもしろいサイトだと感じるのではないでしょうか。

今回紹介するヒゲチェンは,カミソリメーカのシック・ジャパン(株)が運営するプロモーションサイトです。といっても,具体的に同社の商品を紹介するのではなく,商品の対象となる「ヒゲ」にフォーカスを当てています。

ここでは,どのようなサイトなのか,特徴とともに紹介します。

手軽に試せるヒゲ体験

ヒゲチェンの一番の特徴は,手軽に試せる「ヒゲ体験」です。ヒゲを付けたい写真イメージを1枚用意するだけでOKです。仮に手元にイメージがなければ,あらかじめ用意されているモデル写真を利用することもできます。

あとは,サイト上でデータをアップし,付けてみたいヒゲを選べば準備完了です図1)。

図1 ヒゲを選択。選択できるヒゲの数はなんと1,000種類!ヒゲは「タイプ別」「個性別」「テーマ別」にカテゴリ分けされており,自分のイメージしたヒゲを探し出すことができる

図1 ヒゲを選択。選択できるヒゲの数はなんと1,000種類!ヒゲは「タイプ別」「個性別」「テーマ別」にカテゴリ分けされており,自分のイメージしたヒゲを探し出すことができる

 タイプ別

① タイプ別

 個性別

② 個性別

 テーマ別

③ テーマ別

2Dが3Dに!しかも動き付き!!

ヒゲの種類を選択した後,GO! 3Dボタンを押します。すると,2Dだった顔のイメージが3Dに,しかも動き出します図2)。これはモーションポートレート(株)が開発した2Dイメージを3D化する「モーションポートレート」と呼ばれる技術を利用しています。

この技術は,2Dの特徴点から3D化を行い,さらにマウスなどのデバイスの動きに対して,特定の部分(ヒゲチェンで言えば,顔写真の目)が動くようになるものです。詳しくは,モーションポートレートのサイトをご覧ください。

モーションポートレート
http://www.motionportrait.com/about/

この3D自動化技術の採用が,ヒゲチェンの一番の特徴です。このように,顔写真を元に3Dに,しかも動きを与えるイメージに変換することで,ユーザのイメージを膨らませることを実現しているのです。

バックナンバー

2008年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入