レポート

Google,「Googleで、できること。」新コンテンツ追加~検索数に応じて渋谷の空を飛ぶリアルキャンペーン

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Googleは2008年10月4~12日までの1週間,同9月より展開している「Googleで、できること。」キャンペーンの一環として「渋谷で空を飛ぶ。」と題したリアルキャンペーンを実施する。10月3日には,開始に先立って記者向け発表会が行われた。

「渋谷で空を飛ぶ。」

今回,会場に選ばれた渋谷では,GoogleがPCや携帯電話を飛び越えて「新しい視点を届ける」をコンセプトに,企画された。

実際に空を飛ぶことに使われるのは,たくさんの風船。この風船の数は,Googleが指定した「特別キーワード(以下参照)」の検索数に応じて増えていき,体重に応じた個数によって浮き上がることができるようになる。

体重と必要な風船の個数(目安)。体重が大きい人が飛ぶためにはたくさんの検索が必要。

体重と必要な風船の個数(目安)。体重が大きい人が飛ぶためにはたくさんの検索が必要。

会期中,参加希望者は携帯電話またはPCのブラウザからGoogleの特設サイトにアクセスし,そこに表示される特別キーワード(「ちょっとだけ新しい視点をくれるキーワード」)を検索することで参加資格を得られる。そこで,実際の検索結果画面を会場スタッフに見せることで登録が完了し,風船による浮遊を体験できる。

今回のキャンペーンのコンセプトについて説明する,グーグル(株)マーケティングマネージャー平山景子氏。手にしているのは参加資格となる「搭乗券」。これを手にした人が渋谷で空を飛ぶことができる。

今回のキャンペーンのコンセプトについて説明する,グーグル(株)マーケティングマネージャー平山景子氏。手にしているのは参加資格となる「搭乗券」。これを手にした人が渋谷で空を飛ぶことができる。

ゲストに女優 渋谷飛鳥さんが登場

開幕イベントには,TVなどで活躍する女優の渋谷飛鳥さんがゲストとして登場し,実際に「渋谷で空を飛ぶ。」を体感した。

「渋谷で空を飛ぶ。」を体感した渋谷飛鳥さん。今回は披露イベントのためヘルメットを装着していないが,実際の参加者は要ヘルメット装着となる。

「渋谷で空を飛ぶ。」を体感した渋谷飛鳥さん。今回は披露イベントのためヘルメットを装着していないが,実際の参加者は要ヘルメット装着となる。

今回のイベントに用意された4色のGoogleロゴ入り風船を手にポーズを取る渋谷飛鳥さん。記者から感想を聞かれ,「本当に楽しかったです!」とうれしそうにコメントしていた。

今回のイベントに用意された4色のGoogleロゴ入り風船を手にポーズを取る渋谷飛鳥さん。記者から感想を聞かれ,「本当に楽しかったです!」とうれしそうにコメントしていた。

「Googleで、できること。」キャンペーン参加ページ
URLhttp://google.jp/dekiru

バックナンバー

2008年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入