レポート

楽天テクノロジーカンファレンス2008開催~大規模トラフィックを支える技術が見えた1日(その2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2008年11月29日,楽天株式会社にて「楽天テクノロジーカンファレンス2008」が開催されました。同カンファレンスは,楽天の各種サービスの基礎となっている大規模トラフィック,その先にあるビジネスを支える技術について,さまざまな角度からフォーカスし,その裏側を見せることを目的としたイベントです。また,楽天以外に,各種コミュニティによるセッションが用意されるなど,これからの日本のエンジニアリングの方向性が見える1日でした。

2回目の今回は,代表取締役会長兼社長三木谷浩史氏のトークセッションや楽天テクノロジーアワード授賞式の模様を中心にお届けします。

クロージング基調講演~三木谷浩史×安武弘晃:トークセッション

カンファレンスの最後を飾ったのは,楽天株式会社代表取締役会長兼社長三木谷浩史氏と,同取締役常務執行役員 安武弘晃氏によるトークセッションでした。安武氏がインタビュアーの役で質問を投げかけ,三木谷社長が回答するというQA形式で展開しました。これまでの楽天の発展について,過去の経験や裏話なども交えながら,楽しくかつこれからを期待させる内容が繰り広げられました。

写真1 終始和やかな雰囲気で進んだ,三木谷氏(右)と安武氏(左)によるトークセッション。立ち上げ当時の思い出などを交えながらこれまでの体験,これからの意気込みについて熱く語りました。

画像

立ち上げの経緯

安武氏:

まず,楽天を立ち上げた経緯について教えてもらえますか。

三木谷氏:

元々,アメリカでの検索サービス「Inktomi」を日本に持ってきたことがきっかけです。当時から,アメリカのWebサービスには注目していて,中でもネットショッピングは日本にマッチすると感じました。

そこで,最初は海外にあるネットショップ企業を買おうと思っていました。しかし,それはちょっと違うかな,と思って。他業種を見た場合,たとえば,自動車メーカであれば自分たちでエンジンを作らなければ,会社としては成立しなくなります。これと同じく,ネットショップも自分たちで作らなければ成功しないと思い,楽天市場を作ることにしました。

作るためのモチベーション

安武氏:

オンラインショッピングのシステムを作ることが決まったとき,社長と一緒に書店に行って,プログラミング言語の解説書を9冊買ったことを今でも覚えています。しかも,翌日には半分ほど読み終えていて,その取り組み方に大変驚きました。このように,「作っていこう」と強く思ったモチベーションは何だったのでしょうか?

三木谷氏:

私自身はプログラマでもエンジニアでもありません。いわゆるビジネスマンというポジションでした。でも,先ほどの自動車業界の例で言えば,トヨタの社長はエンジンの仕組みを知っているはずです。これから,オンラインショッピングを始めるにあたって,前提として仕組みを知っておきたかった,というのが理由です。

なぜなら,作っていくものの仕組みを知ることで,作り手の気持ちを知ることができるからです。その結果,より良いサービスにつながると信じていましたし,今もそう思っています。

安武氏:

最初のオープンは1997年4月でした。企画・開発からリリースまで,約半年というスケジュールでしたが,きつくありませんでしたか?

三木谷氏:

本音を言うと,もっと早く公開できると思っていました(笑)。当時はまだ25製品しか扱っていなかったと言うこともありますし。ちなみに,現在は5万件を扱うようになったのですが,つねに楽観的に,どんなものでも必ずできると信じてやっています。

スケジュールに関して言えば,当時は,マイクロソフトやジャストシステムといったパッケージ製品が主流で,Web上のアプリケーションやサービスはまだまだ少ない状況でした。しかし,私自身はサーバに置くスタイルに可能性を感じました。その一番の理由が,つねに改善をしながら提供し続けられるという点です。これにより,迅速な開発体制を実現することができると感じていました。

写真2 「立ち止まらずに,これからも積極的な展開を進めていきたい」とさらなる発展を目指す三木谷氏。

画像

コメント

コメントの記入