レポート

Sun Tech Days 2008 in Tokyo開催~2008年のJava振り返りと2009年のJava展望

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2008年12月2~4日の3日間,東京ミッドタウン(六本木)にて「Sun Tech Days 2008 in Tokyo」が開催されました。同イベントは,Sun Microsystems, Inc.の技術を中心に,オープンソースソフトウェアやオープンスタンダードな技術にフォーカスしたテクノロジーカンファレンスです。

初日の12月2日には,Javaの産みの親,James Gosling氏による基調講演が行われました。ここでは,その模様を中心にお届けします。

コミュニティのつながり

基調講演の司会を務めたのは,サン・マイクロシステムズ(株),増月孝信氏。同氏は,今回のSun Tech Daysの開催意図について,これからのSunとしての技術展開およびエンジニアへの貢献などについて述べました。

写真1 司会の増月氏。

写真1 司会の増月氏。

また,サン・マイクロシステムズ代表取締役社長Lionel Lim氏によるビデオメッセージが届き「今年,日本の組織にもWeb 2.0部門を立ち上げました。これは異なるコミュニティの開発者たちが一緒に働けるようにすることを目的とした部署で,開発者同士の対話を促進していきます」と,これからの取り組みについて説明しました。そして,「今,Sunは,Javaをはじめ,GlassFish,MySQL,OpenSolaris,NetBeansなど,さまざまなオープンソースソフトウェアにコミットし,オープンソースソフトウェアの業界を牽引しています。この動きは今後も続けていきます」と挨拶し,イベントが開幕しました。

写真2 サン・マイクロシステムズ代表取締役社長Lionel Lim氏のビデオメッセージ。

写真2 サン・マイクロシステムズ代表取締役社長Lionel Lim氏のビデオメッセージ。

オープニングデモ―新Java Plug-in&Applet,DTrace&jMonkey Engine,Wiiリモコン&Bluetooth

基調講演に先立ち,アイスブレイクとして3つのデモンストレーションが行われました。

新Java Plug-in&Applet

まずはじめに,Chuk-Munn Lee氏による,Java SE 6 Update 10から実装されている新Java Plug-inおよびJava Appletのデモンストレーションが行われました。デモでは,Webブラウザ上で稼働するマウス操作が可能な画像加工Appletが紹介され,さらに,ブラウザから切り離した形で,1つのアプリケーションで動く様子が紹介されました。

写真3 新Java Plug-inの可能性を語るChuk-Munn Lee氏。

写真3 新Java Plug-inの可能性を語るChuk-Munn Lee氏。

ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/watch/sm5457880

DTrace&jMonkey Engine

続いて,Jon Haslam氏による,DTraceを可視化するjMonkey Engineを実装したアプリケーションが紹介されました。同氏は「これは,機能面だけではなく使い勝手やビジュアルを意識して作ったものです」と紹介し,新しい見方ができるデータ分析の可能性について述べました。

写真4 「明らかなデータを,より良い形で見られます」と話すJon Haslam氏。

写真4 「明らかなデータを,より良い形で見られます」と話すJon Haslam氏。

このアプリケーションは,3Dメガネ(左右にそれぞれ赤・青のフィルムを貼ったもの)を使うことで,立体的に見ることができました。

写真5 3DメガネとDTrace&jMonkey Engineを利用したアプリケーション。

写真5 3DメガネとDTrace&jMonkey Engineを利用したアプリケーション。

コメント

コメントの記入