レポート

速報!第2回企業ウェブ・グランプリ―ベストグランプリは「Sound Lab.」(パイオニア)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

2008年12月9日,サントリーホール(六本木)にて「第2回企業ウェブ・グランプリ」の選定・授賞式が行われ,ベストグランプリが発表された。

同コンテストは,企業サイトにフォーカスしたWebサイトの表彰式で,参加企業のWeb担当者・関係者たちによる投票により,全12部門のグランプリが決定するというもの。参加企業の内,31社から80サイトの応募があった中,255名の審査員により,39のノミネートサイトが決まっていた。

開催に先立ち,挨拶を述べるクオンタムリープ(株)代表取締役 出井伸之氏。

開催に先立ち,挨拶を述べるクオンタムリープ(株)代表取締役 出井伸之氏。

その中から,12部門,計13サイトのグランプリと,今回,特別賞としてRIAC(RIAコンソーシアム)特別賞が,最初に発表された(別表参照)。その後,各部門のグランプリを対象とした会場参加者による投票が行われ,その場でベストグランプリが決定した。

授賞式の司会を務めた花王(株)本間充氏(左)と日本IBM(株)樋渡友子氏(右)。投票後の結果をその場で集計中。

授賞式の司会を務めた花王(株)本間充氏(左)と日本IBM(株)樋渡友子氏(右)。投票後の結果をその場で集計中。

栄えある第2回ベストグランプリには,パイオニア(株)「Sound Lab.」が選ばれた。

画像

ベストグランプリ授与には,Sound Lab.関係者を代表して,パイオニア(株)コーポレートクリエイティブセンター宣伝部クリエイティブ統括室Web企画グループマネージャー 青山雅一氏が登壇し,表彰状とトロフィーを受け取った。青山氏は「大変すばらしい賞をいただき,光栄です。今回の受賞を励みに,さらに優れた企業サイトを目指していきたい」と述べた。

受賞の喜びとこれからについて語ったパイオニア青山氏。

受賞の喜びとこれからについて語ったパイオニア青山氏。

ベストグランプリを受賞した「Sound Lab.」制作メンバー。

ベストグランプリを受賞した「Sound Lab.」制作メンバー。

また,グランプリの講評を述べた慶応大学環境情報学部教授WIDEプロジェクト 中村修氏は「今,インターネットには2つの側面があります。1つはインフラとして,もう1つはクリエティブなものとして。その中で会社の顔を担う企業サイトの位置付けは,インフラにおけるプレゼンスを表現するものです。これまで,TVや新聞といったメディアで企業を紹介してきた状況が,今後はインターネット上で行うようになっていきます。その中で,今回参加された皆さんをはじめ,企業サイトを作っていく皆さんには,ぜひインフラの中でクリエイティビティを発揮し,2つの側面を意識したサイトを目指していってもらいたいです」とまとめ,授賞式は幕を閉じた。

閉幕の挨拶をした慶応大学 中村氏。

閉幕の挨拶をした慶応大学 中村氏。

各部門表彰サイト

コンセプト&
アーキテクト部門
Sound Lab./パイオニア
デザイン&
クリエイティブ部門
未来惑星(ミライボシ)/大和ハウス工業
ガバナンス部門富士フイルムホールディングスコーポレートサイト/富士フイルムホールディングス
コンテンツ企画&
ライティング部門(B2B)
世界はひとつずつ変えることができる/富士フイルム
コンテンツ企画&
ライティング部門(B2C)
※2サイト
Jazz Cafe/日本ビクター
ED-Info.net/ファイザー
ナビゲーション&
ユーザビリティ部門
こころのひまわり/ファイザー
マーケティング,
キャンペーン&
インタラクション部門
メリーズ スマイルスマイルランド/花王
ガジェット,アニメーション
&テクニカル・
イノベーション部門
富士通キッズ:夢をかたちに/富士通
クロスコーポレート&
コラボレーション部門
BAR-NAVI/サントリー
カスタマーサービス(B2B)部門ケミカル・グローバルサイト/花王
カスタマーサービス(B2C)部門ホームクッキング/キッコーマン
社会貢献・メセナ,
企業情報・CSR・環境部門
ForTheNextGeneration/ソニー
RIAC特別賞風流鯨(かぜながすくじら)/大和ハウス工業

コメント

コメントの記入