レポート

公開から1年,OpenSocialの現在とこれから─OpenSocial Developer Advocate,Ryan Boyd氏インタビュー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

SNS開発者向けの共通APIであるOpenSocialの公開から1年。2009年に公開されるバージョン0.9の新機能のうちいくつかがプレビュー公開され,また日本でもSNS最大手のmixiが,OpenSocialに準拠した開発環境「mixi Platform」の提供を発表するなど,ますます活発な動きが見られます。

折しも,GoogleでOpenSocial Developer Advocate(開発者向け世話人)を務めるRyan Boyd氏が来日し,インタビューの機会を得ましたので,OpenSocialの現状と今後についてお話を伺いました。

Ryan Boyd氏

Ryan Boyd氏

“Write once, Deploy everywhere”を目指して

──まずインタビューに先立ち,OpenSocial誕生の経緯とこれまでの流れについて,大まかに説明していただきましょう。

Boyd:

OpenSocialは2007年11月に立ち上がりました。そのころのSNSを含むソーシャルサイト─現状もそうですが─は,それぞれ孤立した(isolate)状態になっています。ソーシャルサイトがそれぞれ独自のプラットフォームを用意して,アプリケーションを作ることができるようになっているものの,それぞれは別々のAPIやデータセットをもっていて,そのサービスでのプロプライエタリなアプリケーションしか作ることができないのが問題です。共通のデータセットやプラットフォームを用意し,デベロッパはそれを使えばどのSNSやサービスにも適応できるほうが良いでしょう。1つ1つのソーシャルサイトのために新しいアプリケーションを書き直すのは,賢いやり方でありません。

Boyd氏がスライドで示した「オンラインコミュニティマップ」。これら孤立した島をつなぐのがOpenSocialです。

Boyd氏がスライドで示した「オンラインコミュニティマップ」。これら孤立した島をつなぐのがOpenSocialです。

OpenSocialはこれらを標準化するための技術で,JavaScriptとHTMLをベースに異なるソーシャルサービスに対して共通したアクセスを実現します。やりとりできるAPIとして「Friends(友達リスト)」「Profiles(プロフィール)」「Activities(行動履歴)」の3つがあります。理想的には「Write once, Deploy everywhere」(一度書けば,どこでも展開できる)となるものですが,現実にはまだ問題があるため「Learn once, Write application for anywhere」(一度学べば,どこ向けのアプリでも開発できる)といったところです。

SNSの最もよくある使い方は,友人同士でコミュニケーションをとる,いわば「ひまつぶし」ですが,もうひとつの大きな流れにビジネス分野での活用があります。米国にLinkedInというビジネス系の有名なSNSがありますが,2008年10月からOpenSocialのサポートを始めました。その他のビジネス系のソーシャルサイトとも連携の可能性を探っており,現在ビジネスユースでの利用拡大を積極的に図っているところです。

現在OpenSocialは全世界の28のコンテナ(SNSサービスサイト)がサポートし,その上で7,000以上のアプリケーションが開発され,6億のユーザが使える環境にあります(これらの概要はOpenSocial Community Wikiでも見ることができます)。OpenSocialはこの11月に1年の誕生日を迎えましたが,考えてみてください。1年前にはサポートしているコンテナは当然ゼロ,アプリケーションもありませんでした。それが1年でこれだけの規模になっているのです。この急激な成長もOpenSocialの大きな特長であると言えます。

コメント

コメントの記入