レポート

ESEC2009-第12回 組込みシステム開発技術展 開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2009年5月13日(水)~15日(金)の3日間,東京ビッグサイトにおいて「組込みシステム開発技術展」(ESEC)が開催されました。第12回となる今年も不況をものともせず多数の出展社が集い,組込みシステム開発に必要なあらゆる製品を目にし,体験することができました。

また,例年いくつかのIT系展示会がこれに並行して開催されますが,今年は「情報セキュリティEXPO」「Web&モバイル マーケティング EXPO」など,実に9つのイベントが同時開催され,多くの来場者を集めました。

会場の模様

会場の模様

それでは,ESEC会場内の模様をお伝えしましょう。

グレープシステム

画像

いまやスマートフォンなどの携帯端末においても,ネットワークセキュリティの強化は大きな課題です。グレープシステムでは,モバイル機器をネットワーク経由のあらゆる攻撃から防御するソリューションMocana NanoDefenderが展示されていました。同製品は,組込み機器内のアプリケーション動作中のファンクションフローに着目し,正常動作時のシステムコールなどの手順から外れた動作が検知されるとアクセスがシャットダウンされるというもの。攻撃パターンファイルのような更新が必要な大きなデータベースを持つ必要がないため,組込みシステムに向いており,未知の攻撃パターンにも対応できる点が優れています。対応OSはLinux,BSD,VxWorks,そしてAndroidにも対応の予定です。

NanoDefenderが作動し, アプリケーションがシャットダウンされたところ(NokiaのLinuxスマートフォン)

NanoDefenderが作動し, アプリケーションがシャットダウンされたところ(NokiaのLinuxスマートフォン)

日立ソフトウェアエンジニアリング

大規模な組込み開発プロジェクトでは,1企業の枠を超えて多くの組織が関わるケースも珍しくありません。また,オフショアなど国境を超えた開発も今後ますます増えていくと思われます。このような場合に煩雑なのは,複数の開発拠点での環境を揃える必要がある点です。また開発拠点が分散すると,開発コード漏洩などのリスクも増大します。

日立ソフトウェアエンジニアリングのブースで参考出品されていた「Secure Online for Embedded」は,こうした分散環境での開発を支援するASPサービス。開発環境やコードなどのリソースをすべて同社の管理するサーバ内にセットアップし,各開発拠点からSSL-VPNでつながった専用クライアントソフトを使ってアクセスすることで,個々の環境構築の必要がなくなります。ソフトウェアのビルドなどもサーバ内で行うので,シンクライアントからの利用も可能。クライアント内にはデータが残らないので,開発情報の漏洩も防止することができます。これまで組込み開発向けには提供されていませんでしたが、ICEなどを接続した実機デバッグに対応し、組込み向け開発環境でも利用可能となるそうです。

日立ソフトにあるサーバと通信しながらのデモ。「これまでの開発環境を一戸建ての家とすると,このシステムは家具付きウィークリーマンションのようなもの」とのこと。

日立ソフトにあるサーバと通信しながらのデモ。「これまでの開発環境を一戸建ての家とすると,このシステムは家具付きウィークリーマンションのようなもの」とのこと。

コメント

コメントの記入