レポート

「検索の進化がユーザを進化させ,ネットを進化させる」Google副社長Marissa Mayer氏プレスミーティング

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Marissa Mayer(マリッサ・メイヤー)氏はGoogleの創設メンバーで,現在は検索プロダクツとユーザエクスペリエンス担当の副社長を務めています。Googleの基幹部門を統括するキーパーソンと言える人物です。毎年のように来日して今回のようなプレス向けの説明会を行っていますが,今年も報道陣を前にGoogle検索の今,そしてこれからについて語りました。

「昨日は秋葉原を回り,今朝は早起きして築地市場に行って競りを見たあと大トロを食べてきました」と,すでに日本を満喫しているMerissaさん。

「昨日は秋葉原を回り,今朝は早起きして築地市場に行って競りを見たあと大トロを食べてきました」と,すでに日本を満喫しているMerissaさん。

Webは巨大化しているだけではなく,よりリッチになっている

まずGoogleがページランク方式の検索エンジンによるサービスを開始してから,Webのコンテンツが多様になり,リンクも複雑化してきたと述べ,たとえばここ3年をとってみても,YouTubeなどのビデオコンテンツや写真,ブログコンテンツといった一般ユーザによりアップロードされたデータが15倍に増えたと指摘。このことはGoogleの検索データからも見て取ることができ,最近の検索結果の約20%は過去3ヵ月に現れたことのないデータであるとのこと。またWebサイトのクロール結果を見ても、15~20%のコンテンツは新しくなっているというデータも示しました。

これら新しいデータを検索し,ユーザに結果を見せる際には見せ方も重要です。それについてのGoogleのひとつが「Universal Search」です。4年ほど前からアプローチを始め,現在では9~15%の検索クエリについて,ビデオ,画像,地図データなどを複合した検索結果を表示できるようになったとのこと。

「検索そのものがネットの今後の方向性をさぐる鍵となる」と熱く語ります。

「検索そのものがネットの今後の方向性をさぐる鍵となる」と熱く語ります。

そしてこれからの課題の一つとして「オフラインコンテンツ」を挙げます。ネット上にアップされていないデータをどのようにサーチするか,これに対するGoogleのアプローチにブック検索Scholar Searchがあります。図書館にあるものをスキャンしてGoogleのScholarサイトに登録することで,これまでたどり着けなかった学術情報がオンライン化,デジタル化され,これにより時間,空間を超えた情報へのアクセスが可能になったと言います。

また先週リリースされたfusion tablesと呼ばれる実験的なプロジェクトは,世界中の科学者が研究データを集め,相関させて,これを誰でも利用できるようにしたものです。

fusion tablesを使って,乳児の死亡率を国別にまとめたデータ,マラリヤの感染率,そして飲み水の品質のデータ,これらを合わせて相関させて新たなテーブルを作成した例。
サブウィンドウで開いているのは「コードスミペット」というもので,これをコピーして自分Webなどに貼り付けることで,fusion tablesのデータをさらにシェアすることができます。

fusion tablesを使って,乳児の死亡率を国別にまとめたデータ,マラリヤの感染率,そして飲み水の品質のデータ,これらを合わせて相関させて新たなテーブルを作成した例。サブウィンドウで開いているのは「コードスミペット」というもので,これをコピーして自分Webなどに貼り付けることで,fusion tablesのデータをさらにシェアすることができます。

ユーザ参加で作り上げていくコンテンツ

これからのWeb,そして検索システムの進化については「ユーザの貢献」が重要な鍵となると言います。たとえば,YouTubeでは今1分間に20時間ぶんのビデオがユーザによりアップロードされており,また画像シェアサイトPicasaでは毎分4800枚の写真がアップされています。このようにコンテンツはものすごいスピードでシェアされつつあります。さらに,最近はじめたGoogle Map Makerでは,これまでどの地図製作会社も作っていなかった土地の地図を,ユーザがどんどん描いているそうです。現在では1日6000件もの編集投稿が入るようになったとのこと。

コメント

コメントの記入