レポート

Webとリアルの可能性が見えた1日―第13回RIAコンソーシアム・ビジネスセミナー開催(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2009年8月6日,RIAコンソーシアム主催のセミナー「第13回RIAコンソーシアム・ビジネスセミナー~明日のWebデザインへのヒント!~」が開催された。RIAコンソーシアムは,Rich Internet/Interactive Applicationを対象に,システム開発,デザインといった開発・制作側,またそれを利用する企業側など,業種を超えた企業の参画により,RIAの基盤技術の標準化やさまざまなビジネスへのRIAの活用を推進することを目的とする団体。

今回は,ここ数年とくに注目が集まっているWebとリアルの連携,Webの外部領域まで含めたクリエイティブに着目し,実際にRIAの可能性が広がっていることを検証し,話し合うことを目的に開催された。

セミナー開催にあたって挨拶をするRIAコンソーシアム会長,大日本印刷株式会社C&I事業部事業部長 西島寛治氏

セミナー開催にあたって挨拶をするRIAコンソーシアム会長,大日本印刷株式会社

ワンパク“リアル”“ネット”の融合が生み出す相乗効果を目指す

最初のスピーカーは,gihyo.jpの連載でもおなじみ,株式会社ワンパク代表取締役クリエイティブディレクター 阿部淳也氏と,テクニカルディレクター 野村政行氏。

まず,阿部氏からワンパクという企業について「ワンパクはただサイトを作ることを目的とした会社ではなく,ユーザとのコミュニケーションを実現する場を創り出すことを目的とした,コミュニケーションデザインの会社です」と紹介された。そして「つねにリアルネットの融合が生み出す相乗効果を目指している」と述べ,その事例の1つとして,2009年年初の新春企画「Are You Hot ?」が紹介された。

クリエイティブかつ消費されないものにする上で,ネットとリアルの融合の強さについて,事例とともに説明する阿部氏

クリエイティブかつ消費されないものにする上で,ネットとリアルの融合の強さについて,事例とともに説明する阿部氏

Are You Hot ?は,フロントエンドにFlash,バックエンドにBlazeDSなどの技術を利用し,デバイスにGainerを利用して開発された運試しサイトで,ユーザはブラウザ越しに実際にガラガラくじを引くことができる(詳しくは,gihyo.jpの記事を参照)。

まず,開発にあたって工夫した点などについて,野村氏が解説し「フィジカルが持っている強み」について,Gainerの特徴とともに紹介した。また,開発の裏話として,ちょっとした角度の調整や,カメラで認識するときの光の加減など,開発者ならではの苦労についても話された。

野村氏はAre You Hot?のシステム概論や,そのカギの1つGainerに関する解説をした他,フィジカルコンピューティングを取り巻く技術について最新動向を紹介した

野村氏はAre You Hotのシステム概論や,そのカギの1つGainerに関する解説をした他,フィジカルコンピューティングを取り巻く技術について最新動向を紹介した

最後にワンパクのまとめとして,ネットとリアルの融合のメリットとして,

  • クリエイティブの幅が広がる
  • 消費されないものをつくりたい
  • フィジカルを駆使した体験の強さ

を挙げた一方で,課題として,

  • 人材
  • 時間
  • 運用
  • リスク

の4点をクリアにすべきという押さえどころについて述べられた。とくに運用部分については,実際の経験に基づいて話され,説得力があった。

その他,今後のワンパクの展開として,Gainerとタッチパネルディスプレイ,Flickr,Eye-Fiを組み合わせた「PHOTOGAKI」による展開や,大日本印刷と共同で取り組むインスタレーション制作プロジェクト「DNPAC(ドンパク)」,Amadanaから独立したWyzartメンバー,大阪ロボットラボラトリーの2社とのコラボレーションしたクリスマス企画などが予定されていることが発表された。

コメント

コメントの記入