レポート

「TeXユーザの集い2009」参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

去る8月29日に東京大学生産技術研究所で開催された「TeXユーザの集い2009」告知ページに参加いたしました。この集会では,「TeX」および関連ソフトウェアなどの開発・普及に務めてこられた方々(大島氏,奥村氏,中野氏,藤田氏(五十音順・以下同)など),次代のTeX界を担っていくと思われる方々(田中氏,土村氏,山本氏など)の様々なお話がおうかがいできました。また,業務でTeXを用いている方を含む多くのTeXユーザが一堂に会し,直接言葉を交わすことができた点も有意義でした。以下,各講演を簡単に紹介いたします。

開会の辞

最初に,実行委員長の奥村晴彦氏(三重大)による開会の挨拶がありました写真1)。実は,日本では現在「(日本)TeXユーザーズ・グループ」は活動していないといった事情により,TeXユーザの情報交換・交流などを行う集会は定期的には開催されていませんでした(実際,国内での(大規模な)TeXユーザの集会というのは2001年以来のことのようです)。一方,世界ではTeXユーザーズ・グループ(TUG)が継続的に活動を行っているほか,昨年には「Asian TeX Conference 2008」が開催されたといったこともあり,国内外での温度差が大きいように感じられました。

写真1 奥村晴彦氏の挨拶

写真1 奥村晴彦氏の挨拶

TeX挿図用CASパッケージKETpicの開発と今後

最初の講演では,高遠節夫氏(東邦大)によって,数式処理システム(CAS)を用いて(ときとして数学的な)図をTeX文書で利用できるデータとして作成するツールである「KETpic」の紹介が行われました写真2)。KETpicは,図そのものを描くために用いる各種の計算(個々の点の座標の割り出し,陰線処理など)を数式処理システムで行う一方,その計算結果をTpicコマンド(多くのdviドライバがサポートする描画指示コマンド)に変換したものを出力します。KETpicはさまざまな数式処理システム(Maple,Mathematicaなど)に対応する一方,出力結果は用いた数式処理システムに依存しないものとなっているそうです。

写真2 高遠節夫氏

写真2 高遠節夫氏

TeX描画のためのCASマクロパッケージKETpic用GUIの開発

中村泰之氏(名古屋大)により,KETpicをGUIで利用するツール(Maplet for KETpic,MapletはMapleのGUIライブラリ)が紹介されました。Maplet for KETpicでは「個々のグラフの線種や座標軸などに関する各種の設定」といったコマンド指定では手間のかかる操作が容易にできるように工夫されています写真3)。プロットデータの書き出し・読み込みも可能であったり,日本語・英語・韓国語に対応していることなどにより,図版データの共有(および複数人による編集)に役立つことも期待できます。なお,現時点ではKETpicの機能のうち2次元グラフの描画のみがサポートされていて,3次元グラフの描画などの機能への対応は今後の課題とのことです。

写真3 中村泰之氏

写真3 中村泰之氏

独自数式入力システムの開発とTeXのWebアプリケーション化

町野明徳氏(東大)により,Webブラウザ上での数式入力システム(Suim)が紹介されました写真4)。従来,Web上で数式を扱うには「(ときとしてTeX風な)テキスト表記」を用いたり「画像化したものを表示」したりしています。しかし,前者は(難しくはないものの)多少の学習が必要であり,後者には「画像であるために検索などの処理ができない」という問題があります。一方,今回紹介されたSuimを用いると,「int sin x / root x dx」のようなシンプルな記述からそれに対応する数式を(MathML経由で)生成・表示できるようになっています。また,「int」「sekibun」のどちらでも積分記号を表せるという具合に,表記の多様性も考慮されています。ただし,「通常の変数」(ただのイタリックで表記)「ベクトル」(ボールド・イタリックなどで表記)との区別といった数式表記の細かい点をどう扱うかについては今後検討がなされるようです。

写真4 町野明徳氏

写真4 町野明徳氏

著者プロフィール

吉永徹美(よしながてつみ)

1970年生。大学院在学中より,主にTeXのマクロ作成に関するユーザ支援・啓蒙に取り組む.2000年より(株)プレインにて各種書籍・学術雑誌用のLaTeXのクラスファイルの構築を主とする業務に携わったのち,2002年にTeXコンサルタントとして独立。それ以来,書籍・学術雑誌等のTeX組版に継続的に関わる一方,LaTeXに関する解説書などを執筆している。著書に『LaTeX2ε マクロ&クラス プログラミング実践解説』(技術評論社),『独習 LaTeX2ε』(翔泳社),『LaTeX2ε辞典』(翔泳社)がある。

コメント

コメントの記入