レポート

第1回Webエンジニアバトルロワイヤルレポート―注目Webエンジニア,クリエイター達が「Webサービスとものづくり」について語った熱い夜

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

10月9日,株式会社技術評論社,クックパッド株式会社主催のイベント「第1回Webエンジニアバトルロワイヤル」が開催された。

第1回Webエンジニアバトルロワイヤル公式サイト

http://gihyo.jp/event/2009/webbr01

開催の経緯と狙い

今回のイベントは,「創る心とおもてなし―第1回Webエンジニア料理対決」に続く,クックパッド×技術評論社コラボレーション第二弾となるもの。

前回同様,たくさんのユーザを獲得しているWebサービスにフォーカスを当てている。注目されるWebサービスというのはどれも「独自性」を持っているものだが,それらを生み出すのは開発者自身の「楽しむ心」と「発想力(アイデア)」によるところが大きい。

加えて,アイデアが出た後にそれらを形にするための「実装力」や「技術力」は欠かせない要素である。今回のイベントは,この「実装力」「技術力」の部分を重要視し,参加者全員によるLT大会,さらに形にあるサービス限定という形で開催された。

イベント開催にあたっての挨拶をする,クックパッド株式会社最高技術責任者橋本健太氏。

イベント開催にあたっての挨拶をする,クックパッド株式会社最高技術責任者橋本健太氏。

イベント全体の司会を務めた株式会社技術評論社馮富久(右)と,クックパッド株式会社鷲見美緒氏(左)。

イベント全体の司会を務めた株式会社技術評論社馮富久(右)と,クックパッド株式会社鷲見美緒氏(左)。

ネギ振り,スイカ割り,ピアノ演奏!?バラエティに富んだLT大会

ここから写真とともに発表されたLTの様子についてレポートする。

Open Your Libido 株式会社ミクシィ 井上恭輔氏

トップバッターを務めたのは,日本最大のSNS「mixi」を運営する株式会社ミクシィより,井上恭輔氏が「Open Your Libido」と題したLTを行った。このタイトルを訳すと「欲望を開放せよ」となり,これは井上氏が先輩エンジニアから受けた言葉を引用したものとのこと。その言葉の通り,とても勢いのある,かつ本音を出したプレゼンテーションとなった。

井上氏が取り上げたのは,2009年8月に公開され,着実にユーザ数を伸ばしているmixiアプリについて。中でも,同氏が開発した「ネギ振りカウンタ」は予想を上回るユーザを獲得し,当初自前のサーバで運用していたアプリがすぐにダウンしてしまった,想定以上のアクセスにより一旦公開を中止したなどの裏話を聞くことができた。

ちなみに,発表時点で利用者数6万2,645人,累計ネギ振り回数6,770万振り超という数字を残している。

「ただ,誰よりも早くmixi上でネギを振りたかった」と,熱く語る井上恭輔氏。

「ただ,誰よりも早くmixi上でネギを振りたかった」と,熱く語る井上恭輔氏。

開始当初,mixiアプリのトップランキングにまで登場するほどの注目アプリとなった。

開始当初,mixiアプリのトップランキングにまで登場するほどの注目アプリとなった。

SUICUP2009 東京スイカ研究会(株式会社ワンパク,株式会社レベルQ)

ネギの次はスイカの登場。株式会社ワンパクおよび株式会社レベルQの二社の有志が集まってできた「東京スイカ研究会」のこの夏の取り組み「SUICUP2009」について発表された。プレゼンターを務めたのは株式会社ワンパク代表取締役 阿部淳也氏。

全員,東京スイカ研究会の正装白衣を着ての登場。

全員,東京スイカ研究会の正装白衣を着ての登場。

「そもそもスイカが好き」というところから始まったこのプロジェクトは,「スイカはコミュニケーションツールになり得る」という考察が導き出され,それをさらに進めて「Webカメラを利用したネットスイカ割り」にまで発展した。具体的には,Webブラウザ上のボタンをコントローラとして水着モデルの女性を音声で遠隔操作して,ブラウザ越しにスイカ割りを行うというオンラインスイカ割り。技術として,BlazeDSやFlashを活用しながら,ネットとリアルの融合を実現したサービスとなっている。実際にサービスが稼働していたのは3日間だけではあったものの,7,000ユニークユーザを獲得したそうだ。

詳細については東京スイカ研究会のブログに公開されている。

オンラインスイカ割りのイメージ。左はブラウザ越しにスイカ割りを見ている様子,また,スイカ割りをする時間以外にもモデルの方がメッセージを送るなど,さまざまなコミュニケーションを取っていた。

オンラインスイカ割りのイメージ。左はブラウザ越しにスイカ割りを見ている様子,また,スイカ割りをする時間以外にもモデルの方がメッセージを送るなど,さまざまなコミュニケーションを取っていた。

遠隔操作には,BlazeDSやFlashなどの技術を活用し,それを音声に変換してブラウザ越しにリアルタイムスイカ割りを実現した。

画像

コメント

コメントの記入