レポート

「Web Directions East 2009」レポート(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

2009年11月11日から13日の3日間,ベルサール九段にて,Web Directions East 2009が開催された。2008年より2度目の開催となる今回は,"Webとビジネスを繋げる発想と創造"とテーマに,世界屈指のWEBエキスパートを招聘した。

本レポートでは2回にわたって,13日に行われたカンファレンスの様子をお伝えする。今回は,その前編。

写真1 Web Directions East 2009が開催された

画像

Note:
Twitterの本イベント用のハッシュタグ#wde09で,当日の模様を振りかえることができる。

オーペニングキーノート:
Googleの裏舞台 making waves(キャメロン・アダムス氏)

オーペニングキーノートでは,Google社のインターフェイスデザイナー,キャメロン・アダムス氏が登壇。5月28日に発表され,まったく新しいメッセージング・及びコラボレーションのためのプラットフォームとして話題になったGoogle Waveについて,"Googleの裏舞台 making waves "と題し発表した。

写真2 Google Wavesを紹介する,キャメロン・アダムス氏

画像

Google Waveは,Webアプリケーションとしてブラウザをクライアントとするリアルタイム・コミュニケーションツールであるが,氏によれば,Google WaveはCENTRALISED(中央集約)⁠DOCUMENTS(ドキュメント)⁠DISCUSSION(ディスカッション)の3つを連携させたものだと語る。これら3つを合わせたものは,既存のアプリケーションでも存在した。しかし、Google Waveのユニークなところは,それらをシームレスに連携・混合させている点だ。

例えば既存のメールやチャット,IMによる複数人数によるミーティングの場合,クライアントの違いや,添付ファイルの扱い(ドキュメントや画像)に差異があり,それぞれが個別に用意しているアプリケーションに頼らざるを得なかった。また,メッセージを投げ合うだけでは,後にドキュメントとして纏めるという作業が発生してしまい,非常に効率が悪い。これらに対応するために,Google Waveでは,中央集約されたWaveオブジェクトをユーザーが共有し,リファレンス(参照)することで解決した。リアルタイムで更新され,常に変更履歴が残るため,後に参加してきたユーザーが,ドキュメントの作成開始までさかのぼることができるのだ。そして,ドキュメントやデータの閲覧は,Waveクライアントで完結し,他のアプリケーションを介す必要はなく,流れるようにミーティングを進めることができる。

写真3 Google Waveの概念を説明

画像

innovation(革新)とは,むしろawesomeness(畏怖)であるとキャメロン氏は語る。そして革新はethucal production(論理的)⁠insanely great(凄い)⁠love(愛)⁠thick value(価値)の4つによって成立するとしている。論理的で誰もが驚き愛される価値のある製品。それは文字通り革新的な製品であり,人々は畏怖の念を感じるのだろう。

だが,innovationを起こすのは,そう簡単にいくことではない。しかし創設当初から,さまざまな革新を起こし,私たちに一種の畏怖の念を抱かせてきたGoogleは,どのようにしてそれを実現してきたのだろうか。

氏によれば,革新を起こすためにはidea(アイデア)が不可欠であり,Googleは自然発生的に,社員がideaを生み出すという。そしてそれを大切にし,玉石混合ながらも全てを聞き,よくディスカッションする。それは一種理念であり,社風であるそうだ。そうして生まれたideaは,必要であれば育てることになる。

Googleでは20%の時間を,自由な時間に割り当てるempower(権利委譲)を行っていることで有名だ。そうした時間にideaの種を蒔き,多くの社員とディスカッションする。それが本当に良いとされれば,自然に参加者が増えるというわけだ。そして,そのidiaが製品開発として動き出したときには,リーダーとしての立場と報酬を受ける権利を与えられる。これは一見成果主義のように思えるが,権利であって義務ではない。義務感からではなく,権利から生まれる自分が欲しいもの,自分が良いと思う物に対する情熱が,種に水を蒔くことになるのだろう。

しかし,革新ということは誰もやってないことであり,リスクがつきまとう。そうしたとき,Googleでは小さなサービスで小さなリスクを選ぶアプローチを採っている。小さなものを作り,種が芽吹いて成功したら育てていく。一歩ずつ進み,いつでも撤退できるようにすることが,最小限のリスクで最大限のサービスを最終的に実現させるためにしていることだとキャメロン氏は語る。

Google Waveには,使いやすさと効率性を向上させるためのテクニックが随所に見えるが,そのテクニックをデザイナーが生み出すための鍵はパターンであるという。建築や工業から活かされている物も多く,パターンを増やせばそれだけ幅が広がるとしている。たとえば,メールアドレスのインプットエリアはラベルが付いており,メールアドアドレスを入力すればよいということがユーザーは理解している。このパターンを当てはめたのが,あまりにも有名なGoogleの検索エリアだ。

キャメロン氏は,デザインパターンをdiscoverability(見つけやすさ)とefficiency(効率性)の2軸のグラフとして表現し,検証と評価ができると紹介。グラフのどこに点をおくかはアプリケーションで異なり,それによって当てはまるパターンも異なると解説した。

写真4 discoverabilityとefficiencyの2軸をもったグラフとして,デザインパターンを検証できる。緑の領域に入った,デザインパターンがよいパターンと説明

画像

氏は「Google Waveは一枚岩で,100パーセントユーザーが気に入るとはいえないだろう。まずは試してもらうしか無い。新しいツールになれるまで,ユーザーは6~7ヶ月ほどかかる。はじめから新しく,凄いものを作る必要はない。最初は中くらいでいい。リリースしてみなければわからないし,そのフィードバックはいつ帰ってくるかわからない。試してもらって,最終的に成長した物が良いものになればいい」と語る。Googleのサービスは、常に成長し続けてきた。リリースとは終わりではなく、むしろはじまりなのだろう。

このセッションでは,Google Waveを通して,Googleがなぜinnovationを幾度となく実現させ,世界にawesomenessされるのかを垣間見るものとなった。

キャメロン氏は最後に「種を蒔こう。最初は小さいものから,それがどれくらい成長するかみてみよう。批判されるかもしれないが,リスクも小さい」と結んだ。この言葉を,あなたはどう感じただろうか。

写真5 Sth Godin氏の文章を引用し,批判されるリスクについて語られた

画像

Note:
本セッションの資料は,slideshareのサイトにアップされている。

著者プロフィール

加茂雄亮(かもゆうすけ)

株式会社ロクナナにて,ActionScriptを伴うFlashコンテンツや,AjaxコンテンツなどRIA開発に従事するフロントエンドエンジニア。テクニカルライターとしての一面を持ち,WEB・雑誌・書籍、媒体問わず執筆。また,イベントやセミナーでの講演など,精力的に活動している。

URLhttp://log.xingxx.com/
URLhttp://rokunana.com/

コメント

コメントの記入