レポート

ユーザを意識した WebマーケティングとWeb戦略

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

2009年10月20日,株式会社技術評論社主催「第2回戦略的Webマーケティングセミナー」が開催されました。今回は「ユーザの行動」にフォーカスし,顧客を最優先に考えたマーケティング施策に関するセッションが行われました。ここでは,その模様についてお届けします。

画像

特別講演

ユーザーの行動を見るために
~ウェブ解析によるウェブマーケティングのポイント

図1 特別講演を行った,オムニチュア株式会社コンサルタント 安西敬介氏

図1 特別講演を行った,オムニチュア株式会社コンサルタント 安西敬介氏

検索キーワードに注目!

「第2回 戦略的Webマーケティングセミナー」のトップは, オムニチュア株式会社コンサルタントの安西敬介氏(オムニチュア)による基調講演,⁠ユーザーの行動を見るために~ウェブ解析によるウェブマーケティングのポイント~」です。Web解析ツールの機能が着々と強化され,アクセスログ以外の多様な分析が可能になりつつある中で,ユーザの行動を理解するための多様なアプローチが紹介されました。

まず最初に安西氏がその冒頭で強調したのは,Webサイト内でのユーザの行動を一歩引いた視点で捉えることの大切さです。どういった手段で顧客がWebサイトを訪れ,どういう順にページを移動しているのか。アクセスごとにそれらを把握しようとすれば,必然的に膨大な手間と労力が必要となります。そこで,アクセスの遷移を総合的に捉え,対策を講じるべき課題を洗い出すことが分析の狙いになるわけです。

その実践に向け,安西氏が提示した分析手法の1つが,企業内検索に着目したものです。

どの検索キーワードがどれほどの頻度で利用され,検索結果が表示されない,いわゆるゼロ検索のどれほど発生しているのか。それらの分析が,顧客の潜在的なニーズや,機会ロスの発生率など可視化につながると安西氏は説明しました。さらに,各種の検索キーワードを独自に分析することで,独自の改善策を実施することも可能になることを強調します。

続いて安西氏は,リファラ情報を活用したアクセス解析手法について説明しました。これは,サイトにアクセスした動機をアクセス元から探るアプローチです。この手法の弱点は,メールやRSS,Twitterからのアクセスは,リファラ情報を取得できないことです。ただし,その場合でも,⁠リンク元のURLに独自のパラメータを付与しておくことで,メディアを問わずアクセス元を判別することが可能」と安西氏。さらに一歩踏み込み,バナーなどにパラメータを個別に設定することで,各種キャンペーンの効果測定などにも活用する方法も紹介されました。

このほか,ユーザのセグメンテーション方法などについても説明。最後に「行動は言葉よりも多くのことを語る」と述べ,多角的な行動ベースの分析がWebサイトの高度化に欠かせないと語り,基調講演を締めくくりました。

セッション1

注目度No.1!ベンダー調査で最高評価を獲得したオラクルCMSの実力とは

日本オラクル株式会社 FM統括本部 担当シニアマネージャー 渡邊紳二氏

日本オラクル株式会社 FM統括本部 担当シニアマネージャー 渡邊紳二氏

時代はCMSからECMへ

基調講演に続くセッションは,⁠注目度No.1!ベンダー調査で最高評価を獲得したオラクルCMSの実力とは」をテーマに, 日本オラクル株式会社FM事業統括本部担当シニアマネージャー・渡邊紳二氏からお話をいただきました。 渡邊氏によると,現在,米国を中心にWebコンテンツのみならず,社内のあらゆるデータを一元的に管理するエンタープライズ・コンテンツ管理(ECM)製品の普及が急速に高まっているとのこと。多くの企業には,⁠Webコンテンツを一元管理するだけではコストメリットがなかなか得にくい」⁠⁠文書管理システムやデジタルアセット管理システム,CMSなどが並存してしまい,社内に同じ情報が散在してしまう」⁠⁠ECサイトをCMSに対応させることは技術的に困難」といった課題があり,それを解決できることがECMに注目が集まっている理由だと説明します。

日本オラクルではECM製品として「Oracle Universal Content Management(Content Management)⁠を提供。その大きな特徴に挙げられるのが操作性の高さです。一般的にコンテンツの登録はテンプレートを利用して行われることが多いものの,そのためにツールの操作を修得する手間が利用者に求められていました。

一方Oracle Universal Content ManagementではWordやPowerPointから直接登録することが可能。独自の変換技術を用いることで,タグの制御やスタイルシートへの適用も可能な他,フォントやサイズもWordなどで自由に設定することができます。また,渡邊氏は「コンテンツに変更を加えた際には,PDFが自動的に生成されることも大きなメリットです」とも。PDFでの履歴管理により監査証跡を残せる仕組みを整えることで,コンテンツの改ざん防止のみならず法制面への対応も図れるわけです。

Webコンテンツ管理とデジタルコンテンツ管理,文書管理のためのスイート製品と位置づけられるContent Management。セッションの最後にはそのデモンストレーションが実施され,多くの参加者が興味深く見入っていました。

著者プロフィール

川添貴生(かわぞえたかお)

株式会社インサイトイメージ代表取締役。企業サイトの構築及び運用支援のほか、エンタープライズ領域を中心に執筆活動を展開している。

メール:mail@insightimage.jp

コメント

コメントの記入