レポート

「サイトプリント&e-BOOK」「サントリーウェブサイト」「サントリー天然水の森」の3サイトがベストグランプリを受賞―第3回企業ウェブ・グランプリ決定

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

2009年12月8日,サントリーホール(六本木/東京)にて,第3回企業ウェブ・グランプリ選考・授賞式が開催された。

会場となったサントリーホール。

会場となったサントリーホール。

視界を務めた花王株式会社 本間氏(左)と貝印株式会社 遠藤氏(右)⁠

視界を務めた花王株式会社 本間氏(左)と貝印株式会社 遠藤氏(右)。

同コンテストは,企業サイトにフォーカスしたWebサイトの表彰式で,参加企業のWeb担当者・関係者たちによる投票により,全12部門のグランプリが決定するというもの。第3回となる今回は,40社102サイトのエントリがあり,第一次審査にて63サイトがノミネートされた。

開催にあたり挨拶を述べる,グーグル株式会社名誉会長 村上憲郎氏。

開催にあたり挨拶を述べる,グーグル株式会社名誉会長 村上憲郎氏。

これまでの開催,第3回のエントリおよびノミネートサイトに関してコメントした慶應義塾大学教授 中村修氏。

これまでの開催,第3回のエントリおよびノミネートサイトに関してコメントした慶應義塾大学教授 中村修氏。

ベスト・グランプリには3サイトが選出!

今回,ベスト・グランプリには

サイトプリント&e-BOOK(三菱電機株式会社)
サントリーウェブサイト(サントリーホールディングス株式会社)
サントリー天然水の森(サントリーホールディングス株式会社)

の3サイトが選出された。

三菱電機株式会社受賞メンバー。

三菱電機株式会社受賞メンバー。

サントリーホールディングス株式会社受賞メンバー。

サントリーホールディングス株式会社受賞メンバー。

選出方法は,従来と同じくエントリした企業の中から投票権を持っている担当者が会場にてその場で投票するスタイルに加えて,今回からインターネットを通じた投票を受け付けるスタイルとなった。

投票権のある参加者が壇上に上がり,その場で投票を行った。

投票権のある参加者が壇上に上がり,その場で投票を行った。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入