レポート

「WACATE 2009 冬」レポート─魔法のテスティングワークショップWACATEの秘密を探る

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

読者の皆様はじめまして,WACATE常連の永田です。昨年(2009年)年末に開催された「WACATE2009 冬」にてベストポジションペーパー賞をいただいたことがきっかけで,この場をいただけることになりました。参加者として見たWACATEの魅力を「WACATE2009 冬」⁠2009年12月12日~13日,於:マホロバ・マインズ)⁠ のレポートにのせて紹介したいと思います。どうぞよろしくおつき合いください。

図1 ⁠WACATE2009 冬」のポジションペーパー賞を受賞!

図1 「WACATE2009 冬」のポジションペーパー賞を受賞!

写真・資料提供協力 WACATE実行委員会

WACATE(Workshop for Accelerating CApable Testing Engineers)はソフトウェアテストをメインテーマとしたワークショップで,一度参加すると病みつきになります。教育,研修という観点から大変優れた内容をもち,参加者に強い気づきを与えることにより,毎回,魔法のような時間を過ごすことができます。毎回自分が変わっていく実感を味わえるのです。ソフトウェアテストという共通の学習対象に向かって,20代のまさに若手からベテランまでが一緒になって学び,議論し,刺激しあい,それぞれ気づきとモチベーションを持ち帰ることができます。なぜそのようなことができるのか,今回は,あるトピックに焦点を当ててその秘密を考えてみましょう。

WACATEには「冬」「夏」があります。冬は,技法からチームビルディングまでいろいろな種類の話題を座学とワークショップを組み合わせて行います。夏は,あるテーマに絞ってそれを徹底的に勉強していきます。それぞれテーマを持っていて,今回の「2009 冬」は,⁠基礎,覚えていますか⁠がテーマでした。大変楽しみにしていたのですが,予想以上に広い話題に渡っていながら,そのメッセージは強力でした。その中でも(私が思うに)メインとなるのが2日目の午前中のセッションです。WACATEでは2日間をグループ単位で行動しますが,2日目となるとだいぶチームビルディングが成されているころです。この状態で,2日目の午前中いっぱいを使ってグループ演習を行います。今回はWACATE実行委員の原さんが行う⁠メトリクスのWHYを考えよう⁠という内容でした(演習の概要については「WACATE 2009 冬 プログラム内容」をご覧ください)⁠

1.メトリクスの本質を学ぶ

これはすごいお題です。テストの基本というテーマにおいてのメインイベントがメトリクスの本質というのは,さすがWACATEです。テストは品質を評価,つまり測定するわけですが,それを表現するにはメトリクスを使わなければなりません。テスト技法で来るかと思いきや,メトリクスを話題にするとは,まさにテストの本質をついてます。その本質を学ぶというのですから,これはすごいお題なのです。しかもやってみると内容は恐ろしく奥深いものでした。

図2 メトリクスセッション

図2 メトリクスセッション

2. [演習1]メトリクス測定結果を洞察・分析・評価する。

さっそく演習に突入します。巧みにガイドされ,段階的に体感させて学習する方法です。

まず,ガイドが始まります。あるシステムのプロジェクトで単体システム終盤でトラブルが発生,あなたはそこに呼び出されました。そこで見せられたのは,全ソースコードの「コメント率」を表したものです。コメント率なんて初めて見る人たちばかりです。表の軸の単位などを一通りされたあと,そこで質問されます。このグラフから,⁠推察されること」⁠⁠発生している開発現状」⁠⁠当プロジェクトの問題点」⁠⁠推奨・必須アクションプラン」をチームで検討して記入しなさい。見たこともないグラフ1枚を分析し,そこで起こっている現状を推定,さらにその問題点を推定し,そのアクションプランを述べよという,結構ハードな問題です。

起こっている状況や問題点を読み取る,つまりメトリクスの解釈は非常に大切なことです。実際,評価報告書ではメトリクスは取ってグラフにしたのを張り付けているだけで,その解釈,考察,問題点,対策などがまったく書かれていないものがあったりします。これはよい訓練ですね。実践で使う問題分析作業のパターンですが,うまくリーダを決め,タイムキーパー,書記など役割を決めて回していかないとまとまりません。眠気が一挙に吹っ飛びます。そして,ここでうまくガイドしてそれぞれの意見を引き出すと,なかなかいい意見を見ることができます。たとえば,⁠ここでコメントがこんなに多いのは,コードを修正するときに前に別の人が書いたコードを消さずにコメントアウトしたからだ⁠という意見が出てきました。そうだとすると,どんどんコードを見にくくし,レガシーコードを作っていくパターンと推定できます。

WACATEのよいところは,いろいろなドメイン,いろいろな立場の人が集まっていることです。そこから,自分の思ってもみない考えに出会うことができるのです。私がいたグループも,設計者の人もいれば,SQAの人もいます。エンタープライズ系の人もいれば,組込みの人もいます。もちろん最初はなかなかコメントが出てこないのですが,そこはWACATE経験者やベテランがガイド/フォローして,だんだんと議論が活発になっていきます。このエンジンの掛かり方が,WACATEでは大変早いのです。そこから,まるで化学反応のようにお互いが反応しあっておもしろい議論ができ,アイデアが生まれてきます。これがWACATEの醍醐味なのです。

図3 グループワークの様子

図3 グループワークの様子

図4 コメント率の分析例

図4 コメント率の分析例

3.[演習2]メトリクスは誰のものか

これは強力な問いです。メトリクスに限らず,何かを実行したとき,その結果によって誰が喜ぶのか。これを明確にすることは大変重要なことです。喜ぶ人がいないとか,喜んでもらおうと思っている人が喜ばなければ,つまりそれは効果がないこと,意味がないことになります。この問いに対する答えをうまく表現するのも意外に難しいことです。演習2は,自分がやっていることに効果があるのか,誰に影響を与えるのかを明確にするということで,現場で直面する大変現実的で重要な訓練です。

図5 メトリクスは誰のものか

図5 メトリクスは誰のものか

著者プロフィール

永田敦(ながたあつし)

WACATEは5回行われたうちの4回に参加。もとは組込みソフトのエンジニアだったが,2003年ごろからテストに興味を持ち始める。2005年にHAYST法を学び始め,JaSST’08 Tokyoでベストスピーカー賞を取る。今は社内でテストプロセス改善を中心とした活動を行っている。また,テストの静的手法としてドキュメントレビューに興味を持ち,Agile Inspection Leader, Agile Inspection Process Ownerの資格をTom Gilb氏から得る。

コメント

コメントの記入