レポート

デスクトップからWebへの流れを加速する─「Google DevFest 2010 Japan」開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

3月11日,Googleの開発者向けイベント「DevFest 2010 Japan」が開催された。

「DevFest」はいくつかあるGoogleの開発者向けイベントの一種で,これまでにインドやタイ,アルゼンチンなどで開催されている手作り感溢れるイベント。日本では初の開催となり,いくつかの実験的な試みが為されている。そのひとつが会場だ。メイン会場となる東京,ベルサール汐留とサテライトの京都リサーチパークをネットワーク中継で結び,両会場のコラボレーションを取りながら進められた。

場内に掲示されたセッションプログラムも筆書き!という手作り感

場内に掲示されたセッションプログラムも筆書き!という手作り感

参加資格は「クイズ正解者」

DevFestの最も特徴的な点が,その参加者選定方法にある。参加者応募期間中に応募サイトにて「DevFestクイズ」というプログラミングをテーマとしたクイズに回答し,その正答率の高い順に参加者を決定するというもの。単なる先着順や抽選と違い,かなりハードルの高い応募方法のため,主催者側も希望者がどのくらいいるのかまったく予測できなかったが,いざ蓋を開けてみると,クイズへの応募総数2113名/うち当選者461名という狭き門となった。当選者の平均点は46点満点中22点で,⁠実際にプログラムコードを書く問題に正解しないと,参加資格を得ることはできない結果となった」とのこと。

東京会場の様子。応募者の参加率も非常に高く,参加者の多いセッションでは壁際の床で「座り見」する人も現れるほど。

東京会場の様子。応募者の参加率も非常に高く,参加者の多いセッションでは壁際の床で「座り見」する人も現れるほど。

なおGoogleによると,今回の参加者選定は非常に貴重な経験となったとしながらも,クイズによる選定はあくまで試みの1つで,今後も参加者の意識,目的とイベント内容のマッチングをより最適化する方法を探っていきたいとのこと。

Chrome OS搭載マシンは年内に登場?

今回のDevFestは限られたセッション数ということもあり,セッションのテーマは「HTML5」⁠Google App Engine(GAE)によるクラウドの利用」⁠Android上の携帯アプリ作成」⁠OpenSocialによるソーシャルアプリ開発」といったGoogleの技術の中でも開発者からの注目度の高いトピックが選ばれ,各技術の中でも絞り込んだ内容のものが目立った。

このような構成に配慮し,DevFest冒頭の基調講演は,来場者に各技術を俯瞰して提示する内容となった。最初に壇上に立ったGoogle東京研究開発センター エンジニアリングディレクターのJoseph Ternasky(ジョセフ・ターナスキ)氏はまず,今回のセッションに選ばれたテーマの背景やDevFest全体の流れについて説明した。

なお,これも今回のDevFestの試みの1つだが,スピーカが英語の場合も一切通訳が行われなかった。ある程度のプログラミングスキルをもった開発者であれば,英語での説明はそれほど大きな障壁にはならないとの判断だが,これについても今後のイベントでさまざまな試行を重ねていきたいとしている。

基調講演を行うJoseph Ternasky氏。

基調講演を行うJoseph Ternasky氏。

基調講演の2人目は,Googleシニアエンジニアリングマネージャの及川卓也氏。Webが一般的に利用されるようになってから「Web 2.0」と呼ばれ,デスクトップに取って代わりアプリケーションプラットフォームや各種のフレームワークとしての役割を負う流れを概観し,その中でGAEなどのクラウド技術やHTML5などの表現や操作性に関する技術がどのような位置づけにあるかをあらためて示すものだった。

及川卓也氏

及川卓也氏

及川氏の話の中で,Googleの技術が実際に利用されている例が紹介された。

mixiクリスマスアプリケーション
GAE上に展開されたOpenSocialアプリケーション。2週間で100万以上のユーザ利用があった。
「エコポイント」サイト
複数のクラウドサービスが使われているが,GAEも含まれている。
「Google 未来を選ぼう 2009」サイト
2009年夏の衆議院議員選挙に合わせたキャンペーンサイト。GAE上で動くGoogle Moderatorを使って実現。

また同氏も深く関わるChrome OSについては「今年中にChrome OSを搭載したハードウェアがメーカから発表される」と語った。

Webプラットフォームがデバイスにまで影響している例としてAndroidにも言及

Webプラットフォームがデバイスにまで影響している例としてAndroidにも言及

基調講演の最後に,Googleディベロッパーアドボケイトの石原直樹氏が登壇。今回のDevFestの裏話,そして京都会場との連携について紹介した。まず今回の参加者登録で活躍した「DevQuiz」は,何より参加にあたって「楽しめる」システムを作りたかったという。この経験を,今年も予定されているGoogle Developers Dayなど今後の開発者イベントにつなげていきたいとのこと。

石原直樹氏のセッション。Googleの開発者イベントにおけるDevFestの位置づけは…

石原直樹氏のセッション。Googleの開発者イベントにおけるDevFestの位置づけは…

また今回のDevQuiz,会場の受付システムもGAEを利用したシステムが作られ,京都との中継にもGAEがベースのシンクロシステムを開発したとのこと。そのために各地のGTUG(Google Technology User Group)などのコミュニティにも協力を求めた。このようにGAEを利用しつつ,その利用ノウハウも蓄積,公開していこうという動きがあり,その1つがShare Code Lab Materialとして結実しつつあることも紹介された。

コメント

コメントの記入