レポート

ESEC2010―第13回 組込みシステム開発技術展[PART2]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

5月12日(水)から14日(金)の3日間,東京ビッグサイトにおいて「組込みシステム開発技術展」⁠ESEC)が開催中だ。PART1に続き,ESEC展示会場から各社のイチ押し製品や今年狙い目の業界トレンドなどをレポートする。

BIOS回避でATOMを高速ブートと「Android始めました」――アックス/イーフロー

「組込みシステム開発技術展」ではお馴染みとなっているアックスのブースでは,ATOM用の高速ブートローダーが展示されていた。

ATOMチップを搭載した開発ボードにはBIOSが搭載されていることが多く,組込み機器の場合,BIOSが必須なシステムにとっては起動が遅くなる,ライセンスコストがかさむといった問題があった。アックスのブートソリューションであるAxe Boot Code Distribution(ABCD)は,ATOM用のaxLinux,(POSIX対応RTOS)⁠AXE-AUTOSAR,FreeDOSなどをBIOSを経由しないでブートさせるためのブートローダー開発パックだ。このほか,QNXやWindows CE,μITRONなどにも対応しているとのこと。

Axe Boot Code Distribution(ABCD)の解説パネル。バイナリのブートプログラムが提供される。

Axe Boot Code Distribution(ABCD)の解説パネル。

ABCDを実装したボードの例

ABCDを実装したボードの例

また,アックスではAndroid OSもサポートするようになり,今回の展示ではイーフローと共同でAndroid関連製品のデモも行っていた。イーフローはAndroidの開発プラットフォームやソリューションに定評のあるベンダである。

イーフローの製品では,仮想化ハイパーバイザである「蛍」⁠アックス製)の上で,リアルタイム系のコアサービス(電話,通信など)とAndroidを同時に動かす「Hyperdroid」が注目だ。Hyperdroidはネットワーク機能などコアサービスのOSとリッチアプリケーションを仮想化技術で組込み機器に実装するためのソリューションだが,イーフローが提供するAndroidはVMを高速化したDalvik Turboと,家電端末などをリンクさせるOSGiが組み込まれている。

「蛍」の上でRTOSとAndroidを実行。AndroidのVMもチューンされ実用的に。

「蛍」の上でRTOSとAndroidを実行。AndroidのVMもチューンされ実用的に。

Hyperdroidを応用した情報端末のデモ。後方には「組込みプレス」の最新号も。

Hyperdroidを応用した情報端末のデモ。後方には「組込みプレス」の最新号も。

処理速度が最適化されたDalvik TurboとOSGiによる宅内デバイス連携によって,遅さがネックとなっていた情報家電やホームコンピューティング端末などに対してAndroidの応用が広がることが期待される。

アックスといえば巫女さん

アックスといえば巫女さん

⁠株⁠アックス
URL:http://www.axe-inc.co.jp/
⁠株⁠イーフロー
URL:http://www.eflow.jp/

著者プロフィール

中尾真二(なかおしんじ)

1961年生まれ。ハードウェア・コンピュータ技術者からアスキーに転職し,およそ10年ほど技術書籍・雑誌の編集に携わる。その後,オライリー・ジャパンで5年ほど企画・編集に従事。編集長時代に当時の日本法人社長とケンカしてクビに(笑)。現在はRBB TODAY,レスポンス他でニュース,コラムなどを編集・執筆。

コメント

コメントの記入