レポート

「Tsukuba.R#7」活動報告

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

5月9日(日)に,Rの勉強会「Tsukuba.R#7」が開催されました。

Tsukuba.Rは,奇数回を都内,偶数回をつくばで行うのが慣例となっており,第7回の今回は東京大学理学部での開催となりました。今回は初の試みとして,スピーカー12人全員が各10分のLT形式で発表するという「LT祭り」を行いました。Ustreamの録画とともに,各セッションの内容を簡単にご紹介します。

1.wakutekaさん「Beautiful woRld」

最初は今回の主催者の一人であるwakutekaによるBeautiful woRldです。Rに興味を持ったばかりの方やR初心者の方に向けて,Rの簡単な説明からその利用法,そしてRに関する様々なウェブリソースの紹介やその活用法について話しました。

初心者には取っ付きづらいこと,Rという単語そのものが検索しづらいこと,まだまだ利用者が多くないことなどを克服するため,R-Tipsなどの初心者向けサイトやRseekなどの検索エンジン,RjpwikiやTwitter(#rstatsj)などを用いた質問法などを紹介しています。

様々なウェブリソースを網羅した解説,およびそれぞれに合った活用方法など,これからRに取り組もうという方にとって非常に有用な内容になっています。特にTwitterを用いた気軽な質問はおすすめです。

2. yag_aysさん「Rを用いた解析の実例 - Project *ぶろったん」

物の名前や呼ばれ方は,時間の経過とともに変わっていくことがよくあります。そういった言葉の使われ方のトレンドを定量的に把握・可視化したいと思ったとき,Rはどのように使えるのでしょうか。

yag_aysの発表では,Rでのデータ処理に非常によく使われるread.csvやapplyなどの関数の紹介も交え,論文データベースから抽出した1900万件のデータを元に,実際の表記のされ方とトレンドに迫りました。

「ある情報を,数値化されたデータを使って定量的に把握・可視化したい」と思ったとき,「Rを使うと、驚くほどシステマティックに解析・可視化を行える」ことがわかる発表となっています。

3. Mozkさん「environmentとマクロもどき」

Mozkさんの発表は,Rにおいて変数名と値の対応を解決する上で重要な概念である「環境」についてです。

Rでは変数名と値の対応関係である「環境」そのものをベクトルなどと同様にオブジェクトとして扱うことができます。発表では,関数に結びつけられた環境をオブジェクトとして取得する方法,自前で環境を作成する方法,環境内の変数の値を参照したり書き換えたりする方法などを実際のコードと実行結果を示しながら解説していました。また,式そのものをオブジェクトとして扱ったり,それを評価したりする方法についても説明がありました。

環境や式をオブジェクトとしてうまく使うことで,より高度な変数の扱いができるようになります。発表の最後ではこれらを組み合わせた例として,C言語のマクロのようなものをRで作る方法についての紹介がありました。環境や式のオブジェクトを駆使して擬似的にswapマクロを実現しています。

普段Rを触る上で環境を意識するような状況はあまりないと思いますが,知っておくと特殊な変数参照をしたい時やデバッグなどに役立ちそうです。

ちなみに,この発表ではMozkさんがRを使って作成したHTTPサーバを使ってWebブラウザでスライドを表示させていました。本当はTsukuba.R#7でHTTPサーバの発表をしたかったとのことですが,完成度の都合上見送ったそうです。Mozkさんの次回の発表を期待して待ちましょう!

4. ikakura7188さん「『ggplot2の外見をExcelのグラフ機能を使ってぱくってみた』.」

ikakura7188さんによる発表です。

グラフが簡単に綺麗に書けるとR界隈で最近評判のggplot2というパッケージですが,それをExcelで再現してみようというものです。Excelのあの独特な色使いのグラフは皆さんも飽き飽きするほどよく見ていると思いますが,センスよくグラフをデザインするのは難しいですよね。皆さんも苦労されていることだと思います。

Excelでもggplot2みたいな作図がしようということで,ikakura7188さんは見事ggplot2のribbonというグラフを再現されています。しかし,その作業はなかなか大変だったようで,作り方の解説からはその苦労っぷりが感じられます。そもそも、この発表はikakura7188さんの元教授がggplot2のグラフを見て「それExcelでできるようにしておいて」と無茶ぶりをしたのが始まりだとか…。

著者プロフィール

Tsukuba.R(wakuteka,yag_ays,y_benjo,mickey24)

2008年6月に発足したRのコミュニティ。

本レポートの執筆は,Tsukuba.R第7回に企画段階から携わった4人(wakuteka, yag_ays, y_benjo, mickey24)が行った。

Twitter: @wakuteka, @yag_ays, y_benjo, @mickey24
Hatena: id:wakuteka, id:yag_ays, id:repose, id:mickey24

コメント

コメントの記入