レポート

「WACATE2010 夏」レポート─自分の実力を「見える化」してみよう!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

読者の皆様はじめまして,小田部と申します。今回「WACATE2010 夏」⁠2010年6月12日~13日,於:マホロバ・マインズ)にてベストポジションペーパー賞に選ばれ,この場でWACATEを紹介する機会を得ました。

私自身はこれまで6回開催されたWACATE全てに参加し,大げさでなく自分の人生に対して大きな影響を受けてきました。一体どのような影響を受けてきたのか,これから「WACATE2010 夏」の紹介を通して説明していきますので,よろしければお付き合いください。

図1 ベストポジションペーパー(BPP)賞受賞の様子

図1 ベストポジションペーパー(BPP)賞受賞の様子

WACATEの概要

WACATE(Workshop for Accelerating CApable Testing Engineers)は2日間かけて行われる合宿形式のワークショップで,その大きな特色は名前の通り若手のテスト技術者が中心となってイベントの企画と運営を行い,参加者も20~30代のテスト技術者が多数を占めることです。

今回のテーマは「WACATE2010 夏 ~見たい!見せたい!!伝えたい!!!~」⁠職場に限らず相手に対して伝えたい情報をどのように見せていくか,そこに重点を置いたワークショップとなりました。

セッション1「ポジションペーパーセッション」

WACATEには実行委員に講師および参加者を含めて50名以上の方達が参加されます。また参加者は常連に初参加,ベテランに若手,多種多様な業種に加えて北は北海道,南は九州から参加と実にバラエティに富んだメンバー構成になります。

WACATEではこれらのメンバーがチーム単位に分かれてワークショップを行うのですが,そのためにはさまざまな壁を越えて,迅速にチームのメンバーと意思の疎通ができるようにならなければなりません。その意思の疎通を成立させる上でとても重要なセッションが,このポジションペーパーセッションです。

ポジションペーパーとは簡単に言うと立場表明です。ふだんの仕事についての説明や悩み,ここに集まったメンバーと議論したいことなど,書きたいことをA4用紙1枚で自由にまとめてチームのメンバーに紹介していきます。中には紙芝居やiPadなども併用して自己紹介する方もいて非常に賑やかになり,セッションが終わるころには不思議なくらいあっさりとコミュニケーションが取れるようになります。

また特に優秀なポジションペーパーは2日間のワークショップの最後で表彰されますが,今回は幸いにも私はベストポジションペーパー賞を受賞することができました。ベストポジションペーパー賞は参加者全員の投票で決まるのですが,この賞を獲得するには参加者にとって「読みやすく」⁠⁠ニーズに合致」し,⁠テーマに沿った」内容でなければ難しいでしょう。そう,WACATEではポジションペーパーを作成する時点から顧客(参加者)の要求を分析し,デザインを工夫し,自分の知識や経験にスキルを総動員して最高のポジションペーパーを作成する楽しみがあるのです。

セッション2「報告書は○○○へのXXX」

この後のワークショップと関連の深い,報告書を作成する上でのポイントについての発表でした。

「報告書は特定の相手への見える化」です。ユーザあるいは上司など報告する相手を特定し,なぜ報告するのかその目的を明確にし,相手が必要とする定量的あるいは定性的な情報を揃え,図表など理解しやすいように見せ方を工夫する。最後に相手が必要とするタイミングで報告書を提出し,情報の伝達が滞りなく進むように配慮します。

このセッションの講師役を務める近江さんは元WACATE参加者で,最近になってWACATE実行委員に手を挙げました。

このようにWACATEにはいろんな関わり方ができます。大きくWACATE実行委員,WACATEファン主催のイベントであるWACATE ShortShortのお世話役,そしてWebマガジンであるWACATE Magazineの編集部員です。その時々の自分の実力に応じてさまざまな活躍の場がWACATEには用意されています。

私自身はWACATE ShortShortのお世話役とWACATE Magazineに編集部員として関わっていますが,その活動ではWACATEで培った人脈を利用してイベントの企画提案と運営をおこなったり,趣味の写真撮影を記事作成に利用したり,シンポジウム関連の記事を書く上で何度も資料を読み返して勉強したりと,自分の特技を発揮して磨いていく場ができて日々の生活にも張り合いがグンと増してきました。

著者プロフィール

小田部健(おたべけん)

WACATEは2010年夏時点で全て参加(6回)。普段は品質保証部で主に製品のテストを担当している。テストに必要な技法を社外の勉強会等で学ぶ内にWACATE,S-Open,TEF,SQiP,QuaSTomなどに参加するようになる。勉強熱心と言うよりお祭り好きで,イベントには参加するだけでなく企画運営も行っている。

コメント

コメントの記入