レポート

UGCに向けた新時代コーポレートサイトを実現する「Web Experience Management」「FatWire Community Server」「FatWire Gadget Server」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

FatWire株式会社は2010年7月6日,同社の新しいWebサイト基盤「FatWire Community Server」を発売しました。これに伴い,フランスからVice President Noel Jaffre氏が来日,同ソフトウェアを含めたFatWireの今後の戦略について伺ったのでその模様をお届けします。

FatWire Software Vice President Senior Technology Strategist
Noel Jaffre氏

Noel Jaffre氏

FatWireのこれからの展開

私たちの新たな取り組みとして3つのソリューションがあります。それは,

  • Web Experience Management Framework
  • FatWire Community Server
  • FatWire Gadget Server
です。それぞれについて説明します。

Web Experience Management Framework

Web Expericen Management(WEM)Frameworkは,私たちが展開するWebソリューションの基盤です。デスクトップフレームワークとして,カスタマー向け,ビジター向けそれぞれにカスタマイズ可能な機能を持っています。イメージとしてはiGoogleのようなものでしょうか。

WEMを利用することにより,配信側が提供するコンテンツをユーザごとに切り替えたり,また,ユーザ自身がサイトをカスタマイズしたりできます。ユーザ管理については,CASによるシングルサインオンを実現しています。

構成としては大きく

  • UIフレームワーク
  • ユーザ管理機能
  • レポジトリアクセス機能
  • 一元管理機能

の4つからなっており,この上にこの後説明するFatWire Community Serverなどが乗るアーキテクチャとなっています。

FatWire Community Server

FatWire Community Serverは,UGC(User Generated Contents)を活かしたサイト運用を実現するためのソリューションです。コーポレートサイトに対して,ユーザからのコメントやレイティングが付いた場合に,それらをコーポレートサイト内に取り込むことで「日々進化するコーポレートサイト」を実現します。JavaScriptを利用しており,誰もが手軽に扱えるのが特徴です。

また,ブラックリスト/ホワイトリストの作成,IPアドレスフィルタリング,スパム対策といった機能が用意されているため,大規模企業でも,ポリシーに則った運用を実現できます。

先ほどのWEMのコンセプトにもつながりますが,今のWebというのはUGCをいかに活かすかが大事であり,UGCを活かすことで新しいエクスペリエンスを提供できます。FatWire Community Sereverは,その素晴らしいエクスペリエンスを提供することをサポートするためのツールです。

FatWire Gagdet Server

最後に紹介するFatWire Gagdet Serverは,サイト運用者が独自のGagdetを作り,Webサイトに新しいエクスペリエンスを生み出すためのツールです。日本での販売は今秋を予定しています。

基本ガジェットとして,

  • コンテンツコレクション
  • イメージビューワ
  • RSSガジェット

の3つを用意しています。これらをサイト内に柔軟に配置することが可能です。また,アーキテクチャはOpenSocialに基づいており,ユーザ自身が新しいガジェットを作ることもできます。

今回の取材は2010年7月6日にオープンしたFatWire Ustream Studioにて行われた。

今回の取材は2010年7月6日にオープンしたFatWire Ustream Studioにて行われた。

Web基盤から生み出す新しいエクスペリエンス

以上,私たちFatWireのこれからの取り組みと戦略,それを実現するソリューションを紹介しました。キーワードは「UGC」「新しいエクスペリエンス」⁠FatWireではこのキーワードを実現するためのWeb基盤を用意することで,次世代のコーポレートサイト構築・運用をサポートしていきます。

FatWire株式会社
http://cms.fatwire.com/

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入