レポート

関西オープンソース2010 1日目フォトレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2010年11月5日,6日の2日間にわたり,関西オープンフォーラム主催の関西オープンソース2010+コミュニティ大決戦が大阪南港ATCで開催されました。通称「KOF」と呼ばれるこのイベントは,関西で最大級のオープンソース系コミュニティイベントです。本稿では,今年のKOFの模様をフォトレポートでお届けします。

なお,本イベントのハッシュタグは#kof2010です。発表者や参加者の皆さん,スタッフのつぶやきがチェックできますので,こちらもチェックしてみてください。また,Ustreamのページでは特設ステージで行われたセッションの録画も視聴できます。

画像

中野秀男大阪市立大学教授による「開会のあいさつ」

まずは実行委員長の中野秀男大阪市立大学教授による開会のあいさつが行われました。大阪らしく笑いのネタをまじえながら会場の注意点や設備が紹介され,⁠懇親会が目玉です!」と懇親会の楽しさをアピールされていました。

画像

また,⁠あと13回(75歳まで)は実行委員長をやる!」と元気いっぱいにKOFへの意気込みを語る中野先生。すでに来年の日程は決まっているそうです(来年は2011年11月11日と12日に開催を予定)⁠

画像

Gadget1,関西Ruby会議03も同時開催

Gadget1 R3 Chitoseame

会場は平日にもかかわらず多くの方が来場されていました。KOFはPCオープンソースソフトウェア系の参加者が多いイベントですが,今年はGadget1 R3 Chitoseameが同時開催されたことで組み込み系の方々も多く来場されている印象でした。

画像

次の写真は,Gadget1ブースで見かけたロボットです。ひたすらラジオ体操をやっていました。

画像

関西Ruby会議03

昨年に続き,関西Ruby会議が同時開催されました。関西でもRubyコミュニティの活動は活発です。ブース展示の他複数のRuby関連セミナーが実施されていました。ブースは午前中から多くの来場者で賑わっていました。

画像

コミュニティブース

KOFではコミュニティブースが設けられ,各コミュニティが参加しました。この日は午前中で授業が終わる学校もあったため,今年は学生の参加も多かったようです。特に中学生,高校生の参加が目立ちました。

次の写真は,分散キーバリューストア型データベース「okuyama」を開発している神戸を中心としたユーザーグループ「okuyamaユーザーグループ」さんです。

画像

次の写真は,ブース出展していた灘校パソコン部研究部の面々です。ブースでPCの画面をみながら,わいわいやっていました。

画像

実行委員長の中野先生が妙なヘルメットをかぶって会場を練り歩いていたので激写してみました。ユビキタスネットワークの実験プロジェクトだそうです。

画像

関西でも多くのコミュニティが活発に活動しています。ですがそれらが一同に会す場所は多くありません。関西のコミュニティの成果発表の場として,お互いの技術交流の場として,KOFは回を重ねる毎に進化していっているように思います。

著者プロフィール

村岡正和(むらおかまさかず)

バスタイムフィッシュ 代表。
神戸でITシステム開発,コンサルティングを営業している。1975年生まれ鳥取県出身。HTML5-WEST.jpとして西日本でHTML5関連の話題を盛り上げる活動を行っている他,京都GTUGスタッフ,CSS Nite in OSAKAスタッフ,KOF実行委員,OSC関西実行委員など様々な関西圏のコミュニティ活動に関わっている。

コメント

コメントの記入