レポート

関西オープンソース2010 2日目フォトレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2010年11月5日,6日,関西オープンソース2010+コミュニティ大決戦が開催されました。1日目のレポートに引き続き,今回は2日目の模様をフォトレポートとしてお届けします。

2日目の最終日は,午前10時から午後6時までの丸一日のイベントです。コミュニティの方々も昨日の懇親会の二日酔いもなんのその。朝から各ブースでは,来場者とさまざまな会話が交わされていました。

画像

特集企画 HTML5特集 2日目(午前)
「ブラウザベンダー パネルディスカッション」

午前中のHTML5特集企画として,IE,Opera,Firefoxのブラウザベンダーの中の人を招いて,パネルディスカッション「HTML5 ~ ウェブの未来のために今何が必要なのか」が行われました。関西でブラウザベンダーが会してのパネルディスカッションはかなり珍しいことなので,朝から多くの参加者が来場していました。

画像

パネラーは左からMicrosoft株式会社 春日井良隆さん,Opera Software ダニエル・デイビスさん,Mozilla Japan 加藤誠さん。司会進行はHTML5-WEST.jp 下農淳司さん(マイク)⁠

画像

アジェンダは,事前にとっていたユーザーアンケートを元に構成されていたようです。

画像

一押しのHTML5関連技術として,MS春日井さんはVideoとCanvas,OperaダニエルさんはSVG,Mozilla加藤さんはWebGLを挙げていました。

画像

ユーザーアンケートではWebsocketに人気が集まりました。会場でもWebsocketに関心が集まっているようでした。これに対してパネラーからは,Websocketを利用してWebアプリケーションを開発した場合,スケーラビリティが低下する可能性がある,開発ケースによっては思ったほど軽量化,高速化につながらない可能性などが指摘され,開発ケースごとによく判断して使うべきではないか?という意見も出されました。

画像

また,会場で挙手によるアンケートが行われました。その中で,各ベンダーが提供する開発者ドキュメントが利用されていないことが判明し,これにはパネラーも苦笑いといった感じでした。⁠けっこう自覚していて,現在ドキュメントをリニューアル中です(MS)⁠英語版は充実しているが,日本語訳が少ない。ボランタリベースなので参加者を募集中です。⁠Opera)⁠こちらも訳者が不足している。協力者を募集中(Mozilla)⁠ということでした。

画像

内容の濃い話ばかりで,あっという間に時間が過ぎてしまったこともあり,あまり参加者からの質問を受けられなかったのですが,セミナーが終了した後に個別にパネラーに質問する参加者も多く,各ブラウザの未来に対する感心の高さがうかがえました。

画像

著者プロフィール

村岡正和(むらおかまさかず)

バスタイムフィッシュ 代表。
神戸でITシステム開発,コンサルティングを営業している。1975年生まれ鳥取県出身。HTML5-WEST.jpとして西日本でHTML5関連の話題を盛り上げる活動を行っている他,京都GTUGスタッフ,CSS Nite in OSAKAスタッフ,KOF実行委員,OSC関西実行委員など様々な関西圏のコミュニティ活動に関わっている。

コメント

コメントの記入