レポート

「WACATE2010 冬」レポート─温故知新に驚きと感動と

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

読者の皆様,はじめまして。WACATE初参加の水野と申します。今回,⁠WACATE2010冬」⁠2010年12月18日~19日,於:マホロバ・マインズ)にてベストポジションペーパー賞を頂いたことで,この場でWACATE2010冬を紹介する機会を頂きました。今までにもWACATEは何回かレポートにて紹介されていますが,今回は初参加で感じた「驚きと感動」を交えたレポートとさせていただきます。少しの間,どうぞおつき合いください。

ベストポジションペーパー賞受賞時の筆者

ベストポジションペーパー賞受賞時の筆者

WACATEについて

WACATE(Workshop for Accelerating CApable Testing Engineers)はソフトウェアテストをテーマの中心とした合宿形式のワークショップです。⁠テスト」のワークショップと言いますが,参加者はテストエンジニアのみではなく開発エンジニアも多く,多種多様なソフトウェアエンジニアの交流の場としても成り立っています。

文字通り若手中心,30歳前後のエンジニアが多く参加しています。私もその一人とはいえ,合宿形式のワークショップに参加するの多く人が自費で参加していることに驚きでした。確かに実際に参加してみると,金額以上の素晴らしい価値がある!と感動を覚えます。

WACATE2010冬では,ソフトウェアテストの歴史,ソフトウェアのテスト技法を知ることにより新しい意義を探求する,という「温故知新」がテーマでした。

以下ワークショップの内容に沿って,振り返りレポートとさせていただきます。アフロと猫耳が登場した怪しげなオープニングから,衝撃の2日間が幕開けです。

ポジションペーパーセッション~自己紹介とアイスブレイク

ポジションペーパーは「立場表明書」です。⁠参加にあたって」の意見と「WACATEに参加して特に議論したいこと」の2点のテーマに対して記載するフォーマットとなります。参加者が実際に作成したポジションペーパーは,幕の内弁当の写真や眠々打破の画像が用いられるなど,ユーモアにあふれつつも真面目で熱い思いが込められております。WACATEに参加して学びたいこと,自分のスキルを見直してみる,ソフトウェアテストに対する熱い思いなどが記載され,参加者のポジションペーパーを読むだけで楽しむことができます。

ポジションペーパーセッションでは,5名で1チームのメンバー内においてポジションペーパーを用いた自己紹介とWACATEに対する思いを語ります。一人当たりに与えられた時間は3分間。自己紹介ライトニングトークスです。なお,小道具として用意されているゴングにより時間通知が行われます。

ポジションペーパーセッション風景

ポジションペーパーセッション風景

コミュニティに初参加するような場合には,最初から他の参加者とのコミュニケーションをスムーズに行うことは困難です。挨拶はしたとしても,その後は配布資料を読んだりしてしまって声はかけづらかったりします。実際に,私もWACATEの会場に到着直後は予稿集を読んでいました…。

しかし,お互いの自己紹介を行った後はコミュニケーションがスムーズに行くようになっていたという驚くべき体験をします。自分の思いを声に出すこと,そして相手の思いを聴くことがアイスブレイクとして非常に有効な手段であることを実感できるのです。

BPPセッション「WACATEとスキーに見る加速効果の共通性についての一考察」

前述したポジションペーパーは,参加者の投票によりベストポジションペーパー賞(BPP賞)が選出されます。そして,BPP賞を受賞した参加者は次回WACATEに招待され,セッションを持つことができます。前回のBPP賞受賞者は小田部健さん,WACATEテーマの1つである「加速」についてスキーをメタファーとして関連性を紹介するという発表です。

実際にスカイダイビングにおける重力加速を体験した時の写真で参加者の心をつかんだこの発表では,普段からの考え方,決断(心のインナーマッスル)を仕事の決定(心のアウターマッスル)に生かすという方法の提案が行われました。通常生活からの自己の鍛錬の重要性について感じさせられ,心が引き締まります。

技法を勉強する前に

鈴木三紀夫さんによるセッションは,テストのライフサイクルについての紹介です。テストにおけるプロセスには,計画,分析,設計,実装,実行などの業務が存在します。ここで,テスト設計というものを意識するだけでも品質向上への効果がありますが,設計をさらに良くするためには技法を知る必要がある,という流れです。

ここで,⁠テスト計画はプロセスと並行して変わり続ける」という話を頂きました。開発プロジェクトにおける計画も同様ですが,最初の計画通り進むというケースは存在しません。そのため,状況が変わることで常に計画も変わり続ける必要があるというものです。

テストのライフサイクル

テストのライフサイクル

テストの技法は,各組織おける独自表現が存在することや,同一の技法が別名で呼ばれる場合があるなど,さまざまな名称が存在します。ここで,⁠あなたの知っているテスト技法を書き出して分類してみよう」というミニワークショップを実施しました。複数人にて付箋を用いて書き出すことにより,参加者のテストにおける得意分野の確認や,未知の技法を発見することができます。

著者プロフィール

水野昇幸(みずののりゆき)

WACATEは2010冬にて初参加。職場の先輩に誘われるがまま参加し,大きな衝撃を受ける。普段は某電機メーカーでシステム開発を担当。開発7割,時折テスト。「ETソフトウェアロボットコンテスト」の関西地区実行委員も勤めている。楽しんで学ぶことができる,という場に引き寄せられると幸せを感じる。

コメント

コメントの記入