レポート

「リボーーーン そだてよう ぼくらの日本」開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

リボー⁠ーーン,スタート

3月11日に発生した東日本大震災からの復興支援の礎となる人間同士の交流の場を目的としたイベント「リボー⁠ーーン そだてよう ぼくらの日本」が,XEX日本橋(東京)にて開催されました。

リボー⁠ーーン
http://rebooon.com/

今回のイベントは,anpiレポートの開発・運営を行なっている和田 裕介氏(@yusukebe)を中心とした,ボランティアのメンバーによるもので,被災地で復興に向けた取り組みを行っている方たちをゲストに迎え,前半はプレゼンテーションを,後半は参加者同士の交流という形で進行しました。

オープニングのメッセージを伝える和田氏

オープニングのメッセージを伝える和田氏

参加者は,リボー⁠ーーン特製リストバンドを付ける

参加者は,リボーーーン特製リストバンドを付ける

最初のゲストは,⁠被災地からのメッセージ」と題し,酒井禅悦氏が登場しました。酒井氏は南三陸町にて被災されたとのことで,地震当時・直後の凄まじさ,過酷さを写真を交えて紹介し,参加者に情報の大切さを強く訴えました。

「被災地からのメッセージ」と題し,プレゼンをする酒井氏(左)

「被災地からのメッセージ」と題し,プレゼンをする酒井氏(左)

4つのプロジェクトと寄付の仕組み

続いて,今回紹介する4つのプロジェクトの説明に移りました。その前に,リボー⁠ーーンでの寄付の仕組みについて,ささくれささお氏が説明を行いました。

説明を行うささくれ氏(右)

説明を行うささくれ氏(右)

リボー⁠ーーンでは,入場料とともに寄付チケット(10枚)を購入し,寄付したいプロジェクトに,そのチケットを投票していく。そのチケットを換金した分が,それぞれのプロジェクトへの寄付金となる。今回,4つのプロジェクトに加えて,気仙沼市への寄付も行われた

リボーーーンでは,入場料とともに寄付チケット(10枚)を購入し,寄付したいプロジェクトに,そのチケットを投票していく。そのチケットを換金した分が,それぞれのプロジェクトへの寄付金となる。今回,4つのプロジェクトに加えて,気仙沼市への寄付も行われた

トップバッターを務めたのは,⁠えがおとどけ」プロジェクト代表の阿部直樹氏。

えがおとどけ
http://egaotodoke.jp/

このプロジェクトは,被災された現地の子どもたちに笑顔を届けることを目的に,子どもたちに必要なものを支援するための取り組み。プロジェクト開始時から,支援者の方たちからは義援金やAmazonギフト券,そして学習用文具などが寄せられたそうです。

「えがおとどけ」の気持ちを込めて発表を行う阿部氏

「えがおとどけ」の気持ちを込めて発表を行う阿部氏

次に登場したのは,南三陸町でスポーツバーを経営していた「内田兄弟」の内田卓磨氏。震災で店を失ってしまったとのことですが,ボランティアとして避難所にて毎日3食300人分の給食を作っているとのこと。

「⁠東京でボランティアを考えている)皆さんに伝えたいのは,とにかく観光気分でも良いので一度被災地に来てもらって,その目で見てもらいたい。そして,それを伝えることから始めてほしい」と,被災者の立場からの熱い思い,願いを述べました

「(東京でボランティアを考えている)皆さんに伝えたいのは,とにかく観光気分でも良いので一度被災地に来てもらって,その目で見てもらいたい。そして,それを伝えることから始めてほしい」と,被災者の立場からの熱い思い,願いを述べました

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入