レポート

「WACATE2011 夏」-誰がためにレポートはある- 参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

はじめまして。WACATE 4年生の名野と申します。先日開催された「WACATE2011夏」で憧れのベストポジションペーパー賞を受賞し,このような貴重な機会を設けていただきました。今回は参加者の立場から「WACATE2011夏」⁠2011年6月25日~26日,於:マホロバ・マインズ)のレポートをさせていただきます。熱く濃厚なWACATEの2日間を読者の皆様に少しでも感じていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

WACATEとは

Workshop for Accelerating CApable Testing Engineers(内に秘めた可能性を持つテストエンジニアたちを加速させるためのワークショップ)の略です。夏と冬の年に2回開催され,夏は「狭く深く」⁠冬は「広く浅く」を基本コンセプトとしています。2日間泊り込みの合宿形式のワークショップで,毎回ソフトウェアテストに関するテーマが設定され,そのときのテーマに沿ったセッションやグループワークを行います。参加者の半分以上は30歳前後の若手で,全国各地からテスト,開発,QA,マネージャなどさまざまな立場の方が参加し,参加者が主体となって熱い2日間を繰り広げます。

毎年恒例!「ポジペセッション」

WACATEのスタートはポジションペーパーセッション(通称:ポジペセッション)から始まります。グループになって1人3分間の自己紹介を行うセッションです。事前に提出したポジションペーパー(自己紹介や議論したいことをまとめた1枚のA4用紙)を使って自分の思いをぶつけます。このセッションでお話を聞くと,参加者それぞれが何かをつかもうとしてWACATEに来ているのがヒシヒシと伝わってきます。WACATE参加者は皆モチベーションが高く,内に熱いハートを秘めているのです。私も皆様に負けじと「インシデントレポート初心者で,本を読んでも実感がわかず,この2日間で解決の糸口を見つけたい!」という思いをぶつけました。

BPP賞受賞者が物申す!「自己のスキル・動機を見つめ直してみよう」

前回のWACATE2010冬でベストポジションペーパー賞を受賞された水野さんのセッションです。自分は「一体何がやりたいのか?」⁠⁠どういった方向に進みたいのか?」ということに気づき,突き進んでいくためにはどうしたら良いか?ということについて,お話いただきました。

ポイントは「自分のスキルを知る」ことと「自分の動機を把握する」ことの2つ。自分のスキルを知るためにはオリジナルのスキルマップを作成して,持っているスキルを把握し,自分の向かいたい方向(憧れの人)を定める。そして,ライフストーリー分析などいろいろな手法を使って,自分の中にある動機を知りましょうということでした。動機には強い動機(ものすごい成果につながる動機)と弱い動機(意識から去って消えゆく動機)があるそうで,いきなり強い動機は見つからないので,まずは弱い動機を見つけて,それを強い動機に育てていくことが重要ということもお話されていました。

今までの私を振り返ると,ただがむしゃらに突っ走っていた感があるので,ここで一旦立ち止まって,自分を見つめ直してみようと思ったセッションでした。また,私には「強い動機!」と胸を張って言えるものが無いのでついついサボりがち…。まずは弱い動機をみつけて強い動機を育てて行こうと思います。

待ってました!「インシデントレポート改善ワークショップ」

プロローグ

いよいよメインワークショップの始まりです。夏のワークでは毎回現実にありそうなシチュエーションが設定されます。今回のシチュエーション次の通り。

  • 私達はエンプラ開発部のテストチーム
  • お隣の社内システム部でバグ修正の進捗が悪い問題が発生中
  • 原因はどうやら社内システム部のテストチームが作成したインシデントレポートにあるらしい

設定されたシチュエーション

設定されたシチュエーション

そこでヤマサキ本部長から私達にインシデントレポート改善のミッションが与えられました。

ヤマサキ本部長からのリクエスト

ヤマサキ本部長からのリクエスト

ワークショップのインプットは「社内システム部が作成したインシデントレポート3枚」「テスト対象物の仕様書10ページ」の2つ。これからのワークでこのインプットを分析し,改善を行っていきます。また,何とワークの中でテスト対象物のソフトを実際に触って,不具合の再現確認も行えることが判明!?ただし時間は10分間(短い・・・)⁠不具合が作りこまれたソフトまで用意されているとは,今回のワークはいつも以上にリアルです。

チームビルディング

ポジペセッションで自己紹介はしたものの,まだお互いをあまり知らない状態。これから一緒にワークを進めていくために,まずは個々がもっている経験や知識を把握します。その結果,私達のチームはテスト/開発,管理/担当がまんべんなくいるチームで,いろいろな視点から改善が行えそうだということがわかりました。

そのあとはお昼のカレーバイキング(思わず食べ過ぎました)を食べながらチーム名を決めます。千葉出身が多かったことと,開発とテストが一緒の殻に入って仲良くしていきたい!という願いを込めてチーム名は"ぴーなぁっつ"に決定!

お昼のカレーバイキングでチームの親睦を深める

お昼のカレーバイキングでチームの親睦を深める

著者プロフィール

名野響(なのひびき)

WACATE 4年生。普段のお仕事は組み込みソフトウェア開発。学生の頃に参加したSWEST6のHamana-1プロジェクトで組み込み業界とワークショップの面白さにハマる。WACATEに参加してからは,ソフトウェアテストに興味をもち,TEF東海の勉強会や,JaSST'11 Tokyoテスト設計コンテストにも参加。今年からJaSST Tokaiの実行委員を担当し,コンテンツを提供する側になれるよう加速中。

コメント

コメントの記入