レポート

世界のクリエイティブを体感する「FITC Tokyo 2011」レポート(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

12月3日,4日と2日間に渡り開催された世界の第一線で活躍するクリエイター,アーティストが集まるイベントFITC Tokyo 2011に潜入してきた。本稿では,このイベントを前後編に分けてレポートする。

FITCはカナダ/トロントをベースに世界11カ国で開催されている世界規模のイベント。日本での開催は第3回目であり,初の2日間開催となる。ちなみに筆者は実は日本に初めてFITCを持って来た超本人で,今回は縁あってレポーターとしてイベントに参加するということで胸躍らせながら開催地である新宿コクーンシアターに向かった。

1日目のプログラムはAdobeエバンジェリストによるFlash/HTML5最新動向を皮切りに,Flashアニメーターポエ山氏,マーカーレスAR技術を紹介するロシアのエンジニア,日本を代表するクリエイター中村勇吾氏やWebエンジニアMr.DOOBらを招いたCBCNET栗田氏のモデレートのパネルディスカッション,チェコのFlashベースアニメーター,カーネギーメロン大學教授によるメディアアート論など,国籍も話題も超リッチ。一セッションを聞くだけでもお腹いっぱいになるFITC Tokyo 2011の魅力を紹介していく。

「未来を創造する: Webでの表現コンテンツの有効化」

セッションのトップバッターを勤めたのは,Flash担当10年のAdobeのエバンジェリストMike Chambers氏。

Mike Chambers氏

Mike Chambers氏

2010年はアップルのiPhone上でのFlash排除,Google/Microsoftなど他企業のHTML5推進とともに,Adobeが11月に発表したAndroidブラウザ向けFlashの開発終了が発表され,Flashエンジニアにとっては今後のFlashの展望が気になるところ。

Mike氏は最初に「Flashエンジニアは,HTML5の表現の世界でも十分に活躍できる。ただこれからもFlashはウェブの表現を牽引していく。重要なのはFlashで何ができるのか? HTML5で何ができるのか? エンジニア自身が把握しておき,自分が表現したいこと,クライアントからの要望に沿うのはどの技術かを理解しておくこと」とメッセージを投げかけた。

そして,HTML5の先進事例を紹介するとともに,AdobeのHTML5/CSS3への貢献およびWebクリエイティブを牽引するFlashの今後のフォーカスエリアを紹介した。

HTML5の躍進:
イノベーションスピードが早まる今,HTML5/CSS3は急激に表現力やパフォーマンスを向上させ商業利用されるケースが増えている。
  • 事例1:日産USA
    ブラウザにより対応してない表現もあるので,Flashにフォールバックできるような仕様になっている。
  • 事例2:Les Enfants Terrible
    いままではFlashでイノベーション実績を重ねていた会社がHTML5に移行(ビデオ表現だけはFlashに頼っている)⁠

Mike氏が来場者に「重要だ」と強調していたのは,上述したようにHTML5でできることとFlashでできることを把握しておくこと,そしてFlashだと開発コストは抑えられること,HTML5だとブラウザ統合されているのでユーザーエクスペリエンスは高くなり,モバイルへの移植も容易になると指摘したことであった。

来場者はFlash開発者が多かったため,その上で「Flash開発者にとって大切なのはHTML5で何ができるのか」を把握しておくこととも付け足された。

続けて,AdobeのHTML5への取組みを紹介した。Adobe EdgeなどHTML5/CSS3開発者向けのツールを開発していることをデモを見せながら発表したほか,筆者が嬉しかったこととしてAdobeがW3Cに新たなCSS表現として「CSS Regions」⁠CSS shaders」を提案していることであった。

CSS Regionsを使った表現

CSS Regionsを使った表現

CSS shadersを使った表現

CSS SHadersを使った表現

25年以上の歴史があるクリエイティブツールによって制作者を支えていたAdobeが,HTML5/CSS3の業界へも新しいクリエイティブ表現を提案している新たな可能性に期待したい。

また,Flashに関しては今後ゲームとビデオの世界で,よりクリエイター/エンジニアを支えて行く機能を追加していくとのメッセージでセッションを締めくくった。

後半,Lee Brimelow氏が登壇してFlashを使った最新のゲームやFlashの次期機能を紹介

CSS SHadersを使った表現

著者プロフィール

西村真里子(にしむらまりこ)

株式会社 バスキュール号 プロデューサー

日本IBM,アドビ システムズのWeb製品マーケティング担当を経て現職に至る。外資企業での経験を活かし日本発の良質のクリエイティブ,サービスを海外に展開する施策を前職,現職ともに行う。TEDxスピーカー経験&特許保持者。国内,国外問わずに人と出会うのが大好き。

URLhttp://twitter.com/mariroom

コメント

コメントの記入