レポート

世界のクリエイティブを体感する「FITC Tokyo 2011」レポート(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

12月3日,4日と2日間,開催された世界の第一線で活躍するクリエイター,アーティストが集まるFITC TOKYO 2011。レポート前編に取り上げた初日の模様に続き,後編となる今回は2日目の模様をレポートする。

「Platform, Interface and Content」

2日目のトップバッターを勤めたのはRhizomatiks/4nchor5 la6の真鍋大度氏だ。初日のカーネギーメロン准教授Golan Levin氏に「⁠顔をつかった)メディアアートの天才!」と言われた真鍋氏は任天堂の横井軍平氏の「枯れた技術の水平思考」が自分のモノ造りのルーツと語りセッションを進める。

真鍋大度氏

真鍋大度氏

DJ/VJに造詣があった真鍋氏は「アナログレコードをデジタル制御できないか?」ということを考えだし,徐々にデジタル,メディアアートの世界に染まっていったそうだ。

そして彼が初めて美術館に展示した作品は,まさに音と光を制御するRFID Light Sequencerだ。

RFID Light Sequencer。いまも4nchor5 la6でパートナーとして仕事を進める石橋基氏とのコラボ作品

初期の作品は所謂「アート」として美術館に出展されていたが,最近ではそのアート活動で培われた経験値をコマーシャルで依頼されて作品を作り始めている。

最近の事例では,アーティストの演出としてやくしまるえつこのPVやPerfumeの東京ドームコンサートの演出もしている。

真鍋氏の作品には「デジタル,アカデミック,新しいチャレンジ」という要素が毎回存分に備わっているのだが,PerfumeのコンサートではopenFrameworksの生みの親Zachary Lieberman氏と組んで3Dカメラを利用した演出や,遠隔地からレーザーの熱でバルーンを割る演出を成功させるべく東京大学に協力を仰ぎハイスピードカメラでバルーンが割れる時間や速度を計算したバルーンプロジェクトという演出を試みている。

3Dカメラを利用した演出

3Dカメラを利用した演出

バルーンを割るための実験

バルーンを割るための実験

実際のバルーン割ったときの模様

実際のバルーン割ったときの模様

真鍋氏の作品は自作デバイスを活用するものが多いが,最近の作品ではiPadのような既存デバイスも使ったものもある。

常に斬新なチャレンジを続け,作品を生み出す真鍋氏が⁠アートについて思うこと⁠を紹介してくれた。彼曰く,⁠アートとはアイディアを出し,問題を自分達で定義して解決するもの。そして,解決できなくても問題定義や目標設定を自分達で行うことができるのが良い。また,いままで誰もやったことがないことをやっても文句を言われない,かえって重宝される。終わった後にシェアすることができるのも良い。そのアート活動で培ったものが活かされるのがコマーシャル,デザインになる」という。

真鍋氏はセッション中に何回か言及していたのが「シェア」という行為。新しい作品に挑戦するだけではなく,その作品はシェアしなくてはならない,と語る。

そんな彼が近年シェアし続けているのは「自分の顔の表情」だ。筋電センサーを使い,顔の表情から音を出す。その「自分の表情音」をともだちにもシェアする,という作品。

結論から先に述べると,顔の表情は同期はできるがコピーはできなかったらしい。ただ,成功よりも失敗およびその過程を「シェア」することが次の自分に,また新しい可能性を生み出すと考える真鍋氏は子供達や海外向けにワークショップを開いてシェアを続けている。

日本を代表するメディアアーティストとして今後も期待したい。また,日本のコマーシャルの現場でももっと彼のようなチャレンジを活用してもらいたいと考えたセッションだった。

著者プロフィール

西村真里子(にしむらまりこ)

株式会社 バスキュール号 プロデューサー

日本IBM,アドビ システムズのWeb製品マーケティング担当を経て現職に至る。外資企業での経験を活かし日本発の良質のクリエイティブ,サービスを海外に展開する施策を前職,現職ともに行う。TEDxスピーカー経験&特許保持者。国内,国外問わずに人と出会うのが大好き。

URLhttp://twitter.com/mariroom

コメント

コメントの記入