レポート

「WACATE2011冬」参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

はじめまして。⁠WACATE2011冬」参加者の藤崎です。

2011年12月17日(土)~18日(日)の2日間,三浦海岸(神奈川県)のマホロバ・マインズにて「WACATE2011冬」が開催されました。

今回,参加者の投票によって選出されるベストポジションペーパー賞を受賞し,参加レポートを書く機会をいただきました。WACATEの概要や主なセッションの紹介とともに,その魅力についてお伝えしてまいります。

画像

WACATEとは

WACATEは若手(35歳以下)を主な対象とし,ソフトウェアテストに関するテーマについて2日間の合宿形式で行われるワークショップです。夏と冬の年に2回開催され,夏は1つのテーマについてじっくりと,冬はさまざまなテーマについて広く学ぶことができます。

参加者はその名の通り若手(30歳前後)のテストエンジニアや開発エンジニアが中心ですが,学生さんからマネージャクラス,役割も開発,品質保証,PMなど多岐に渡ります。分野も組み込み系,エンプラ,Web系など幅広く,全国から集まる参加者と情報交換や議論を通して交流を深められることも魅力のひとつです。

「WACATE」「Workshop for Accelerating CApable Testing Engineers」の略で,⁠内に秘めた可能性を持つテストエンジニアたちを加速させるためのワークショップ」という意味だそうで,若手が加速するための仕組みづくりも徹底されています。私自身も初参加の2011夏以来,急加速し始めたのを実感しています。

「咲かせてみようテスト道」「お隣さん」を意識する

WACATEでは毎回1つのテーマが設定されており,今回は「咲かせてみようテスト道」でした。また,各プログラムのタイトルにもあるように「お隣さん」がキーワードになっていました。2日間をテーマとキーワードに沿って振り返ってみると,以下の3つが大きなポイントだったように感じました。

  1. 自分の「テスト道」でどんな花を咲かせたいのかを考える
  2. 「お隣さん」を知ることで今の自分の立ち位置を整理する
  3. 大きな花を咲かせるために必要な次の一手をクリアにする

まさに「加速」するための基本を学んだ2日間,と言えるのかもしれません。では,どのようにして3つのポイントを学ぶことができたのか,各セッションやワークのポイントを「お隣さん」を軸にご紹介します。

ポジションペーパーセッション

まずはチームごとに自己紹介。WACATEでは2日間の大半を5~6名のチームで過ごします。これからお互いどのような「お隣さん」と過ごすのかを知るため,ポジションペーパーを使って一人3分ずつ自己紹介を行います。ポジションペーパーを書いて自己紹介をすることで,自身を見つめ直すことができるのはもちろん,他のメンバーの話を聞いているうちに,今まで見えなかった自分の側面や立ち位置もだんだんと見えてきます。

※)
ポジションペーパーとは,自分の普段の仕事や参加への意気込みなどについてまとめたA4一枚の立場表明書のことです。参加者が申し込み時に全員提出し,当日受付時に「ポジションペーパー集」として配布されます。このポジションペーパーには3つの賞が用意されており,参加者の投票により決定されるのがBPP(ベストポジションペーパー)賞です。

BPPセッション「どうやって周りを変えていく? ~ 心に響けこの思いっ!」

前回のベストポジションペーパー賞受賞者である名野響さんのセッションです。

WACATEに参加することで周りのメンバーから大いに刺激を受け,モチベーションも上がり,仕事が楽しくなった! そこで,今度は自分が社内メンバーに刺激を与え,変えていく立場になりたいと思った名野さん。最初はなかなかうまくいかなかったものの,WACATEに参加し始めるメンバーが出てきて何が良かったのかを振り返ることに。そのしくみを探る中で出会ったコーチングやファシリテーションについての基礎知識とともに,人を動かすのに大切なポイントを紹介してくださいました。

他のWACATE参加者という「お隣さん」から受け取ったものを,社内メンバーという「お隣さん」へ伝え,さらにその経験からWACATE参加者へフィードバックするという循環が生まれていました。このようなフラットな関係の中で連鎖が生まれ,所属を問わずコミュニティ全体としてレベルアップしていけるのもWACATEの魅力のひとつです。

今あなたの「お隣さん」にはどんな人がいて,何を受け取り,何を伝えているでしょうか?

「お隣さん」は誰?―インプット,アウトプット,テストプロセスから整理してみよう

続いて実行委員の近江久美子さんによるワークショップです。ここからは実際に手を動かし,参加者どうしで議論を進めていきます。

近江さんのメッセージは「何か改善しようとするとき,⁠お隣さん」を意識して自分の立ち位置を知ることで,無駄なくより良いプロセスを考えていきましょう」というもの。何かの文書を作成する場合も,読み手が新人さんなのかベテランさんなのかで,記述レベルや重点が変わってきます。ではどうやって情報を整理したらよいのか?どういうポイントに注意したらよいのか?テストプロセスを題材としたワークを通して学びます。

まずは普段,ソフトウェアテストにおいて,どんなインプットを受け取り,どんな作業をして,どんなアウトプットを作成しているのかを各自で洗い出してみます。近江さんはこの一連の流れのことを「テストプロセス」と定義しました。

次にそれぞれのインプットとアウトプットはどんな人(=「お隣さん」⁠が関係しているのかを整理し。チームでまとめて1つの成果物を作成したあと,最後に作業の振り返りを行い,全体として以下のような気づきを得ることができました。

  • 一人では情報が漏れてしまうがチーム全体の力でカバー可能。
  • 同じ言葉でも違う意味や分けるカテゴリが異なる場合がある。
  • お互いのコンテキストを共有することができた。
  • 全員の意見が反映され,全員で合意することができた。
  • 一枚の模造紙にまとめるには抽象化による情報の圧縮が必要。
  • 1枚に収めるには完成イメージを持って書き始めることが大切。
  • 「誰のために作る?」を意識することで,各文書の要/不要,優先順位,記述レベルなどを判断することができる。
  • ステークホルダを明確にすることができる。
  • 負荷状況やタスク全体を可視化することができる。
  • WBSやPFDが作りやすい。

テストプロセスの理解そのものに加え,プロセスを図表に表して整理することのメリットや,ワークショップやチームで作業を進める上で大切なこと,改善活動を行う上で大切なことなど,いくつもの視点からの気づきが得られたことがわかります。気づきの結果も「お隣さん」の視点ごとに分けることで,より効果的に伝えることができそうです。

近江さんからはさらに,⁠お隣さん」はたとえば「テストチーム」⁠⁠テスト担当者」⁠⁠テスト管理者」などのように役割や組織などの視点をズームアウト/ズームインすることで変わることや,⁠テスト」の隣は「開発」というように「お隣さん」「お隣さん」も意識することが大切,とのお話もありました。このワークを通して,複雑なプロセスもひとつひとつ情報を整理しよく考え分析することで,漠然ととらえていた部分がかなりクリアになっていくのを体感することができました。

画像

著者プロフィール

藤崎祐美子(ふじさきゆみこ)

WACATEは2011夏と冬の参加で2回目。テストに悩み勉強を始めた2010年の夏に常連組のメンバーと出会う。勉強会などで話を聞くうちにWACATEに興味を持ち,参加してみたら急加速し始めたのを実感。所属は製造業向けERPパッケージベンダーで,主に生産管理,販売管理担当。最近はテストの研修を作ったり,開発プロセスやドキュメントを改善するための取り組みなどをするようになり,さらなる加速へ向けて日々奮闘中。

コメント

コメントの記入