レポート

電子出版は燃えているか? CESで見たアメリカのいま

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

毎年年初にラスベガスで開催される,家電見本市「インターナショナルCES」⁠例年この時期のテクノロジー系メディアは,CESで発表された膨大な新製品,新サービスの紹介記事で埋め尽くされます。

会場内の様子

会場内の様子

世界中から出展があり,⁠インターナショナル」と銘打ってはいますが,CESは本来,米国市場に向けた商談の場。海外からの取材者としては,出展される具体的な製品・サービスも重要ではありますが,それらの製品やサービスを「米国人/米国市場がどう見ているか」を知ることができるという貴重な機会でもあります。

電子出版ビジネスの研究のため,2010年から毎年CESを訪れていますが,今年のCESは,⁠アメリカにおける電子出版」を垣間見るという意味では意義深いものでした。一般的なメディアではあまり伝えられないデバイスの紹介なども含めてお伝えします。

消えた電子リーダー関連業者

一昨年のCESは電子リーダーが,昨年はタブレットが,それぞれホットなデバイスとして注目されました。電子出版業界の視点からは,とくに2010年のCESが印象的でした。

2010年は,Kindleの爆発的な売れ行きを背景に,多数の電子リーダーが出展されました。会場内には「テックゾーン」という,テーマごとに出展社をまとめた小コーナーが複数設けられるのですが,⁠Access on the Go」というコンテンツ消費デバイスをまとめたゾーンには,世界中の電子リーダーメーカーや関連事業者が集まり,壮観でした。

しかし,今年は,電子出版ブームに乗ってデビューしたそうしたメーカーの多くが,撤退や事業の方向転換などで出展を見送り,同コーナーは非常に寂しい雰囲気でした。

過去CESに出展・紹介された電子出版関連事業者の「その後」を簡単に振り返ってみます。

Plastic Logic

軽量・薄型の革新的なプラスティック製電子ペーパーディスプレイをひっさげ,10年のCESでは大きな話題となりました。その後経営難に見舞われ,長く製品をリリースできずにいましたが,ロシア企業の出資を受け事業を継続,2011年9月,ロシア市場向けにPlastic Logic 100を発売。→CESからは撤退。

Spring Design

電子ペーパーと液晶を組み合わせた「Alex eReader」を発表,低速でマルチメディアに向かない電子ペーパーと,高速だが電力を消費する液晶の「いいとこどり」端末として注目を集めました。同コンセプトのNOOK(初代)をめぐってBarnes and Nobleを提訴,多額のライセンス料を得たと言われています。ですが,端末製造・販売からは撤退。過去のCESでは出展こそしていませんでしたが,製品はMarvelのブースで展示されていました。→今回のCESには参加も展示もなし。

enTourage

Alex同様,電子ペーパーと液晶のダブルディスプレイ端末「eDGe/POCKET eDGe」を開発。2010年,11年のCESには出展していましたが,2011年春に製品販売から撤退。現在は企業サイトも閉鎖。→当然参加なし。

iRex technologies

オランダ・フィリップス社からスピンオフした電子リーダーの老舗。10年のCESには自社参加はなかったものの,クアルコムのブースで薄型でおしゃれな新機種「iRex DR800SG」を見る事ができました。同製品を発売できないまま,同年6月に経営破綻。→当然参加なし。

Interead

英国の電子リーダー事業者。カラーバリエーション豊富な電子リーダー「COOL-ER」が会場に彩りをそえていましたが,10年6月に経営破綻。→当然参加なし。

Liquavista

フィリップスからのスピンアウト企業。水が油をはじく原理を利用したエレクトロウェッティングという技術を使ったカラー電子ペーパーを開発。2010年のCESでは人気の展示でしたが,その後製品化の噂は聞こえてきません。Samsungが買収。→今年は参加なし。

txtr

ドイツの電子出版ベンチャー。前々回CESで端末が展示されましたが,結局端末をリリースできず,アプリとサービス提供へと事業ドメインを変更したとのこと。→今回不参加。

なお,SamsungのeシリーズやAcerのLumiReadなど,過去にCES等を賑わしたものの,結局発売されなかった端末たちも,当然のことながら出展はありませんでした。

こうした「鳴かず飛ばず」系だけでなく,しっかり事業を続けている事業者も,今回CESでの展示は地味目でした。

前回「Access on the Go」に出展していた中国のHanwang/漢王科技。Amazonに次ぐ世界第2位の電子リーダーメーカーとされる同社は,今回メイン会場のコンベンション・センターからは撤退。ただし後述するようにクアルコムのブースで新製品が展示されていました。

これも同コーナーに前回大々的に展示していた中国のHanlin/津科韓林は大幅にスペースを縮小して隣接するホテルに移転。実務に徹した展示内容で新製品や新技術もありませんでした。

Koboなど多数の電子出版事業者に端末を提供している台湾の電子リーダー製造大手,Netronix/振曜科技も同コーナーからは姿を消し,同じ会場内ではありながらも新しく立ち上げたストア「GREENBOOK」に力点を置いた展示をしていました。

GREENBOOKのブース

GREENBOOKのブース

この他,事業継続中ではあっても今回出展をとりやめた事業者としては,中国のOnyx Internationalウクライナに本社を置き東欧圏でビジネスを展開するPocketBook Globalがあります。

昨年GALAPAGOSを大々的に展示したシャープ,日本で読書端末を発売しており,昨年はタブレット試作機を並べていたパナソニックも,今年のCESでは電子リーダーを出品しませんでした。CES後に日本国内で読書端末の発売を発表した東芝も同様です。

なお,Amazon,B&N,Koboなどは,もともとCESには出展していません。CESだけでなく,この種のハードウェアの見本市に出展したことはないようです(ただし,Amazonは技術者募集の説明会を開催,B&Nはコンファレンスには社員を出席させていました)⁠

著者プロフィール

林智彦(はやしともひこ)

朝日新聞社デジタル事業本部ブックチーム

雑誌・書籍の記者・編集者を経て,2009年からデジタル事業部門に。電子出版ビジネスの企画・調査が仕事。本業はラノベ読み。年間100冊を目指して日夜精進中。パソコン通信時代からのネットワーカー(死語)で懐かしのPC-VANでサブシスオペを務めた黒歴史も。現在の主戦場はFacebookだが友達の半分くらいがアニメキャラ,というのは自分でもどうかと思います。

コメント

コメントの記入