レポート

「第26回 HTML5とか勉強会」活動報告

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2012年2月9日,26回目となる「HTML5勉強会」Web CAT Studioさんとの協賛で,リクルートエージェントさんに会場をお借りして開催しました。今回のテーマは「⁠Webと)電子書籍」⁠EPUB3にHTML5が採用されていることもあり,今後の動向が気になります。今回はそんな電子書籍に関わる方達による,講演とパネルディスカッションが行われました。

本稿では,今回のイベントについてレポートします。

画像

はじめてのiBooks Author

最初にご登壇いただいたのは本勉強会スタッフのひらいさだあきさん。Appleからリリースされた電子書籍作成ツール「iBooks Author」について講演いただきました。

画像

はじめての電子書籍作成にiBooks Authorを使ってみたとのことで,iBooks Authorの簡単な解説と,作成した電子書籍をiPad上で動作させる模様を紹介しました。

iBooks Authorを使うとibooks,pdf,txtといった形式で出力できます。作成したibooksファイルやpdfは無料での配布が可能ですが,ibooksファイルの有償配布はiBooks上でのみ行えるとのことです。ibooks形式のファイルはzipで圧縮がされており,中身はxmlやxhtml,css等のファイルの集まりで,EPUB2やEPUB3といった形式に似ている印象を受けたそうです。また,動画や音声やスライド資料等の色々なメディアの埋め込みが可能で,用意されたウィジェットを使うと簡単にインタラクティブな電子書籍が作成できるとのことです。

デモの様子など詳しくは講演動画をご覧ください。講演資料はこちらになります。ひらいさんが作成されたibooksファイル(iPadからのみ閲覧可能)pdfファイルも公開されているので,あわせてご覧ください。

いいパブッ!! よくわかるEPUB3

続いてご登壇いただいたのはイーストの高瀬拓史さん。EPUB3の仕様についての詳細な解説を講演いただきました。

画像

最初に,EPUB3の仕様に関して紹介いただきました。とても詳細な内容になっていますので,詳しくは講演資料動画をご覧ください。

EPUB3のコンテンツはXHTML5やSVGで記述することになっています。XHTML5を採用していることにより,audio要素やvideo要素が利用できること。また,ルビの利用も可能になっているとのこと。EPUB2ではscriptやformといった要素の利用に制約がありましたが,EPUB3ではXHTML5の要素に特に制約が設けられていないことを紹介しました。

最後に,EPUBはWebの技術を参照している部分が多く見られますが,EPUBからWebへと影響を与えているものもいくつかあります。EPUBが独自に補っているものの中には,Webをより良くするためのヒントがあるかもしれないと述べていました。出版業界へのWeb技術の浸透は新しい広がりをみせており,これまでなかったような業界や人との出会いが生まれていると指摘し,Web業界の方達にも是非,電子出版への接触を図って欲しいと呼びかけました。

講演資料はこちらです。講演動画も是非ご覧ください。

Flexible and Responsible eBooks

続いてご登壇いただいたのはこもりまさあきさん。電子書籍の現状とHTML5の立ち位置,マルチデバイスへの対応について講演いただきました。

画像

電子書籍の現状として,配布形態や配布場所が統一されていないという問題があります。配布場所毎にアプリケーションが必要であったり,異なるデバイスでは読めなかったりと,ユーザにとっての利便性があまり考えられていないとのことです。

コンテンツを配信する側の立場としての思惑もいくつかあると思いますが,読む側としてはデバイスに依存することなく読みたいといった部分と,テキスト部分だけ読みたいといった要望等もあります。ユーザは必ずしもレイアウトや動きを必要としてるわけではないと述べていました。

続いて,電子書籍で利用されているフォーマットについて紹介がありました。レイアウトされた誌面をキープするコンテンツにPDF,テキスト中心のコンテンツにEPUB,Kindle(AZW)向けにMOBIの3つが利用されているとのことです。作成するコンテンツによって,これらのフォーマットを柔軟に対応して配信することが望ましいと言及しました。

また,電子書籍におけるHTML5について紹介がありました。

HTML5は電子書籍作成の中間フォーマットとして利用することに適しています。Webコンテンツとしてそのまま流用することができ,EPUBやKindle向けには一部修正を加えます。またBakerなどのフレームワークを利用することでアプリケーションとして配信することもできます。HTML5で作成すると,一つのソースでマルチユースすることができると述べていました。

マルチデバイス対応にはWebの世界で用いられるレスポンシブ・Webデザインを参考にするといいかもしれないとのことです。ユーザにとって大事なのは多くのデバイスで読めることで,読めるだけでなくデバイスの解像度やリーダーの実装差異を考慮する必要があります。モバイルを優先すべき,とまではいきませんが最大公約数的に実装するのがベターであるとしました。

講演資料はこちらになります。こもりさんが執筆されたEPUB3に関する書籍EPUB 3 スタンダード・デザインガイドが発売中ですので,興味がある方は是非ご購入ください。

著者プロフィール

中島直博(なかじまなおひろ)

東京工科大学大学院の修士1年。

Web好きJavaScript男子。お気に入りの変数はInfinity。「HTML5とか勉強会」のスタッフ。温泉ツーリングにハマっているHONDA党。

twitter:@nakajmg

コメント

コメントの記入